青年海外協力隊でベトナム派遣!看護師さんインタビュー(前編) | FRON [フロン]

青年海外協力隊でベトナム派遣!看護師さんインタビュー(前編)

今回の留学体験談では、青年海外協力隊の看護師としてベトナムに二年派遣されたAさんのお話を聞いてきました。

青年海外協力隊って、「名前は聞いたことあるけど、実際はどんなことをするのかよく分からない…」そんな方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな青年海外協力隊の実態を、経験者の方にインタビューして来ました!

前編は青年海外協力隊の派遣前編です♪

 

青年海外協力隊インタビュー(前編)

看護師のAさんについて

TAE
Aさん今日は宜しくお願いします!さっそくですが現在のご年齢とご職業を教えて下さい。
Aさん
今は30代後半で、27~29歳の時にベトナムに青年海外協力隊の看護師として派遣されました。今はクリニックで看護師の仕事をしています。
TAE
何故ベトナムを選んだんですか?
Aさん
自分の専門分野とマッチしたからですね。私、大学病院の救急医療の分野で5年間働いていたんですね。それで、ベトナムが救急医療の要請を多くしていたの選びました。
TAE
じゃあ、専門分野とマッチさえしていれば別の国でも良かったんですか?
Aさん
そうですね。一口に看護師と言っても多くの分野があるので。自分の専門とマッチしてないと、海外に行っても役に立てないですからね。

 

青年海外協力隊になろうと思った理由

TAE
そもそも何で青年海外協力隊になろうと思ったんですか?
Aさん
それがですね、もうずいぶん昔から、それこそ中学生くらいから言ってたんであんまり覚えてないんですよね…(笑)
TAE
え、そんな昔から「行きたい!」って思ってたんですか?凄いですね!
Aさん
昔から海外に興味があって…それと、子供の頃から看護師になりたくて。その掛け合わさったものとして、「青年海外協力隊に行きたい」っていう思いがずっとあったんですよね。
TAE
なるほどですね。看護師には何でなりたいって思ったんですか?
Aさん
折原みとの「時の輝き」っていう本を読んで、「漠然となりたい!」って思ったんだと思います。

 

TAE
「時の輝き」知ってます!あれは私たちアラサー世代の女性の間で超流行りましたよね!そういう過去があったんですね。海外にはどうして興味があったんですか?
Aさん
うーん、両親が昔から色んな所に連れてってくれたんですよね。それで「色んな場所に行ってみたい!」っていう想いが育まれたんだと思います。
TAE
なるほどですね。
Aさん
それで、看護師と海外が掛け合わさってる「青年海外協力隊」に興味を持ったんだと思います。
TAE
そうだったんですか!ちょっと意外な理由でしたね!青年海外協力隊に参加したい人って、もっと「発展途上国の人たちを助けたい!」というイメージを持ってました。
Aさん
そうですよね。でも私は不思議とあんまり「人を助けたい!」とは強く思わなかったんですよね。私は「看護師」×「海外」=「青年海外協力隊」という感じが強かったですね。

 

青年海外協力隊の筆記試験と面接

TAE
実際に、青年海外協力隊ってどうやって選ばれるんですか?
Aさん
最初に書類審査があって、それが通ったら筆記試験(英語)と面接を同じ日にやりましたね。
TAE
面接は何を聞かれたんですか?
Aさん
王道な質問が中心でしたね。なんでJICA(青年海外協力隊を派遣している団体名)を選んだんですか?とかですね。他にも海外支援の方法は沢山ありますしね。後は自分の看護観とか…
TAE
看護観はどんなことを答えたんですか?
Aさん
看護観については…私の場合は救急なので、とても重症の方が来るんですね。
TAE
そうですよね。
Aさん
そういう場合は、わざと薬で寝かせるんですね。動いたり話したりするとそれだけで体力を使ってしまうので。そうやって、全く自分の意見を言えない状態の患者さんに対して看護をするんですけど。
TAE
ふむふむ。
Aさん
まあ、それで毎日身体を拭いてあげたりするんですけど、本当に患者さんがして欲しいことは分からないじゃないですか?
TAE
と、言いますのは?
Aさん
もしかしたら、その人はお風呂は二日に一回で良いって思ってる人かもしれないですし、そうしたら私のやってることって単なるエゴでしかないじゃないですか?そういう「患者さんの立場になって考える大切さ」とかを話した気がしますね。
TAE
え、何だかとても深くてAさんカッコイイですね。
Aさん
いや〜、看護師を5年もやってれば、皆んな何かしらの看護観は持ってやってると思いますよ。

 

青年海外協力隊派遣前の合宿

TAE
それで晴れて合格して、その後はどうしてたんですか?
Aさん
二か月間の合宿があるんですよね。そこでみっちりベトナム語の語学学習です。
TAE
それは大変ですね!でも、現地の言葉話せなかったらベトナムで何もできないですもんね。
Aさん
そうですね、ベトナムでは英語通じないですからね。
TAE
ベトナム語の勉強は難しかったですか?
Aさん
すっごい難しかったですね。特に発音!声調ですね!
TAE
声調って、中国語みたいな「マー↑マー→マー↓マー⤴」で意味が変わるやつですか?
Aさん
そうです。ベトナム語は中国語以上で、6声調もあるんですよ。なので二か月間、みっちりベトナム語勉強してました。もう朝から晩まで。
TAE
え、それで結構話せるようになりました?
Aさん
いや、全然です。もう声調を掴むのにとにかく時間がかかって…基本的な文法を覚えたらタイムオーバーって感じでした。
TAE
そうだったんですか。
Aさん
とにかく現地に行って言葉を覚えるための下地作りで終わりましたね。あとは、当然現地の文化とかも勉強しましたよ。

青年海外協力隊のベトナム派遣後のお話はこちらから

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

TAE

カテゴリ一覧

内容について連絡する

TAE

オーストラリアにワーキングホリデーで2年在住してました。昔トライアスロンやってました。今の趣味は漫画を描くことです。週に1回イベントスタッフもやってます!会場で見かけたら声かけてにゃん♪

イベント簡単予約

気になるイベントを早速予約してみよう♪
English

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!