フランスの大学の制度や特徴!留学前に知っておきたい6つのキーワード | FRON [フロン]

フランスの大学の制度や特徴!留学前に知っておきたい6つのキーワード

こんにちは!

フランス長期留学経験者、現在ハンガリー在住ライターのPapico(ブログはこちら)です。

今日フランス語は英語と並ぶほど人気の外国語になり、日本でも殆どの大学で学ぶことができ、学習者も多くなりました。

それに伴い、フランスへの留学を目指す人も多くなりました。

ですが、フランス留学に関する情報は、英語圏の留学に関する情報と比べるとはるかに少ないのが現状です。

そこで今回は、謎に包まれた「フランスの大学の制度や特徴」について書きたいと思います。

 

① フランスの大学の設備

最新鋭の設備は一切なく、昔ながらの設備を大切にする?

フランスの大学は国立です。

なので、キャンパスは古くから建っているものが多く、設備も最新鋭のものはほとんどありません。

また、設備が壊れていても修理されていない場合があり、夏なのに空調設備が故障していて冷房がつかず、サウナ状態の中で授業を受けなければならないこともあります。

 

② フランスの大学のカリキュラム

日本の大学よりもはるかに複雑なフランスの大学のカリキュラム

フランスの大学では、日本の大学と同じように自分で好きな授業を選び、カリキュラムを組むことができます。

しかし、要注意なのはフランスの大学では授業時間が授業によって違うということです。

例えば、英語や言語学などの語学系の授業だと1コマ1時間なのに対して、政治学や歴史学などの授業では1コマ2時間という場合があります。

なので、授業時間の異なる授業をうまく組み合わせてカリキュラムを作る必要があります。

また、授業と授業の合間の休み時間はないため、連続して授業を取ると次の授業に遅れてしまいます。

そのため、あらかじめ教授にそのことを伝えておく必要があります。

更に、フランスの大学では、日本の大学のように1時間目の授業の開始時間や最終授業の開始時間が決まっていないため、7時30分から始まる授業や18時から始まる授業もあります。

 

③ フランスの大学の学食

学食はビュッフェスタイル?安くて美味しいフランスの学食

フランスの大学にも、日本の大学のように学食がありますが、システムは違います。

フランスの大学ではメインディッシュ(肉・魚)、野菜、スープ、パン、デザートの中から自分が食べたいものを好きなだけ選んで、その分の料金を支払うシステムです。

ハンバーガーやピザもあります。

値段は安く、5€もあればおなか一杯になります。

1つ注意しなければならないのは、学食の職員が待遇の改善を訴えてストライキを起こすことがあります。

その場合、学食は当然ながら営業していないので、他の場所で食べなければなりません。

 

④ フランスの大学の図書館

24時間空いている図書館も!フランスの大学の図書館事情

フランスの大学にも図書館はあり、毎日多くの学生がそこで勉学に励んでいます。

蔵書数は非常に多く、雑誌から新聞、小説、語学テキスト、政治本、歴史本、心理学本などなど様々なジャンルの本があります。

また、DVDやフランス版の漫画、BD(バンドデシネ)も置いてあります。

これらの本やDVDは学生証があれば借りることができます。

フランスの大学の図書館の最大の特徴は、夜遅くまでやっているということです。

大学によっては24時間開いている図書館もあります。

 

⑤ フランスの大学の筆記試験

3時間の筆記試験!?フランスの大学の試験は難しすぎる…

フランスの大学では、授業の期間が終わると数週間の準備期間を経て試験期間に突入します。

試験を行うか否かは教授次第で、授業内のプレゼンテーションをそのままの成績にしてしまう教授もいれば、授業の1番最後の回に試験を実施し、それで成績をつけて試験期間には試験を行わない教授もいます。

試験期間に試験を行う場合は、筆記試験が多いです。

筆記試験といっても1問1答ではなく、1つの問いに対して論述するというスタイルです。

通常、そのスタイルの試験は30分や1時間で終わるものではなく、試験時間が3時間というものもあります。

(それでもしっかり書こうとすると時間ギリギリか時間が足りなくなります!)

また、テキストや授業で使った資料の持ち込みは、基本的にできません。

 

⑥ フランスの大学の学期と休暇

少し複雑なフランスの大学の学期と休暇

フランスの大学は2学期制で、秋学期(9月〜1月)春学期(1月〜6月)になります。

休暇は、冬休み(12月下旬~1月上旬)夏休み(7月~9月)があります。

また、春の復活祭(イースター)の時には、1週間学校が休みになります。

それから、授業期間と試験期間の間の準備期間も休暇扱いになります。

そのため、試験期間に試験が1つもない学生や試験の準備をすでに終えた学生は、この期間の休暇を満喫できます。

 

以上、フランスの大学の特徴をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

これからフランスの大学へ留学を予定されている方などは、ぜひ参考にしてみて下さいね。

また、FRONではフランス語交流会も定期的に開催しております!

フランス語交流会LINEで最新イベント情報をゲットして下さいね!

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
関連する記事

美食の国、フランスの大学の学食は美味しいのか?

オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Papico

ブダペストに住む24歳/フランス長期留学経験者/語学/サッカー/読書 ブログやってます: http://japangary.hatenablog.com/

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!