フランス人も絶賛!ノルマンディー地方のエトルタを観光してみた! | FRON [フロン]

フランス人も絶賛!ノルマンディー地方のエトルタを観光してみた!

ボンジュール♪フランス在住のmacaronです。

フランス旅行といえばパリ、パリといえばショッピングに食べ歩きに観光に美術館巡り…と、はっきり言ってとても忙しいですね。

そこで、「パリもいいけどフランスの自然に触れてみたい」「フランスが大好きで、パリも巡ったしモンサンミッシェルも行ったし、次はどこに行こう?」と迷っている方にオススメな場所があります。

その場所とは「エトルタ(Etretat)」です。

 

ノルマンディー地方のエトルタとは?


エトルタの街の中心♪

日本人にはまだあまり馴染みがないようですが、フランスの北西部、ノルマンディー地方といえば、ここエトルタも有数の観光スポットとして知られており、世界各地から観光客が訪れています。

また、あまりのスケールの大きさと壮大な美しさに魅せられ、エトルタはモネやブータンなどの多くの印象派の画家を虜にしてきました。

フランスの人々にとっても、週末には家族や恋人と訪れる、ハイキングを兼ねた観光スポットになっています♪

 

エトルタってどんなところ?


海と空の境がわからないくらいに真っ青♪

エトルタの海岸には、海に向かって右側と左側に有名な地形があます。海に向かって右側が「アモンの断崖」、左側がまるで馬が水を飲んでいる時の首のように見える「アヴァルの断崖」が主な見どころです。

どちらも海岸から登ることができ、アモンの断崖は車で訪れることもできます。私のお気に入りは右側のアモンの断崖で、沖縄の万座毛にあるような象さんに見えます♪

最も大きさは比べ物にならないのですが…

ちなみに沖縄で「まんざげ」と読み、うちなんちゅを驚かせてしまいました。何度行っても沖縄の地名は難しいですね。


アモンの断崖を真横から♪

海岸から近づいて下から見上げてもため息が出るような壮大さで、上から見下ろすと象の背中を見ているようで、どうしたらこんな地形が自然にできるのか本当に不思議です。

ちなみに手すりなどはないので、なかなかスリリングな冒険です。


象の背中を真上から♪


奥にもまだまだ絶景は続きます。

そして左側のアヴァルの断崖を上まで登り、ハイキングロードを進んで後ろを振り返ると…

モネの描いた地形に出会えます♪


画家を魅了した地形

日中は空と海との境界がわからないくらい青い世界が広がります。

 

砂浜でなく石浜!


シャラシャラと小石が波と戯れます♪

ノルマンディーの海岸は砂浜でなく、石ころで形成されているところが多く、ここエトルタも波に磨かれてま〜るくなった石でできた海岸です。

波が押しては引くたびに「シャラシャラシャラ〜♪」と、まるで石が歌っているような素敵な音色に、耳をすませてみてください。

また、海岸では大き目の石の中に小さな石が埋まっていたり、変わった石を探してみるのも楽しいですよ。旅の思い出に持ち帰って飾ってもいいですね。


石の中に石が♪


波でキレイに研磨されてピカピカです♪

 

パリからエトルタまでの所要時間と交通手段


カモメも一休み♪

パリからノルマンディーの街、「ルアーブル」の駅まで電車で2時間半、バスだと3時間半ほどです。そのあと駅の裏側から出るローカルバスで1時間です。朝早くパリを出発すれば日帰りも可能です。

ただ、満潮や干潮で違った風景を楽しんだり、夕焼けや朝日を見るなら、エトルタまたは近場のルアーブルで1泊がオススメです。

エトルタのホテルは絶景が見ることができるホテルもありますが、こだわらないのであれば、ルアーブルに戻ってきた方がホテルもたくさんあり若干安めです。

旅程に余裕がない場合は、シャルルドゴール空港からルアーブル駅まで直行バスが出ているので、飛行機、列車、バスのタイミングが合えば空港から直行も手段の一つですね。

また、ルアーブルからエトルタまでは車で30分ほど、パリからルアーブルまでは2時間半ほどで行けるので、レンタカーが可能であれば車の方が便利です。

 

地形だけじゃない、エトルタの見どころ


出典:Wikimapia

広場から海岸と反対側に「アルセーヌ・ルパンの家」があります。この街は怪盗ルパンシリーズの筆者のモーリス・ルブランが暮らした街としても有名なのです。

エトルタとルパンが全く結びついていなかったので、見つけた時は驚きました。日本ではアニメのルパン三世が有名なので、興味のある方はご存知かもしれませんね♪

 

エトルタのグルメ♪


ノルマンディー地方の旗が刺さっています♪

ノルマンディー地方といえば「ガレット」♪

日本でも特に東北地方の人はお漬物などしょっぱいものを好みますよね。

ここ、フランスでも寒い北の地方は同じく、塩気のある食べ物が好まれます。ノルマンディー地方の食べ物、塩気のあるそば粉のクレープ、ガレットもぜひ試して見てください。

私が食べたガレットは、中にたっぷりのチーズと煮たりんごが入っていました。りんごの酸味がほどよく、ペロリと食べてしまいました。

ノルマンディーはりんごの産地でも有名なので、「pomme(ポム ※りんごの意味)」と書かれたメニューがあったらぜひ試して見てくださいね♪

もちろん海辺ですので海鮮もオススメです!

海辺の採れたてオイスター♪

 

エトルタの紹介のおわりに


アモンの断崖から見たアヴェルの断崖

エトルタの紹介はいかがでしたでしょうか?

日本で発売されているガイドブックにはあまり大きく載っていないので、私もフランスに来るまで知りませんでしたが、「行ってみたらこんなに素敵な場所だった」と印象に残っているスポットの一つです。

美味しそうだったからたまたま入ってみたレストランが、あとから地元の人々に大人気のお店だと分かったり、自分の直感に自信がついた旅でした。

フランス旅行の機会があれば、ぜひエトルタにも足を伸ばしてみてくださいね♪

また、FRONではフランス人も参加する「フランス語交流会」を定期的に東京で開催しております!

フランス語交流会LINEで、最新のフランス語のイベント情報をゲットして下さいね☆

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベントはこちら♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

macaron

フランス在住。海外バックパッカー、ワーキングホリデー、東京OLを経てここフランスにたどり着きました。スキューバダイビングが大好き。海外旅行はショッピングよりも陸路で隣国に足を伸ばすことが楽しみです^^ 日本人から見た海外情報を発信していきます。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!