アイルランドと日本の違いは?学食に関する3つの魅力 | FRON [フロン]

アイルランドと日本の違いは?学食に関する3つの魅力

こんにちは!アイルランド在住ライターのsakiです。

今回は、今私が通っているアイルランドの学校の学食について紹介したいと思います!

一般的に学食といえば、「ボリューミー」で「リーズナブル」であることが大きな魅力だと思いますが、アイルランドの学食も例外ではありません。

しかし、メニューや購入方法など、日本の学食とは違うところがたくさんあるんです!

 

① 選択肢がとにかくたくさんある

私の学校の学食はパンや具材を自由にカスタマイズすることができるサンドイッチやブリトーのお店、アイリッシュビーフ100%使用のハンバーガーのお店、ピザフライドポテト、チキンやマッシュポテトのワンプレートデッシュが注文できるお店、量り売りサラダバーなどたくさんの選択肢があるため、毎日通っても飽きません!

お値段は7€もあればお腹いっぱい食べられますし、5€ほどでサラダとハンバーガーが買えますので金欠の私はこのチョイスをよく利用します。ハンバーガーはお肉たっぷりでボリューミーなので、私はこれで十分お腹いっぱいになります:-D

円換算で考えると、学食にしては高いのでは?と感じるかもしれませんが、比較的物価の高いアイルランドでは、外でランチをしようと思うと10€はかかりますので、私的にはコストパフォーマンスが良いと感じます


ビーフハンバーガー(3.5€)と量り売りサラダ(この日は少なめにしたので1.1€)

サラダバーは、葉物野菜はもちろん、ツナ、チキン、豆、コールスロー、チーズ、ゆで卵などトッピングも充実しています。

 

② お会計は一番最後だから楽ちん

前の項でご紹介した通り、私の学校の学食はメニューの選択肢がたくさんありますが、お会計は一番最後にレジに並んで済ませますので、日本のデパ地下のお惣菜売り場のように一つ一つのお店でお会計する必要はありません。

サンドイッチ、サラダ、デザート、飲み物などはそれぞれ別の売り場にありますが、自分の好きなものを好きなだけ選んで、一回のお会計で済ませることができるのでとても楽ちんです。しかも、2.5€以上はクレジットカードも使えるので、さらにスムーズです。

 

③ カフェコーナーがとっても充実している


学食でランチをするのももちろん良いですが、この学食の一角にはスターバックスコーヒーのお店もありますので、コーヒーやケーキなどを学食内で気軽に楽しむことができます(学食と会計の場所は別)。

しかもお値段も普通のスタバより安いんです!例えばトールサイズのラテが、通常のスタバだと3.2€しますがここはなんと2€! 😮

カフェコーナーは午前中の休憩時間や放課後などに立ち寄ったり、友達と団欒したりする学生が多く見られます。がっつりお食事をしない時でも、まったりティータイムを過ごしたり、おしゃべりをしたりできる場所があるのは非常にありがたいので私もよく利用しています。

 

以上、アイルランドの学食の紹介でした!

アイルランドの学食は、ランチや友達とのティータイムなど、学校生活の様々な場面で活用できる上にお財布にも優しい素敵な場所です!これは私の通う学校の一例ではありますが、語学学校や大学に留学予定の皆さんもぜひ、学食を有効活用して充実した学校生活を送ってくださいね! 🙂

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

saki

2017年4月よりワーキングホリデービザでアイルランドに滞在中です。こちらでの自分の気づきや経験を皆さんにどんどん発信していきたいと思います!

イベント簡単予約

気になるイベントを早速予約してみよう♪
English

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!