“Wanna”の意味と使い方は?英会話力を1段上げる略語3つ | FRON [フロン]

“Wanna”の意味と使い方は?英会話力を1段上げる略語3つ

こんにちは!

フランス長期留学経験者、現在ハンガリー在住ライターのPapico(ブログはこちら)です。

皆さんは英語で外国人と話したり、洋画を見ている時などに、“Wanna(ワナ)”という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

“Wanna”は英語学習用の単語帳や参考書には殆ど出てきませんが、アメリカ人などの英語ネイティブはこの言葉を使ったりします。

そこで今回は、“Wanna”などの略語をマスターしてネイティブとの英会話力を1段階あげるために、“Wanna”の意味や使い方、更にもう2つほど良く使う英語の略語をご紹介します。

 

そもそも“Wanna”とはなにか?

Group of People Sitting on Green Grass Field during Daytime

“Wanna”は単語帳や参考書に出てこないということは、よっぽど難しい単語なのではと思う人もいるかもしれませんが、それは違います!むしろ、非常に簡単な言葉です。

ネイティブと話したり洋画をよく見る人ならご存知だとは思いますが、英語では良く言葉と言葉の間をつなげて発言しようとする傾向があります。何故ならその方が聞こえが良いからです。

例えば、AKB48さんの代表曲『ヘビーローテーション』の歌詞の中には“I want you”と“I need you”という言葉が出てきます。そして、AKB48の皆さんは“アイ ウォント ユー”や“アイ ニード ユー”と1単語ずつ区切って歌うのではなく、“アイ ウォンチュー”や“アイ ニージュー”と、言葉と言葉の間をつなげて歌っています。

歌で聞いてみれば、こっちの方が聞こえが良いのは明らかです。そして実は、“Wanna”もその例に当てはまる言葉です。では、何の単語と何の単語がつながったのでしょうか?

 

“Wanna” = “Want”+“to”

Woman in Grey Knit Sweater Holding Brown Smartphone

結論から言ってしまうと、“Wanna”は“Want”と“ to”がくっついた言葉です。“Want to”と聞けば「~したい」という、誰もが知っている英語の表現だと思います。

では、なぜ“Want to”を“Wanna”とつなげるのでしょうか?それは最初に説明した通り、音の都合があるからです。“ウォント トゥー”というよりは“ワナ”といった方が聞こえがよく、会話自体もスムーズになるからです。

半信半疑な人は自分でこの2つの言葉を発音してみると、その違いがすぐわかると思います。

 

“Wanna”の使い方

apple, bag, client

“Wanna”は“Want to”とまったく同じ意味のため、英会話でも同じ使い方をします。意味は「~したい」で、“to”の後ろには動詞の原型がくるように、“Wanna”の後ろにも動詞の原型がきます。

なので例えば、“I wanna watch this film.”「私はこの映画を見たい」のように使います。

ですが、1つ注意しなければならないのは、あくまでもスラングのようなカジュアルな言葉のため、公式な試験や書類に書いたり、フォーマルな場で使用したりするのは避けるべきです。したがって、友達とのメールに書くとき以外は、“Want to”と書くのが無難です。

 

“Gonna”と“Gotta”の使い方

“Wanna”を使いこなせるようになった人は、“Wanna”と同じように単語と単語がくっついた他の表現も使ってみましょう。ここでは“Gonna”“Gotta”という、“Wanna”と同じくらいネイティブが使う表現をご紹介します。

“Gonna”(ゴナ)は“Going”“ to”がくっついた言葉です。そして、“Going”の前にBe動詞がくっつき、“Be going to”として使います。“Be going to”は中学生で誰しもが習ったことがある「~するつもりだ」という表現です。例えば、“I am gonna watch this film.”「この映画を見るつもりだ。」のように使います。

“Gonna”の後ろも動詞の原型がきます。“Gotta”(ガダ)は“Have got to”がくっついた言葉で、「~しなければならない」という意味です。例えば、“I gonna watch this film.”「この映画を見なければならない」のように使います。

ちなみに、“Gonna”も“Gotta”も後ろには動詞の原型がきます。また、“Gonna”と“Gotta”も“Wanna”と同様に口語表現のため、公式の試験などでは書かないようにしましょう

“Wanna”などを使うと英会話がスムーズにできたり、よりネイティブの英語力に近づくことができたりします。もし、FRONのイベントでネイティブと英会話をする時に彼らと同じように英語を話したいと思う方は、ぜひ試しに使ってみてください。

日本にいながら外国人と英語を話せる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Papico

ブダペストに住む24歳/フランス長期留学経験者/語学/サッカー/読書 ブログやってます: http://japangary.hatenablog.com/

イベント簡単予約

気になるイベントを早速予約してみよう♪
English

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!