英語を話せない現地人とコミュニケーションを取る方法 | FRON [フロン]

英語を話せない現地人とコミュニケーションを取る方法

こんにちは!

フランス長期留学経験者、現在ハンガリー在住ライターのPapico(ブログはこちら)です。

以前、ハンガリー語を話せない僕がハンガリー語しか話せない人が90%を占めるハンガリーの警察署に行ったら…という記事を投稿しましたが、今回はその続編です。

先日、とある用事でハンガリーの銀行に電話をすることになりました。しかし、ハンガリーの銀行の電話担当も警察署のようにほとんどがハンガリー語しか話せないスタッフでした。

そこで今回は「現地語を話せない人が現地語しか話せないところに電話をしなければいけない場合、どうやってコミュニケーションをとるのか」について書こうと思います。

 

ハンガリーのインターネットバンクはセキュリティーが厳しい

architectural design, architecture, banks

海外に移住すると必ずやらなければいけないことの1つに、現地の銀行口座を開設することがあります。さもないと、現地の会社からお給料をもらうことができません。僕も移住後すぐにハンガリーの大手の銀行の口座を開設しました。

僕の口座はインターネットバンクという機能を使うことができます。日本でもインターネットバンクはすでに定番の機能なのでほとんどの人が知っていると思いますが、インターネットを介して自分の口座にアクセスでき、残高確認やお金の振り込み、受け取りなどができるサービスのことです。

日本のインターネットバンクの場合はユーザー名とパスワードがあればアクセスできますが、ハンガリーの場合はセキュリティーが厳しく、ユーザー名とパスワードを入力した後に、自分の携帯電話に送られてくる特別なパスワードを入力しなければなりません

これだけでも日本のインターネットバンクより厳しいのですが、ハンガリーのインターネットバンクの場合は2回入力間違えをするとインターネットバンクの機能が一時停止してしまい、銀行に電話をして機能停止を解除してもらわなければなりません。

 

ハンガリーの銀行の電話対応はほとんどが英語を話せない?!

calling, communication, contact

先日、僕は入力ミスを3回してしまって口座が一時停止し、停止の解除をお願いするために銀行に電話をせざるを得なくなってしまいました。窓口には何度も行ったことがあり、英語を話せるスタッフも多いため、電話もそうだろうと思っていましたが、それが間違いでした。

電話をかけるとハンガリー語対応か英語対応を機械に聞かれたので英語対応のボタンをプッシュすると英語対応の回線は混んでいると告げられたため、しばらく待ってからかけなおしました。しかし、再びかけても回線は混雑。3度かけるもまたも回線混雑。

ハンガリー人の顧客が大半のため、英語対応がそんなに混雑しているはずはありません。ということはおそらく英語対応できるスタッフが少ないのだと思います。

仕方ないのでハンガリー語対応に電話をすることにしました。すると、かけてから2コールほどでスタッフが出ました。僕のハンガリー語は頭に毛が生えた程度なので口座の一時停止を解除したいという趣旨のことなど到底言えるはずもありません。また、ハンガリーの銀行の電話の場合はセキュリティーの都合で本人以外が電話口に出ることはダメなようで例えば友人に通訳を依頼することもできません。

やむを得ないのでGoogle翻訳を使うことにしました。

 

Google翻訳 vs ハンガリー語対応スタッフ

blur, cellphone, close-up

さっそく翻訳機に入力ミスを3回してしまい、機能が停止したので停止を解除したいということを入力すると、ハンガリー語の文章が表示されました。それを電話口でゆっくりいうと相手は理解してくれました。

しかし、最大の山場は次です。というのも、自分の言いたいことが言えても相手の言ってることが理解できないと会話は成り立ちません。幸い、彼女の口から「名前」や「生年月日」という単語を聞き取れたので、彼女が身分証明のための質問をしているのだとわかり、答えることができました。

そして、身分証明の質問が終わると新しいパスワードをメールに送るからアドレスを教えてほしいということを言われました。ところが、僕にはこの文章が全く理解できませんでした。

仕方ないので電話口のスタッフにすごくゆっくり話してくれるようにお願いすると、なんとか単語だけは聞き取ることができ、最終的に理解することができました。そして、メールに新しいパスワードが届き、インターネットバンクの機能の停止も無事解除されました。

 

なんでも挑戦あるのみ!

angry, argument, attack

英語圏であればもちろん英語は通じます。また、英語圏以外であっても大都市であれば英語が通じる国が最近ではほとんどです。しかし、とはいっても英語が通じない国や都市、地域もまだまだいっぱいあります

大したことでなければあきらめても構いませんが、僕の場合のように解決しなければならないことで英語対応がいつ利用できるかわからない状況では、現地語を使わなければなりません。もちろんそれは簡単なことではありません。

しかしそういうときこそ、自分が成長できる最大のチャンスだと思います。

というのも、言葉が通じないという状態は非常に恐ろしいことです。自分が言いたいことも伝わらないし、相手が言っていることも全くわからない状態は日本では味わえない経験だと思います。

そして、そういった状況に身を置くことであの時の恐ろしい気持ちは2度と味わいたくないと思い、語学へのモチベーションを高めることができます。

僕もそうでした。ハンガリーに初めて訪れた時に道に迷ってしまいました。携帯は充電きれでインターネットは使えませんでした。周りに人がいたので、尋ねてみるも英語ができない人だったため会話が成り立たず。。

その時はハンガリー語は全くできなかったため、途方に暮れてしまいました。異国で最大の孤独を味わった瞬間でした。あの時の経験があったから最低限のハンガリー語はマスターしようと1年間勉学に励みました。

みなさんも自分が話せない言葉を話さなければならない場面に遭遇した場合は逃げずに挑戦してみてください。成功しても失敗しても貴重なものを得られるはずです!

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Papico

ブダペストに住む24歳/フランス長期留学経験者/語学/サッカー/読書 ブログやってます: http://japangary.hatenablog.com/

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!