マレーシア英語の特徴は?人との距離が縮まるマングリッシュ | FRON [フロン]

マレーシア英語の特徴は?人との距離が縮まるマングリッシュ

こんにちは、マレーシア在住のライターのパンダンです。

マレーシアの公用語はマレー語です。

ところが東南アジアの中では英語が公用語の一つであるシンガポールと同様に、観光や日常生活では英語だけでもほぼ用が足りてしまいます。

ですが、マレーシアで話される英語は独特で個性的でもあります。

では一体、マレーシア英語とはどんな英語なのでしょうか?

 

マレー語と英語の使い勝手のよい部分が一体化!?

英語圏以外の国では、アクセント、発音、意味などが本来のものとは若干異なる場合があります。その国になじみやすいように「ローカライズ(地域化)」されたりもします。非公式な呼称ではありますが、マレーシア英語は“マングリッシュ”と呼ばれることもあります。これはマレーシア+イングリッシュの造語なのだとか。

 

気軽で話しやすいマレーシア英語

マレーシアは多民族国家のため、共通語の一つとして英語を使います。発音、アクセントなどはマレー語のままだったり、話す時の文法もあまり気にしません。

逆をいえば、日本人が日本語訛りの発音やアクセントで話しても問題はありません。聞き取りにくいなという顔をされることもありますが「お互いセカンドランゲージだからね」といった感じなので気軽に話せます。

 

英語とはちょっと違った独特の特徴とは?

例えばマレー語でレストランは「restoran」です。スペルが英語の「restaurant」に似ているような、日本語のローマ字っぽいようなどこか親しみやすい印象がありますね。

このようにマレー語と英語はどことなく似ているかのような印象なのですが、マレーシア英語には独特の習慣があります。日常生活の中ですぐ気づくのが以下の2点ではないでしょうか。

 

1. 語尾に「ラー(lah)」をつける。

マレー語で強調する時に語尾につける「ラー(lah)」を英語に応用。例えば”大丈夫だよ”的なニュアンスで「オッケーラー(OK lah)」などという感じで使います。さらっと言えるようになると、かなりマレーシアに慣れてきた証かもしれません。

 

2.キャン、キャン(can can)

繰り返しの言葉が多いマレー語。例えばオラン(orang)は「人」という意味ですが、オランオラン(orang orang)で「人々」になります。

誰かに何かを頼んで「できるできる!」という時に返ってくる返事が「キャンキャン(can can)」。実際にちょっとした修理を頼んだ時や、約束などで特に問題がない場合、この一言だけで用が足ります。

 

マレーシア英語で積極的にコミュニケーション

「習うより慣れろ」とは英語学習でよく聞きますが、マレーシアで英語を使うのはまさにこの心境。実際に在住していると頭で考えるよりも「いかに伝えるか(わかってもらえるか)」が重要だと痛感します。多民族国家であり、各国語が飛び交うマレーシアだからこそ、いろいろな人が話す英語に触れられるのもよい経験になります。

さきほど伝えたマレー英語の特徴などを盛り込んだ会話をすることで、人との距離がぐっと縮まったりします。無理に使うことはありませんが、機会があったらちょっとだけ挑戦してみてくださいね。

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

パンダン

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。なじみすぎていると家族からも指摘される日々。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

イベント簡単予約

気になるイベントを早速予約してみよう♪
English

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!