英語の挨拶How are you?への自然な返答フレーズ3つ | FRON [フロン]

英語の挨拶How are you?への自然な返答フレーズ3つ

こんにちは!アメリカ在住ライターのSakuraです。

「How are you?」 おなじみのこのフレーズ。日本語では「はじめまして、こんにちは」にあたることは皆さんご存知ですよね。こう話しかけられたら、どう答えますか?

「How are you?」で始まるあいさつに、どう答えたらよいのか。ネイティブ・イングリッシュスピーカーと会話する際に、戸惑うことはありませんか? 「自然で使いやすい挨拶フレーズ」を今回は紹介します。

 

学校で習った「I‛m fine」は、実際には使われないフレーズ

「I‛m fine, thank you, and you?」このように学校や英会話教室で習った方が多いのではないでしょうか。私も中学校の授業で、同じように習いました。

How are you? 」「I‛m fine thank you, and you?」

英語の授業の度に、このやり取りを英語の先生と何度も繰り返すうちに、すっかり刷り込まれてしまいました。

 

身をもって失敗した私の経験

今からン年前、結婚前に初めてアメリカ人の夫の家族を訪ねたときのことです。「How are you? 」に私は自信をもってこう答えました。「I‛m fine」

すると相手は、(義理の妹さんの旦那さんでした)戸惑った表情で「It’s a little stiff(堅苦しいな)」とつぶやきました。

後で夫に聞いてみると、「I‛m fine」は答えとして間違っていないけど、あまり使わない、型通りの答えで感情がこもっていないし、フレンドリーではない感じと言われてびっくり! そうだったの! ものすごくショックでした。

「I‛m fine」は、たとえて言うなら、コンビニなどで「ありがとうございました~」とマニュアル通りの挨拶をされているような印象を、ネイティブには与えてしまうのです。

 

自然で好印象な返答フレーズとは

では、どう返したら自然で好印象を与えられるのでしょうか。Doing well」「Life is good」「All right」このあたりが、一般的でよく使われています。明るくて好印象ですし、短くて言いやすいので、おすすめです。

さらにできれば、「All right, How’s life with you?」「Doing well, yourself?」 と相手に聞き返すとよいでしょう。

 

たとえ疲れていたとしても、元気な答えが基本

「How are you? 」に、「I‛m tired」のようなネガティブな答えはあまり使いません。会話の始まりとしての挨拶なので、心配されるような答えは避けた方が無難です。残業続きで疲れていたとしても、それをそのままいう必要はないのです。

それでも、ものすご~く疲れていたら? そういう場合は、さっさと家に帰ってゆっくり休みましょう。

人とのコミュニケーションに欠かせない挨拶、How are you? の受け答えを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。みなさんもぜひ使ってみてくださいね。

日本にいながら世界中の人と交流できる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Sakura

アメリカ在住ライターのSakuraです。アメリカ暮らしで学んだこと、知っていると便利なこと、面白いエピソードなどをお伝えしたいと思います。

イベント簡単予約

気になるイベントを早速予約してみよう♪
English

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!