英語を独学で勉強する際のポイント3つ!英語学習を続けるコツは? | FRON [フロン]

英語を独学で勉強する際のポイント3つ!英語学習を続けるコツは?

こんにちは、ライターのYusukeです。FRONの国際交流イベントに参加者の中には、留学経験者や帰国子女だけでなく、英語を独学で勉強されている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「お金のかからない英語学習」というテーマで、英語を独学で勉強する際のポイントをご紹介します。

 

1.「いい加減」になろう

私の自己紹介がてら、最初のポイントについて説明させて頂きます。
まず、英語を独学で勉強する際は「いい加減になる」ことがとても大切です。

なぜなら、第二言語の取得にはとても時間がかかるからです。
一般的に、第二言語の取得には約2000時間かかると言われています。

1日1時間の勉強を1年に300日したとしても、約7年かかります。

私自身の経験を少しお話しすると、英検2級に合格したのは17歳の時です。
その後、英検準1級に合格したのは26歳の時です。

28歳で社会人になってから英会話学校に通い始め、
最終的に「英語を話せるな」と自分で感じられるようになったのは、33歳の時でした。

英検2級の合格から「英語を話せるレベル」に達するまで、約16年間かかっています。

このように、英語を独学で習得しようとすると、英語とはとても長いお付き合いになります。

このような「長いお付き合い」をするために一番大切なことは、「嫌いにならない」ことです。
英語を嫌いになってしまうと、英語の勉強も続きません。

 

英語嫌いにならないための2つのTips

では、どうすれば英語を嫌いにならないで、
独学で英語の勉強を続けられるのでしょうか?

それには、

a. 疲れた時には英語を勉強しない

b. 英語の勉強が嫌になったら思い切って休む

などがオススメの方法です。

とにかく良い意味で「いい加減」になって、英語の勉強を長く続けること。
これが英語学習には一番大切です。

 

2. 優しい英語の教材を選ぼう

「いい加減」に英語を勉強する準備ができたら、次は英語の教材を選びます。

英語の教材は沢山ありますが、英語初心者の方には、
NHKラジオ語学講座の英語番組が、一番手をつけやすいかと思います。

NHKゴガクのHPはこちら

毎週新しくなってしまうので、その点にだけは注意が必要ですが、
お金も殆どかかりませんので、とても費用対効果の高い英語の学習方法かと思います。

今ではインターネットで無料で聴けますので、
自分に合った番組を選んで何回も聞く事ができます。

ちなみにここでいう「自分に合った番組」とは、
自分が英語を聞いて、何となく聞き取れる番組のことです。

「英語を聞き取れる」と「英語を理解している」は、
全く別次元の話で、「英語を理解している」とは、
同じ内容を英語で話せるようになる事とも言えます。

多くの英語学習者の目的は、
この「英語で話せるようになる」事だと思いますが、
そのためには学ぶ必要がある「知識」と、実践すべき「作業」があります。

 

英語を話せるようになるための2つのTips

a. 文法の勉強

まず、必要な知識とは、「文法の知識」です。
もう少し具体的に書くと「英文を品詞分解できる」知識のことです。

例えば、「I have a pen.」という文章の意味は、
多くの日本人は読めば分かるように思いますが、
大切なのはこのような簡単な文章を品詞分解することです。

例えば、

・I:一人称代名詞
・have:他動詞
・a:不定冠詞
・pen:可算名詞

というように、それぞれの単語の品詞を理解します。

また、動詞の「have」は「現在形」だから、この文章は今現在の話、
文型は「S(Subject:主語) + V(Verb:動詞)+ O(Object:目的語)」だから「第三文型」だな、
というようにきちんと理解できることが大切です。

b. 音読の練習

このようにそれぞれの品詞が分かったら、次は音読をします。
これが必要な作業で、最低3回は音読すると良いと思います。

実際にやってみるとお気づきになると思いますが、
音読はかなりストレスがかかる作業です。

このように文法を学習したり、
本当の意味で理解したりするのはとても大変です。

そのため、そのような英語学習のストレスを少しでも軽減するためにも、
文法を学ぶ際には優しい英語教材を選ぶことをオススメします。

(参考文献やオススメの英語教材については最後にご紹介しております)

 

3. 継続できる仕組みを作ろう

独学のメリットは、お金がかからないことです。
例えば、英会話学校に通うとなると、少なくとも年間20万円前後はかかってしまいます。

一方、独学でNHKのラジオ講座を続けた場合は、
テキストが1ヶ月700円だとしても年間8,400円と、
20分の1以下のコストで英語を学習できます。

このように金銭的には大きなメリットがあります。

ですがデメリットは、「継続が難しい」ことです。
そのため今回は、1と2のポイントで独学の負担を減らす方法をご紹介しました。

そして最後に、負担を減らした上で、
英語の独学を継続するためのTipsをご紹介します。

 

英語の独学を継続するための2つのTips

a. 英語仲間を作る

英語の独学を継続するためにオススメの方法は「英語仲間を作る」です。

例えば英語仲間を作って、FacebookやInstagramなどのSNSで、お互いの英語学習の進捗具合を見せ合ったりすると、モチベーションを維持しやすくなります。

b. 資格試験を受ける

他には、「資格試験を受ける」のもオススメの方法です。

資格試験に申し込んでしまうことで、
それに向けた英語学習のモチベーションを維持することもできたりします。

以前より外国人も街中に増えたり、
仕事上で英語に触れる機会が増えた方も多くなって来ていると思いますが、
日本ではまだまだ英語に接する機会は少ないです。

そのため、このように試験を定期的に受けて、
日々英語と接する機会を作ってみると良いのではないでしょうか?

 

参考文献・オススメ英語教材3冊

単語編

文法編

音読編

 

英語学習の仲間づくりや外国人と英語を話せる、今後のFRONの国際交流イベント一覧はこちら♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン] の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Yusuke

英語学習愛好者

イベント簡単予約

気になるイベントを早速予約してみよう♪
English

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!