語学学校のメリットとデメリットは?ワーホリお悩み相談① | FRON [フロン]

語学学校のメリットとデメリットは?ワーホリお悩み相談①

こんにちは!ライター&イラストレーターのTAEです。

先日はFRON初のワーホリナイト@恵比寿にお越し下さった皆様、どうもありがとうございました!

私TAEもオーストラリアへのワーホリ経験者(2年)として参加したのですが、その際にワーホリ希望の参加者の方々から、本当にたくさんのワーホリに関する質問を頂きました。

そこで、きっと多くのワーホリ希望者も同じような疑問をお持ちかと思いましたので、こちらの「ワーホリお悩み相談」でワーホリに関する良くあるご質問に対して、TAEのワーホリ経験をシェアしていこうと思います♪

エージェントでも何でもない、一ワーホリ経験者のリアルでフラットな声をお届けします!

それでは早速いってみましょー♬

 

経験者が切る!ワーホリお悩み相談!

Q. 語学学校には通った方が良いの?

まず、「語学学校には通った方が良いの?」と言うご質問を良く頂きます。

こちらに対するTAEの回答は、「A. 語学学校にはメリット&デメリットがあるので、一概には言えない!」というものです。

語学学校に通うことによって期待される最大の効用は「英語が話せる&聞けるようになる」ことだと思いますが、必ずしも語学学校に通ったからといってそのような成果が得られる訳ではないと、TAEは考えています。

そこで、何故TAEがそのように考えているのか?も踏まえて、今回は具体的に語学学校に通うメリット&デメリットを4つずつご紹介します!

 

語学学校に通うデメリット

① 自分が英語で発言する機会が乏しい

語学学校にはよりますが、北米や英国、オーストラリアなどにある大半の語学学校のクラスは、先生一人に対して生徒が10~20人ほどいるクラス構成になっています。

そのため当然生徒一人一人が英語で発言する機会は少なく、一時間の授業を受けても、自分が英語で発言したのはトータルで1~2分程度ということも良くあります。

当然それでは英語のスピーキング力を伸ばすことは難しいです。

 

② 日本人に必要な授業ばかりではない

多くの日本人は中学生・高校生の英語の授業を通じて、かなりの時間を英語の文法や読み書きの勉強に費やしています。

それにも関わらず、多くの日本人が英語を話せない理由は、英語を「話す」練習が不足しているからです。

ですが、多くの語学学校ではカリキュラムの都合上、例え自分が英語の文法については理解していても、中高で習った英文法をもう一度勉強しなければいけなかったりします。

多くの日本人にとっては何より英語を「話す」練習が必要なのに、既に知っている英語の文法やリーディングの授業を受けなければならなかったりすることがあるのです。

一方、ヨーロッパ圏の生徒は、今までの教育から授業で英語を「話す」ことばかりを練習してきており、逆に文法などはあまり勉強してこなかった人が多いため、ヨーロッパ圏の生徒には英文法の授業は喜ばれるそうです。

以上のように、多くの語学学校は世界各国から生徒を受けて入れているため、日本人の英語力向上に必要な授業ばかりを提供している訳ではないのです(もちろん語学学校によっては、自分である程度授業の選択が可能だとは思います)。

 

③ 学校の先生の話す英語は「フェイク」

学校の先生は英語を教えるプロです。

そのため多くの語学学校の先生は、英語が苦手な人にも理解できるように、普段英語を話すスピードよりもかな〜り「ゆっくり」「ハッキリ」「明確に」「スラング(俗語)を使わずに」「大きな声」で、英語を話しています。

極端な話、「アナウンサーのような話し方をしている」と言っても良いかもしれません。

そのため、例え語学学校に通って先生の英語が聞き取れるようになっても、実践ではあまり使い物にならなかったりすることがあります。

TAEも「最近、先生の言うことが聞き取れるようになってきた(^^♪ 私の英語のリスニング力も上達したかも♪」なんて思っていた時期がありました。

ですが、一歩学校の外に出て一般のネイティブと会話をしてみたら「相手が何を言っているのか全然分からない!」という事態が発生しました。

何故なら、現地の人はみんながみんな「アナウンサーのように明瞭に英語を話す」訳ではなかったからです。。

 

④ ネイティブと話す機会がない

当たり前ですが、語学学校には現地人などのネイティブスピーカーは来ないため、語学学校内ではネイティブスピーカーと英語を話す機会はほぼ無いです。

もちろん先生は英語のネイティブですが、③でお伝えしたような話し方をされるので、ノーカウントとさせて頂きます(笑)

読者の方の中には「他国から来た生徒と英語で話せるじゃないか!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、他国の生徒は基本的には非ネイティブです。

もちろん非ネイティブと英語を話すことが意味がない訳ではありませんが、どうしてもネイティブと比べると英語を話すスピードは遅く、英語の表現も限られてきてしまいます。

そのため、どこかのタイミングで「ネイティブの豊富な表現力&高速で話す英語」に触れていかないと、本当の英語力は身につかないように思います。

以上4つのデメリットなどから、「ただ語学学校に通ったからといって、英語のスピーキング&リスニング力がそこまでアップする訳じゃない!」とTAEは考えています。

そこで、ここまで読んで下さった読者の方の中には「じゃあ語学学校って通わなくても良いの?!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、そう考えるのはまだ早いです!(笑)

語学学校には「英語上達」以外の思わぬ4つのメリットがあるのです。

 

語学学校に通うメリット

① 友達ができる

語学学校に通う最大のメリットは「友達ができる」ことだと思います!

特に「海外の長期滞在は初めて…」という人にとって、最初の数か月の留学期間は特に不安なもの。

そんな時に、同じくその国に来たばかりの友人ができれば、とても留学生活が心強くなります。

また、語学学校のクラスは英語のレベル別に分かれているため、英語力が同じぐらいの人と知り合うこともできます。

英語力に格差があると会話も成り立ち辛いため、同じ程度の英語レベルの人とは仲良くなりやすいように思います。

TAEもオーストラリアの語学学校では沢山の友達ができましたし、今でも連絡を取り合っています♪

 

② 英語を使う規則正しい生活基盤ができる

ちょっとワーホリ生活を想像してみて下さい。来たばかりの自分は完全にプータローです(え

そんな時、既にある程度の英語力と度胸がある人ならば、ローカルの仕事に挑戦したり、ローカルのコミュニティに臆せず入っていくこともできるでしょう。

ですが、ワーホリ初心者で海外に来たばかりの人の場合、どうしても最初は日本食レストランに勤務したりなど、日本人だけのコミュニティに入っていってしまいがちです。

そうすると、朝は遅めに起きて、ランチから日本食レストランで働いて、休日はただ日本の映画を見てダラダラしたり日本人の友達と遊びに出かけたり…

気付いたら「海外にいるのに日本人としか会話してない!」という、絵に描いたような残念で怠惰なワーホリになってしまう危険性があります。

ですが、語学学校に通っていれば話は違います。

月~金曜の朝9時~午後2時ぐらいまでは強制的に学校に通うことになるため、ある程度規則正しい生活を送ることができます。

また、学校には様々な国籍の生徒が通っていますので、ネイティブではないものの「外国人」と英語を話す機会は大いにあります。

そうした学校生活を通じて徐々に外国人と英語で話すことに慣れていけば、ローカル社会に飛び込んでいくのも怖くなくなっていくはずです。

 

③ アクティビティに参加できる

多くの語学学校では、週末などに自由参加のアクティビティが開催されています。

アクティビティとは、例えばみんなでBBQをしたり、現地の有名なビーチや観光地に遊びに行ったりするものです。

平日はクラスで英語を学んで、週末はアクティビティに参加することで、かなりアクティブに動くことができます。

元々アウトドア派の人には想像し辛いかもしれませんが、日本にいる時でもインドア派の人にとって、海外で休日にどこかに出かけるのはかなり億劫です。

バスや電車も最初は乗り方が良くわからないですし、色々と不安もあります。

ですがそんなインドア派の人でも、クラスの顔なじみの友達と遊びに行くとなれば話は別で、重い腰も上がるというもので、色々と海外での楽しい思い出を作ることもできます。

 

④ ちょっとした「青春」をもう一度味わえる

中高の思い出って、なんか独特の甘酸っぱさがありませんか?(え?TAEだけですか?)

社会人になってからは味わえないような「クラスメイト」と共に過ごす時間も、語学学校の醍醐味かなと思います。

特に、海外では苗字ではなく下の名前で呼び合うのが一般的なため、授業中は先生が全生徒を下の名前で呼びます。

そのため、自ずと生徒同士でも、お互いを下の名前で呼び合うようになります。

これは日本人にとっては最初はちょっとこそばゆいですが(笑)、こうなってくると年齢がどんなに離れているクラスメートでも「友達」と思えるようになり、それが淡い青春時代を想起させるのです♪♪

以上が、TAEが考える語学学校に通う4つのメリットです♪

 

語学学校に行った方が良い人とそうでない人

それでは、上記の語学学校のメリット&デメリットを踏まえて、語学学校に行った方がいい人、語学学校に行かなくても大丈夫な人をまとめてみます。

語学学校に行った方がいい人

・シャイで人見知り
・外国人と話すのに抵抗がある
・少しずつ現地に慣れていきたい
・いきなりローカル社会に飛び込んでいく自信がない

 

語学学校に行かなくても大丈夫な人

・外国人だろうがひるまず話せる
・もう海外経験は豊富
・お金は無いが、度胸はある!
・現地到着早々、ローカル社会に飛び込んでいける自信がある

 

ワーホリ経験者TAEのまとめ

TAEの個人的な意見としては、語学学校は「英語力を伸ばす場所」というよりは、外国人&英語慣れをして現地社会に飛び込んで行くための「下準備をする場所」という感じです。

いずれにせよ、「語学学校に通うだけで、英語が急激に伸びることはまずない」ということは覚えておいてもらえたらと思います。

もちろん、語学学校で出来た友達と仲良くなって現地で遊んでいる内に英語力が伸びることはあるとは思いますが、それらは学校の授業だけで伸びている訳ではありません。

また、英語のスピーキング力を伸ばしたいなら、とにもかくにもまずは外国人と実際に話すことです!

英語を話す実戦を積まないことには、「どうして自分が英語を上手に話せないのか?」という分析をすることもできません。

スポーツと一緒で、基礎練習ばかりをして実際の試合を経験しなければ、上達には限界があるはずです。

以上、語学学校に通うかどうかの参考になれば幸いです♪

 

お知らせ

FRONでは、実際に外国人と英語を話すことができる国際交流イベントを毎週東京近郊で開催しています。

日本にいると、なかなか外国人と英語を話す機会って無いですよね?

ですが、FRONにはそのような外国人と英語を話す機会が目白押しです!(*’ω’*)

「今まで外国人と話したことないけど大丈夫かな?」という心配もいりません♪

イベントに参加される外国人の方の多くは、日本人と友達になりたくて参加していますので、基本的にかなりフレンドリーに話される方が多いです(日本人と友達になりたい外国人が多く集まる場というのは、中々珍しいのでは無いでしょうか?)。

初参加者の方から「来る前は不安だったけど、来てみたら普通に楽しかった!」という感想もよく頂きます♪♪

通常のイベントにも日本語を話せる外国人の方も参加していますし、「にほんご交流会」などのイベントでは外国人と日本語で交流しますので、「英語はまだちょっと苦手…」という方も安心してご参加下さいね!

もちろん一人参加も大歓迎です!

ちなみに一人で参加すると「他の参加者から話しかけられやすい」というメリットもあります♪

もちろんお友達同士のご参加も歓迎ですし、「初めての参加で不安&私はシャイだから自分からは話しかけられないよ〜(>_<)」という方もご安心下さい!

スタッフが全力でサポート致しますので、お気軽にお近くのスタッフまでお声がけ下さい♪♪

あ、TAEも会場にいたりしますので、見かけたら是非声をかけて下さい!(笑)しっぽを振って喜びます!

それではまた次回の「ワーホリお悩み相談」をお楽しみに♪

日本にいながら世界中の人と交流できる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
関連する記事

オーストラリア人男性と恋愛ってどんな感じ?ワーホリお悩み相談②

  • TAE
  • 509view

国際恋愛のデメリット3つ!ワーホリお悩み相談③

  • TAE
  • 344view
オススメの記事

この記事のライター

TAE

カテゴリ一覧

内容について連絡する

TAE

FRONの漫画書きました!オーストラリアにワーホリで2年在住してた恋愛系ゲスライター。大好物は、ケーキとイケメン。昔トライアスロンやってましたが、今の趣味は漫画を描くことです。FRONのイベントスタッフもやってます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!