バンクーバーへワーホリ!仕事内容や仕事探しの方法を経験者男女2名にインタビュー | FRON [フロン]

バンクーバーへワーホリ!仕事内容や仕事探しの方法を経験者男女2名にインタビュー

今回はカナダのバンクーバーへのワーホリの口コミ体験談です!

① Sさん(30代女性):バンクーバーに1年間。現在は外資系企業で秘書のお仕事。

② 菅谷翔一さん(20代男性):バンクーバーに1年半。現在は英会話スクールのマネージャー。

お二人にはワーホリでの仕事の探し方や実際の仕事の様子、英語の勉強方法やカナダと日本の違いなど色々と聞いてみましたので、ワーホリを検討している方は参考にしてみて下さいね♪

 

① 30代女性Sさんのワーホリ体験談

バンクーバーへのワーホリの目的は何でしたか?

就業体験を海外でしたかったからですね。留学のビザだと仕事ができないので、社会人になってからワーホリでカナダに1年間行きました。カナダでは主にカナダ人の社長のアシスタントをしてましたね。

社長は日本に住んでたことがある人で日本語を話すのは上手かったんですけど、読み書きがあまり上手ではなかったので、その翻訳をしたりしてました。

 

なぜバンクーバーを選んだのですか?

まずはワーホリのビザを取れる国で選んで、カナダ・オーストラリア・シンガポールとかになってですね。

オーストラリアとカナダはワーホリに行きやすいんですけど、オーストラリアはちょっと紫外線が強いイメージがあって、カナダの方が気候が日本に似ているのでカナダにしました。

 

留学前にしておけば良かったことはありますか?

日本にいる時にFRONのような国際交流イベントとかに参加して、外国人と英語を話すことに慣れておけばよかったなとは思いました。

カナダに行ったらすぐなれましたけど、外国人と英語を話すことに慣れていない人は、本当に外国人と交流できるイベント等に参加した方が良いと思います。

 

バンクーバー留学後の生活や仕事

留学後の生活や滞在先はどんな感じでしたか?

最初の5か月は、語学学校のビジネス英語コースに通っていました。後は現地のカナダ人と交流して、英語を実際に話していましたね。

ビジネス英語と話す英語は全然違うので、英語を使って働きたいならビジネス英語を勉強した方が良いですね。あとはとにかく英語は話すのが大事だと思います。

滞在先は2週間ホームステイをして、その間に自分で住むところを探して決めました。住む場所はクレイグリストで探してましたね。カナダでは交流サイトとしても、クレイグスリストは大分使ってました。

 

仕事探しの方法や面接はどんな感じでしたか?

仕事探しは「人脈」が大事ですね。知り合った人に紹介してもらうとかは結構オススメです。

それと私が面接を受けた会社は面接官は英語しかしゃべれなかったんですけど、「どういうことをやりたいのか?」、「今後どうなりたいのか?」とか、自分の事をよく聞かれました。

もちろん「これまで何をしてきたのか?」とか「何ができるのか?」ってことも聞かれるんですけど、これからのことをとても重視されていた気がします。

 

ワーホリの仕事内容はどんな感じでしたか?

「秘書業」ですね。社長から言われたこと何でもやる感じだったんですけど、ミーティングに出席したり、議事録をとったり、日本人スタッフの面接をしたり、HPの翻訳をしたり…それと仕事では自分の意見をとても求められますね。

仕事環境自体は自由でした。金曜日になると4時ぐらいから皆んなでお酒を飲んだり、誰かがギターを弾いてたり、日本よりも凄いメリハリがはっきりしていましたね。

ただ、仕事に慣れる前までは電話の対応が大変でしたね。ネイティブが凄い早いスピードで英語を話すので、最初は少し大変でした。対面なら表情とかでも分かるんですけど、電話はそれがないので難しかったですね。

 

英語の勉強方法について

おすすめの英語の勉強方法や映画はありますか?

私はテキストとかで勉強する方法ではなくて、NETFRIXの動画や映画に英語の字幕を付けて、それを英語で見てました。見ている中で分からないフレーズや単語があったら止めて、それをノートに書きだして勉強してました。

英語の映画に関しては、日常英会話なら「フレンズ」が鉄板です。

それと「How I Met Your Mother」ですね!お父さんが子供たちに、「お母さんと出会うまでの話」をする話です。お父さんの昔話がドラマになってる感じなんですけど、ブラックユーモアも入ってて面白いです。

ビジネス英語でしたら、「MADMEN」がオススメです。昔のアメリカの広告代理店の話なんですけど、生きたビジネス英会話の勉強ができるのでオススメです。ドラマの中にも秘書が多くでてくるので、特に女性に良いかもしれません。

 

日本とカナダの文化の違い

日本とカナダの文化の違いを感じることはありましたか?

日本人は「すみません」と言うことが多いけど、カナダではそれが「サンキュー」になっているのが、凄く良いなと思いました。

あとは、お店に入ったらこっちから挨拶するのが通例でしたね。お店に黙って入る人はあんまりいなかったですし、むしろ黙って入ると怪しい人みたいです(笑)

 

ワーホリ中に困った事や面白かった事はありますか?

カナダは凄く日本人にも優しくて、他の文化を受け入れる体制ができている国だったので、あんまり困ることはなかったですね。

面白かったことは、カナダで全員パンツで電車に乗る日があって、電車の中がパンツの人だらけになったのが面白かったというか、本当に不思議な光景でした(笑)

ダウンとブーツを履いてるのに、下はパンツなんです(笑)

 

ワーホリ中にしておいた方が良いこと

ワーホリ中にしておいた方が良いことはありますか?

ワーホリでしかできないのは「仕事をする」ってことだと思います。日本人はレストランやカフェで働く人が多いとは思うんですけど、私はオフィスで働きたかったのでオフィスでの仕事を探しました。

カナダには日本用の仕事を探すコミュニティのようなもの(JPCANADA)があるんですけど、そこに掲載されている仕事は日本のレストランとかが多いんですね。

ただ、オフィスワークをしたいなら、最低限の英語能力は必要になりますけど、現地のリクナビのようなサイトを使う方が良いです。

 

カナダでのオススメの観光スポットはありますか?

バンクーバーの近くの「ビクトリア島」がとても良かったですね。凄い小さい島なんですけど、花とかがとても綺麗でした。

あとはバンクーバーオリンピックをやった「ウィスラー」ですね。ウィンタースポーツをやるならウィスラーがオススメです。それと、アメリカの「シアトル」も車があれば全然近いのでおすすめですね。

 

社会人になってから留学するメリットは何ですか?

日本に帰ってきてから外資系の企業に就職できた点は良かったですね。それと、社会人を経験してから留学しているので、目的意識が全然違いますね。

「何かを持って帰らないと!」っていう意識がすごく強く持てましたし、カナダでも積極的に活動できました。留学は「人生における凄く素敵な経験」になると思うので、もし迷ってる人がいるなら是非行って下さい!

 

② 20代男性菅谷さんのワーホリ体験談

バンクーバーにワーホリを決めた理由は何ですか?

英語学習とキャリアを積みたかったんですよね。バンクーバーにワーホリで留学して、そのまま観光ビザで延長して働いていました。

大学の時に内閣匿名顧問だった先生がいたんですけど、「これからの時代に英語を話せない人は生きていけないよ」と「日本にいても幸せはないよ」と言われて、それを重んじて行動に移しました。

僕にとって「英語」は仕事でもあり勉強対象でもあるので、たまには英語を楽しんで使うために、こういうFRONの国際交流イベントにも時々参加してます。

 

留学エージェントは使いましたか?

留学エージェントは「ラストリゾート」を使いました。オーストラリアとカナダに強いエージェントで、唯一行く前に英語の授業が受けられたんですよ。

もともとエージェントに支払う手数料がそこそこ高いんですけど、人材会社もついていて、就職支援もしてくれるのが良いところだと思いますね。

バンクーバーを選んだ理由も、半分はエージェントの人におすすめされたからです(笑)あとは大学時代にソウル大学に留学してアジア人と討論したことで、アジア人は色んな力を持ってると思ったんですよね。

バンクーバーはアジア人が集うので、そういうパワーがある人がいるかな?と思ったのも理由の一つですね!実際バンクーバーには色んな国の人が留学しにきていて、とても刺激が多かったですね!留学するにはオススメですよ。

 

ワーホリ中の仕事の探し方や仕事の様子

バンクーバーではどうやって仕事を見つけましたか?

僕は履歴書を持参して何店舗も回りました。店舗にとりあえず履歴書を持参して、直接マネージャーに手渡して面談にこぎつけたりしてましたね。

結局スムージーを売るカフェで働いたんですけど、別にカフェに拘りがあった訳じゃなくて、とにかく英語を使える環境で働きたかったんです。

接客なら嫌でも英語を使いますし、日常会話を使う機会も非常に多いので、接客の仕事がしたくて狙って探していました。

 

バンクーバーでの仕事はどんな感じでしたか?

カナダは5時には仕事が終わってましたね。残業はしない生活なので、そんなにストレスが無かったですね。電車の中でも食事中でも会話がたくさんあって、それが楽しかったですね。

あと、日本人であることを尊敬されたのが面白かったです。カナダでも「日本人は勤勉で働き者」という印象がとても強いらしくて、最初の期待値は高くて大変でしたけどね。

実際一生懸命働かないといけないプレッシャーはとてもあったんですけど、そういう風に海外の人から思われていることを知れたのも良い経験でしたね。

それで実際1年ぐらい働いてすごく楽しかったんですけど、オーダーもめっちゃ間違えましたし、大変なことも多かったですね。でも、確実に英語力は上達しましたよ。

 

バンクーバーワーホリ中のおすすめ

ワーホリ中にしておいた方が良いことありますか?

カナダでも国際交流会みたいなイベントはたくさんあるので、そういうのには積極的に参加した方が良いですね。バンクーバーには「Nikkaセンター」という日本人とカナダ人が交流する場があるので、そこには絶対行った方が良いですね。

あと、カナダは色んな国の料理が食べられるので、食べ物が美味しいですね。カナダ特有の食べ物は少ないんですけど、東京みたいな感じですね。日本の食材もあるし、日本人はバンクーバーにはとても住みやすいと思います。

ただ、レストランのルールは気をつけてください。カナダではウェイターを手を挙げて呼んじゃ駄目なんですよね。席で待ってなくちゃいけないです。実際に手を挙げて呼んだら店員の機嫌があからさまに悪くなってましたので、そこは気をつけた方が良いです。

 

バンクーバーにワーホリして良かったことは?

英語力が飛躍的に上がったのと、カナダには色んな人が集まってたので、本当に色んな国の友達ができたことですかね。留学に行くなら「目標」はしっかり持っていくべきですね。英語は少しくらいはできた方が良いと思います。

あと、留学するにしても、事前に日本で最低限の英語は聞き取れるようになってから留学した方が良いと思いますね。ワーホリで行っても、中々英語ができないと現地の外国人の友達を作るのは難しいですね。

 

インタビューの終わりに…

以上、いかがでしたでしょうか?

FRONでは定期的にワーホリに関するイベントも開催しています。ワーホリ経験者の方と、これからワーホリに行こうと検討している方が集まるイベントとなっていますので、ご関心のある方はぜひそちらにも気軽に参加してみて下さいね!

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

FRON公式

FRON公式編集部です。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!