受験英語は英会話上達の鍵?英語の基礎力をつける参考書3つ | FRON [フロン]

受験英語は英会話上達の鍵?英語の基礎力をつける参考書3つ

こんにちは!

フランス長期留学経験者、現在ハンガリー在住ライターのPapico(ブログはこちら)です。

日本の英語教育では読むことと聞くことを中心に教えられ、書くことと話すことはあまり教えられません。なので、せっかく最低3年、最高10年間学校で勉強しても、英語を話したり英語の文章を書けない学生が大半のため、日本の英語教育はしばしば批判されがちです。

しかし、僕は日本の英語教育は必ずしも悪いとは言い切れないないと思っています。僕は現在、ハンガリーで日本語と英語の通訳と翻訳の仕事をしていますが、そんな僕の英語力の原型になったのが受験英語でした。

そこで今回は、僕が受験英語をどうやって使える英語にしたのか?や、基礎英語力を作るのに役立った参考書を3つほど紹介したいと思います。

 

受験英語は日本人なら誰しもが通る道

exam, girl, learning

冒頭にも書きましたが、僕は現在、日本語と英語の通訳や翻訳の仕事をハンガリーでしていますが、英語圏への留学経験はなく、英語の語学学校へ通ったこともありません。また、英語専攻だったわけでもありません。むしろ英語はずっと嫌いでした

要するに、大半の日本人と同じように中学高校と受験英語をやってきただけです。ところが、大学に入り留学生と交流し、ほぼ毎日彼らと英語でコミュニケーションをとっていた結果、自然とそれなりの英語が身につきました。

しかしながら、大学に入って留学生とコミュニケーションをとったからといっていきなり英語ができるようになったわけではありません。

 

英語力の基本がなければ発展できない

日本の学校の英語の授業では、主に受験勉強対策用の英語が教えられます。では、日本の受験英語とはなにかというと、メインが基礎英語です。よって、学校の英語の授業のメインは基礎英語です。

つまり、日本では中学校と高校の合わせて6年間を使って英語の基礎単語や文法をじっくりと教えていきます。そして、高校受験や大学受験では大半の問題で3年間や6年間で身につけた英語の基礎能力が問われます。

僕は中学校3年間、高校3年間、浪人1年間の計7年間、受験英語をやり、それが結果的に僕の英語力の基礎になりました。

さすがに7年間も英語を勉強すると、英文中によく出てくる単語や文章は自然と覚えます。そして、よく出てくるというのはネイティブスピーカーがよく使う単語や文章でもありますので、実際にネイティブと話すときは大いに役立ちます。

実際、僕が留学生と交流し始めた最初のころは、受験英語で身につけた基礎的な英単語や英文法だけを使っていました。それでも相手は理解してくれ会話が成立します。そして、英語が通じることへの楽しさを知り、多くの留学生たちと交流するようになりました。

大学4年間それをやった結果、基礎単語や文法はもちろん定着し、会話の中でネイティブがよく使う難しめの単語や文法も自然と覚えました。そして、英語圏への留学経験や英語専攻ではなくても海外の企業で通訳や翻訳の仕事ができるようになりました。

 

基礎英語力を作った参考書3つ

auditorium, benches, chairs

それでは、僕が7年間で基礎英語力を養うために使い、今でも役に立っている参考書を紹介したいと思います。

1)語彙

単語王2202

書籍名:単語王2202

著者:中澤 一

高校1年生のころから使い始め、浪人の時まで愛用していました。1つの単語に対して単語の意味はもちろん、派生語や例文も載っているため、様々な情報を同時に得ることができます。また、Unitごとに分かれているため1日に何単語覚えればいいかも明確なので、目標をもって取り組めます。

僕はこの単語帳を何周もやり、基礎語彙力を身につけました。

 

2)文法

NHK3か月トピック英会話 ハートで感じる英文法 (語学シリーズ)

書籍名:ハートで感じる英文法

著者:大西 泰斗/ ポール・マクベイ

『一億人の英文法』という大人気の英文法書を書いた2人の、同じく英文法に関する著書です。残念ながら僕が学生だったときは『一億人の英文法』は発売されていなかったので、この本を使って基礎英文法は勉強していました。

大西先生の著書は何といっても解説がわかりやすいのが特徴なので、簡単に英文法を理解することができます。この本や『一億人の英文法』以外にもたくさんの英語に関する面白い本を出されているのでおすすめです。

 

もう一度英語の勉強をやり直すなら…

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

書籍名:ビック・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本

著者: 向山 淳子/ 向山 貴彦/ たかしまてつを

英語を習い始める中学1年の時に読みました。

この本の最大の特徴は、参考書というよりは小説のような感じで、英語とはどんな言語なのか?、英文法とは何なのか?という内容が、猫のイラストとともにわかりやすく書かれています。

なので、英語を勉強してみたい、英語をもう1度最初からやり直したいという人にとってはおすすめです。英語がどんな言語なのかイメージしやすくなり、勉強しやすくなります。

 

受験英語に関するまとめ

確かに日本の英語教育は、スピーキングやライティングにももっと力を入れるべきだとは思います。

ですが、最低限の英語力は、どんなに授業をさぼっていたとしても最低3年間もやれば身についているのは間違いないと思いますので、今それを活かすも殺すも結局は自分次第だと思います。

もう一度英語をやり直したいな〜と少しでも思っている方は、本を読んでみたり、久々に英語に触れに、FRONの国際交流イベントにも参加してみてくださいね!

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Papico

ブダペストに住む24歳/フランス長期留学経験者/語学/サッカー/読書 ブログやってます: http://japangary.hatenablog.com/

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!