マレーシアでタクシーに安全に乗るならGrab!安心して使えるGrabアプリとは? | FRON [フロン]

マレーシアでタクシーに安全に乗るならGrab!安心して使えるGrabアプリとは?

こんにちは!マレーシア在住のライターのパンダンです。

今回はマレーシア国内の移動手段として欠かせないタクシーについてお伝えします。

マレーシアは実は意外と車社会。もちろん首都クアラルンプールを始め主要都市では電車やバスなどの公共交通機関が発達していて移動には困りません。ですが実は公共交通機関がない住宅街などが思ったよりも多いのです。

また、観光地などは車でないとアクセスが難しい場所も数多くあったり、バスなどは時間が読めなかったり、運行中止になったりすることもあります。

そこで、一般的に留学や商用、駐在などの長期滞在でマレーシアを訪れて自分で車を運転する以外の場合は、かなりの頻度で利用することになるのがタクシーです。

 

運賃固定、安心して使えるタクシーアプリGrabとは?

慣れない土地でタクシーを乗るのは不安です。

そこでオススメなのが、東南アジアで圧倒的な利用率を誇るタクシーアプリ「Grab(グラブ)」です。利用の簡単な流れは以下のようになります。

 

Grab利用の流れ

1.現在いる場所から行きたい場所まで入力すると(固定)料金が提示されるのでOKなら配車を頼む。
2.タクシーのドライバー名と車種、ナンバープレートが表示される。
3.GPS機能で現在ドライバーがどこにいるか、あと何分で到着するか表示される。
4.車種とナンバープレートを確認して乗車。

 

Grabで呼べるタクシーの種類

Grabで呼べるタクシーにはいくつか種類があります。アプリの一番の下に呼べるタクシーと種類が表示されています。例えばGrabcarを選んだ場合、固定料金で乗車前にいくらかかるかわかります。

他のタクシーを選ぶことでGrabに登録してある運賃メーター制のタクシーも呼べますが、その場合もおおよその金額が表示されます。雨が降ったり、祝日などで需要が高くなりGrabcarがなかなか見つからなかったりする時は運賃メーター制のタクシーに切り替えるといった使い方もあります。

ドライバーはGrab登録前に研修を受け、車両のナンバープレートを開示し、乗車後に利用者からアプリ経由で評価をされるようになっています。このような安心できるシステムが高く評価され利用率の高さにつながっています。

 

その他Grabを使うのに必要なことやメリットなど

Grabを実際に利用するには、スマホにアプリをダウンロードします。Grab利用時にはwifi接続か、マレーシア国内用のSIMカードが必要です。

アプリの主な設定は、ユーザーの名前(ドライバーに表示される)と電話番号(たまにドライバーから位置確認など連絡がくる)ぐらいですので、簡単に登録ができます。また、2017年5月現在、Grabはマレーシアだけでなく、シンガポール、タイ、フィリピンなど東南アジアの7カ国で利用できます。

マレーシア人にとっても英語はセカンドランゲージ。マレーシアであれば車内でのコミュニケーションも比較的とりやすかったりしますが、東南アジア独特のアクセントなので慣れるまではちょっとわかりにくいかもしれません。

ですが、ローカライズされた英語の多様性に触れるよい機会になるとも思いますので、ぜひマレーシアにきた際には一度Grabを使ってみてはいかがですか?

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

パンダン

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。なじみすぎていると家族からも指摘される日々。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!