フランス語の発音の練習方法とおすすめ本を留学経験者が紹介! | FRON [フロン]

フランス語の発音の練習方法とおすすめ本を留学経験者が紹介!

こんにちは!

フランス長期留学経験者、現在ハンガリー在住ライターのPapico(ブログはこちら)です。

さて、皆さんは外国語を学習する時に発音は練習しますか?

実は僕は以前は発音軽視者で、フランス語に関しても、発音なんてそこそこできれば伝わるだろうという考えを持っていました。

しかしながら、先日、フランス人の彼女とフランス語で会話をしている時に、「いかにフランス語において発音が重要なのか?」ということを思い知りました。

ですので、今回はその時の体験も踏まえて、「フランス語を習得する時にいかに発音が重要なのか?」や、「具体的なフランス語の発音の練習方法」などをご紹介します。

 

フランス語は発音がへたくそだと全く伝わらない?

フランス語には、発音は似ているが意味が全く異なる単語がいくつも存在します。

例えば、“Prendre”という動詞と“Plaindre”という動詞は、発音ではどちらとも“プランドル”という風に聞こえます。

しかしながら、“Prendre”という動詞は英語の“Take”に当たり、”つかむ“や“とる”などに意味になります。

一方、“Plaindre”は”同情する”といった意味で、発音は似ていますが意味は全く異なります

では、どうやってこれらの単語を言い分けるのか?

そのためには、フランス語の発音をしっかりとマスターする必要があります。

 

フランス語におけるRとL

英語と同じく、フランス語でも”R”と”L”の発音は異なります。フランス語の”R”は喉をこすり上げるような感じの音です。

また、”ain”と”en”という鼻母音の発音も異なります。

フランス語においては、特にこの”R”や鼻母音(鼻から抜けるような発音)の発音は非常に重要なので、しっかりと練習する必要があります。

発音がきちんとできていないと、次のような失敗が起きてしまったりしまいます。

 

フランス語の鼻母音の発音での僕の失敗談

先日、フランス人の彼女とフランス語で会話をしている時に、発音が原因で僕が会話の内容を誤解したということが起きました。

どういうことかというと、フランス人の彼女とホラー映画を観るという話になり、彼女が映画をいくつか薦めてくれました。

その中の1本について話しているときに、彼女は「この映画は“sans sang”(サン サン)だよ」と言ってきました。

“sans”は”~なしで”という意味の単語で“sang”は”血”という単語です。要するに「血が出ないグロくない映画」ということを言ってくれました。

ところが、僕はこれを“sans son”(サン ソン)と聞き間違えました。“son”は”音”という単語なので、僕は「音のないホラー映画」なんだと勝手に勘違いしてしまいました。

この失敗は、フランス語の鼻母音で“an”と“on”の発音がしっかりとできていなかったため、聞き取りもできなかったことが原因です。

 

フランス語の発音はどうやって鍛えれば良いか?

それでは、どうやってフランス語の発音を練習すれば良いのでしょうか?

ここでは、実際に僕が使ったフランス語のテキストと発音の練習方法をシェアしたいと思います。

 

① おすすめのフランス語の発音のテキスト

コミュニケーションのためのフランス語発音法 (CD付) ―発音の規則と練習」は、僕が大学の発音の授業の時に使った、フランス語の発音に特化したテキストです。

テキストの中には、フランス語の発音の方法、例えば「どのように口や舌を動かせば良いのか?」などが、詳しく丁寧にイラストとともに書かれています。

また、CDもついているので1人でも練習することができます。僕はこのテキストを、フランス語の授業ではもちろん、家でも何度も使ってフランス語の発音を鍛えていきました。

コミュニケーションのためのフランス語発音法 (CD付) ―発音の規則と練習

コミュニケーションのためのフランス語発音法 (CD付) ―発音の規則と練習

阿南 婦美代(著)駿河台出版

 

② Siriを使って自分のフランス語の発音を確認

Siriを使った方法は英語の発音を練習するための有名な方法ですが、フランス語の発音にも応用できます。

やり方は簡単で、ケータイの言語をフランス語に設定し、Siriにフランス語で話しかけます。

こうすれば、もしも自分のフランス語の発音が完璧であればSiriは理解してくれますし、ダメであれば違う単語が表示されます。

また、この方法であれば、「自分のどの発音ができていないのか?」を簡単に確認することができます。

 

フランス語の発音に関するまとめ

冒頭にも書きましたが、フランス語は音に特徴がある言語ですので、発音は本当に重要です。

僕の場合は大学1年生の時に発音の授業があったので、そこでみっちりフランス語の発音の練習はさせられたのですが、それでも鼻母音の発音は非常に難しいです。

ですが、発音は練習すればするだけ上達すると思います。

是非皆さんもフランス語の発音の練習をして、きれいなフランス語を話せるように目指して頑張りましょう!

ちなみにFRONでは定期的に東京で「フランス語交流会」を開催しておりますので、フランス語を話したい方はぜひお気軽に参加してみて下さいね。

「フランス語交流会」の最新イベント情報が受け取れるSNSはこちらから。

今後の「フランス語交流会」のイベント情報はこちらから。

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Papico

ブダペストに住む24歳/フランス長期留学経験者/語学/サッカー/読書 ブログやってます: http://japangary.hatenablog.com/

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!