スペイン語留学でおすすめの国や選び方は?スペイン留学経験者が解説! | FRON [フロン]

スペイン語留学でおすすめの国や選び方は?スペイン留学経験者が解説!

最近、英語の語学留学は随分身近なものになってきました。

そこで、学生時代に英語は十分勉強したから「今度は別の言語を習得したい!」、などと思ってる皆さんにおすすめしたいのが「スペイン語」です。

スペイン語は、中国語や英語に続いて、世界でも多くの人々に話されている言語の一つです。また、スペインだけでなく、メキシコ、アルゼンチン、ペルーなどの中南米諸国の公用語でもあります。

そこで今回は、実際にスペインへ留学経験のある私の体験談を踏まえながら、スペイン語留学のメリットや魅力、留学先の選び方、留学前に知っておきたいことなどを紹介します!

 

スペイン語留学のメリットや魅力

まずは、スペイン語を公用語とする国々の魅力を紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介したように、スペイン語はスペインや中南米諸国を始めとして、世界20ヶ国以上の国と地域で話されています。その人口はなんと4億人以上です!

スペイン語を話せるようになって、これだけ多くの人たちとコミュニケーションが取れるようになると思うと、素敵じゃないですか?

そしてもう一つの注目ポイントは、スペイン語を話す国の多様性です!

情熱の国、スペイン

まずは皆さんご存知ヨーロッパの西端、情熱の国「スペイン」です!

スペインは建築、美術、料理、観光の名所が尽きない国です。そんなスペインのバルでスペイン語でオーダーできたり、現地の人とのおしゃべりを楽しみたくありませんか?

 

エネルギー溢れるメキシコや中南米の国々

お次は「メキシコ」です!

ラテンアメリカ最大の都市メキシコシティを始め、世界のリゾート地カンクン、カラフルなコロニアル都市が望めるグアナファトなどなど、メキシコには見所が満載です。

メキシコには発展途上国としてのエネルギーとラテン系特有の陽気さがあったり、古代文明の遺跡などもあったりと、色々盛りだくさんな国でもあります。また、メキシコには去年から日本からの直行便が出ていることもあり、とても行きやすくもなりました。

さらには、南米のパリと言われる「アルゼンチン」、社会主義時代の趣を残す「キューバ」、マチュピチュがある「ペルー」などなど、スペイン語圏の国の魅力は尽きません。

 

スペイン語を学ぶには、どこに留学したら良いの?

さて、スペイン語圏の国はどこも魅力的なのはお分り頂けたかと思うのですが、それでは一体どこに留学すべきなのでしょうか?

留学先を選ぶ時に大切なポイントは、①留学にかかる費用②スペイン語のアクセントの二つです。

Point① 留学にかかる費用

留学費用に関しては、高い順にスペインの都市部、スペインの地方都市、メキシコ、その他南米諸国となります。なお、南米諸国は留学費用自体は安く抑えられるとはいえ、飛行機代が高くつくので注意が必要です。

ちなみに、私の場合はスペインの地方都市「マラガ」に一ヶ月留学して、合計62万円ほどかかりました。詳細は下記になります。

・航空券(往復):15万円
・語学学校とホームステイ(朝食、夕食込み):35万円
・お小遣い(昼食、お土産、小旅行など):9万円

これらに、留学行くにあたって揃えた物や、海外送金手数料などを含めて60万円以上かかりました。また、私は海外旅行保険やwifiはつけていませんので、もしそれらを入れる場合はもう少し高くなると思います。

 

Point② スペイン語のアクセント

次にスペイン語のアクセントの問題ですが、これだけ広い地域で話されていると、地域によってスペイン語のアクセントは異なります。

スペインの場合は、マドリッドなどで話されるのがトラディショナルなスペイン語とされていますが、アンダルシア地方の話し方は情熱的なアクセントと言われたり、メキシコではメキシコ特有の言い回しが多く使われていたりします。

ですので、最初はノーマルなスペイン語を学ぶことを無理に意識せずに、純粋に自分の気になる地域に留学してみてはどうでしょうか?

私はアンダルシア地方でスペイン語を学び、留学中にマドッリドに遊びに行ったりもしました。そしたらそこで会った男性から、『すごいセクシーな話し方をするね、アンダルシアで勉強したの?』と言われたりもしました。

方言フェチは世界共通なようです(笑)ですので、アクセントに関してはそこまで気にせず、自分の行きたい地域に留学されることをおすすめします。

 

スペイン語留学の前に知っておきたいこと3つ

皆さん、そろそろスペイン語留学をしたくなってきたんじゃないですか?(笑)それでは最後に、実際にスペイン語圏に留学する前に、知っておいたほうが良いことを3つほどご紹介します。

① 日本でもスペイン語は勉強しておく

まず、グローバル化する社会とはいえ、スペイン語圏の人たちはあまり英語が得意ではない人が多いです。ですので、何もスペイン語を話せない状態でスペイン語圏に留学すると、結構苦労します。

そのため、日本にいる間からスペイン語の単語を覚えたり、簡単な日常会話ほできるようにしておいた方が良いでしょう。

 

② スペインのお店の営業時間は要チェック

続いて「お店の営業時間」には要注意です。特にスペインの場合、シエスタ文化はEU加盟と共に無くなってきたと言われていますが、スーパーやコンビニなどは閉まるのが早いです!

日本と違って、24時間営業のお店などは殆ど無いです。また、スペインではマドリッドの中心地でさえ、日曜日はデパートがお休みだったりします。私は帰国の前日にお土産を買おうとしたら、日曜日で何も買えなかったという経験があります…

 

③ スペイン語圏ではベソは挨拶

スペイン語圏ではベソ(頬と頬を合わせるキスのこと)を、挨拶の時によくします。日本人からすると驚いてしまうかもしれませんが、彼らにとっては挨拶ですので普通のことです。

ですので、異文化体験だと思って快く応じましょう。最初はどうして良いかわからないと思いますが、相手に合わせればOKです。基本的には右から右左に一回づつで、頬を合わせる時に唇で軽く音を出します。

 

終わりに…

以上、いかがだったでしょうか? スペイン語を勉強したり、実際に話してみたくなってきませんか?

英語だけを学んでいては見れない世界だったり、英語だけでは伝えきれない世界があります!ぜひ皆さんも第3言語習得の一環として、スペイン語を学んで一歩進んだ国際交流をしてみませんか?

スペイン語交流会の最新イベント情報が受け取れる、スペイン語交流会LINEはこちらから♪

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

puri_h

旅行と海が大好き!ゆる〜いけれど一歩踏み込んだ話届けます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?