オーストラリア人の性格は?日本人との違い3つを豪ワーホリ経験者がお伝え! | FRON [フロン]

オーストラリア人の性格は?日本人との違い3つを豪ワーホリ経験者がお伝え!

こんにちは!ワーホリ系ドMゲスライターのTAEです!

私がオーストラリアにワーホリで2年間住んでいた時には、日本人とオーストラリア人の性格の違いを様々と見せつけられ、カルチャーショックもたくさん受けました。

なので、今回はTAEがオーストラリアに住んで実際に感じた「オーストラリア人の性格や特徴」を、日本人と比較しながらレポートしようと思います♪

もちろんオーストラリアは多民族国家なので、「オーストラリア人は~」と一概には言えないですし、性格は個人差も大きいです。が、今回はあえて「オーストラリア人」と乱暴に括らせてもらいます(笑)

これから留学やワーホリ、または旅行でオーストラリアを訪れる人などに参考になれば幸いです★

 

① のんびり屋さん

「オーストラリア人の性格」と聞いて一番有名なのは、やはり「のんびり屋さん」ではないでしょうか?

「オージー(オーストラリア人のこと)はeasy going(のんき)な人が多い」とあちこちで言われていますが、それを実感することがよくありました。

まず、日本と比べてオーストラリアは国土が大きいということもあるかもしれませんが、オーストラリアに着いた瞬間、「のほほ~ん」とした空気が流れているように感じました。

なんていうか、人々がリラックスしているんですよね。日本のかなり田舎の方に流れている空気が、シドニーにも流れているといった感じです。

 

失業しても、の~んびり

私のオーストラリア人の友達が、職を失ったことがありました。ですが、求職中の時も彼は特に焦っておらず、終始「ま、なんとかなるっしょ〜」ってスタンスでした。

日本人で、しかも特に20代の男性などでしたら、例え失業保険が下りている最中だとしても「早く次の仕事見つけなきゃ」って焦ったり、「次の仕事見つかるかなあ…」って不安になったりもするかと思います。

こういうところからも、「オージーはのんびり屋」というのを肌で感じた瞬間でした。

 

イギリス人から見てものんびりしてるらしい

「日本人は生真面目」とよく言われるので、もしかしたら「TAEの感覚がちょっと厳しすぎるのかも?」と思い、私はイギリス人男性にもオーストラリア人の印象を聞いたことがあります。

そしたらその人も「いや~!オージーはホントのんびり屋だし、良くも悪くも適当だよね〜」って言っていました。

なんでも、彼らと一緒に働いていると彼らがよくいうセリフは、「Take it easy.(気楽に行こうぜ~)」「Should be all right.(まぁ、大丈夫っしょ)」の2つなんだとか。。

「この人たち、大丈夫なのかな…?」ってしょっちゅう思うそうです(笑)日本人のみならず、他国の人から見てもオーストラリア人はのんびりしてるんですね!

 

オーストラリア人にも直接聞いてみた

もうこの際、オーストラリア人に「どうしてそんなにのんびりしてるんですか?」って聞いてみたんです。

そしたら、「ああ~。きっとオーストラリアは資源が豊富だから、頑張って働かなくても国が豊かなんだよね。だからだと思うよ。」との回答が返って来ました。

「例え働かなかったとしても、生活保護も充実してるから、食いっぱぐれることもまずない。子供も親の背中を見て育つから、また働かなくて…って負の連鎖が起きて、問題になってるんだよね〜。」とのことでした。

正直オーストラリアといえば「コアラ」ぐらいしか知らなかったTAEにとって、その国民から直接聞く国の事情はとても興味深かったです。

 

② 知らない人にも話しかけるフランクさ

オーストラリアにいると、全く見ず知らずの人から話しかけられることがしょっちゅうあります。パブや公園、ショッピングなど、いたるところで会話が繰り広げられています。

最初はビックリしたTAEですが、2年もいればこの感覚にすっかり慣れてしまいました。それで、日本に帰国したあともついつい知らない人に話しかけてしまって、相手に「え、何この人?」って顔をされてしまい、「しまった!ここは東京だった!」と焦ったことがあります…(笑)

 

店員と客もめっちゃ話す

店員と客が話すことも日常茶飯事です。オーストラリアと日本の生活の違いに関する記事にも書きましたが、オーストラリアにはコーヒー文化が根付いており、みんなしょっちゅうカフェに行きます。

そこでの店員とのやりとりが、日本みたいに「コーヒー。M」だけ言って終わりになることなんて、まずないです。シティの中心部のめっちゃ忙しいお店でしたら、例外はあるかもしれません。

まず「How are you?」という定型文から入って、注文を終え、コーヒーが提供されるまでの間、ずっと「最近どう?」などのたわいのない会話が続くのが日常です。

これも日本人のTAEにとっては、最初はとても慣れなかったです!TAEが日本にいた時は、基本的に店員さんとは「〇〇ください」くらいの会話しかしなかったので、それ以上の話の展開があると、英語ということもあってドギマギしたものです。

 

店員とは会話しない日本

そして例のごとく、TAEも2年後には店員と話すことにもすっかり慣れ(笑)、帰国して「よっしゃー!味噌ラーメン食べるぞー!」と意気揚々と入店した福しん(TAEの大好きなラーメンチェーン店)で、客の誰一人とて店員と会話しないのを見て、背筋が凍るほどの違和感を覚えたことを、今でも鮮明に覚えています。

お客さんもみんな仏頂面で「味噌ラーメン」とだけ言って、おしまいです。店員も「かしこまりましたぁー!」って言って、おわりです。

なんだか人間ではなくて機械を相手にしているようで、味気ないように感じてしまいました。「え、相手は人間なんだからさぁ…もうちょっと、なんかあってもいいでしょ?」って心の中でつっこみを入れつつ、妙な不気味さを感じた記憶があります。

もちろん、どっちが良い悪いという話ではなく、「それくらい違いますよ」という話です。ちなみに、今はもう日本で店員と話さないスタイルに慣れてしまったので、オーストラリアの店員と話すスタイルにとまどうと思います(笑)

 

③ 恋愛においては、肉食獣

続きまして、恋愛系ゲスライターTAEの真骨頂、恋愛について見ていきましょう!

「草食系男子」という言葉がささやかれ始めて久しい昨今の日本。一方、そんな「草食系」という言葉とは無縁の地、それがオーストラリアです。

相手の女性を「いいな」と思ったら、速攻で「今度、食事にでも行こうよ!」と声をかけてくる、それがオーストラリア人男性です。

 

草食系男子なんていない?!道でナンパは当たり前?!

例えば、私が女友達と二人でレストランに行った時、たまたま列の前後になった男性とおしゃべりをしていました(② 知らない人とも話すの典型例ですね)。

そしたらどうやらTAEのことを気に入ってくれたみたいで、そのまま私たちのテーブルまできてグイグイとおしゃべりを続行されました(笑)

そのまま電話番号を聞かれて、普通に「僕、○○に住んでいるんだ!一番おいしいレストランに連れてってあげるよ!」と速攻デートに誘われたりもしました。

上記のように、オーストラリアでは、スーパーなどで店員と客が話すのが普通です。電車やバスで隣に乗り合わせた人とも普通に話し込んだりしますので、その延長線上で(?)ナンパするのが日常茶飯事でした。

 

人数も気にしない?!

彼らはそんな調子ですので、私が日本人の女友達と2人で公園でのんびりしている時、レストランで食事をしている時…いつ何時でも話しかけられました(笑)

しかも、こっちは女友達と2人であっちは1人なのに、強気でナンパしてきます。「君たち!今から遊びに行こうよ!」的なノリでグイグイきます。

日本だとさすがに人数が合わないとあまりナンパはしてこないと思いますが、あっちは違いました。人数などお構いなしに、ガンガン声を掛けてきます。「算数できねぇのかよ…」と思いながらも、その強気な姿勢は嫌いじゃなかったです(笑)

日本の草食系男子相手だと、まずはLINEでやり取りして、それからようやく食事に誘われて、何度か食事しても何も言われなくて「で、私たち、一体何なわけ?!」というもどがしさを感じたことは、多くの人があるのではないでしょうか?

一方、オーストラリアではそんなことは一度もありませんでした(笑)むしろ展開が早すぎてとまどうくらいでしたね。

 

何歳でも現役?

最後に、オーストラリア人男性でしたら、「何歳でも現役」です。私から見たらおじいちゃんくらいの歳の人でも、普通にナンパしてきます(笑)

ワーホリ中のとある日に、レストランを経営してるおじいちゃんに「うちのレストランで食事しなよー」って誘われたので、お言葉に甘えて一緒に楽しくお食事をしたことがありました。

その後、「車で家まで送ってあげる~。でも汗かいちゃったから、シャワーだけ浴びさせて~。」と言われ、「う~ん?まぁこの歳なら大丈夫だろう。」なんてタカを括り、ホイホイ部屋について行った私が愚かでした…

さすがのゲスライターTAEでも書けないようなことを言われる羽目になりました。その上、基本的に外国人ってホンット日本人と比べて押しが強いので、「NO!」という事の大切さを肌で感じました(ちなみに貞操は守りました)。

それ以来、「おじいちゃんだからと言って安心できない!」という事を学び、気を付けるようにしました(笑)

しかしながら、強引なことさえしなければ、何歳でも元気っていうのはTAE個人的には良いことだと思ってます。日本ではセックスレスって言葉も流行ってますし、頻度も世界最低レベルですし。

まあ多ければいいってもんでもないと思いますが、日本ももうちょっと元気な人が増えてもいいのかな~とは思いましたね(笑)

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

TAE

カテゴリ一覧

内容について連絡する

TAE

FRONの漫画書きました!オーストラリアにワーホリで2年在住してた恋愛系ゲスライター。大好物は、ケーキとイケメン。昔トライアスロンやってましたが、今の趣味は漫画を描くことです。FRONのイベントスタッフもやってます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!