日本人と外国人の違い?コミュニケーションスタイルはどう違う? | FRON [フロン]

日本人と外国人の違い?コミュニケーションスタイルはどう違う?

こんにちは!恋愛系ゲスライターのTAEです。

今回は恋愛に限らず、一般的な外国人(主に欧米)と日本人のコミュニケーションスタイルの違いについて書いていこうと思います♪

これから海外に留学やワーホリをする方や、とにかく外国人の友達が欲しいという人には、知っておいて損はない情報となること間違いなしですので、ぜひぜひチェックしてみてください★

それでは、さっそくレッツゴー♪

 

日本人と外国人のコミュニケーションスタイルの違い

私がオーストラリアに住んでいた時に、しょっちゅう思ったのは「外国人(特に欧米圏)って、自分の意見をハッキリ言うなあ!」というものでした。

一般的に欧米圏の外国人は「私はこう思う」「私は、こうしたい」と、自分の主張が実にハッキリしています。私も日本では自己主張がかなり強い方だと認識していたのですが、ヨーロピアンの彼・彼女らと比べたら、全然そんなことない…(笑)

「私も日本人なんだな〜」と、しみじみ感じたものです。基本的に、「相手の気持ちを察する」という、日本人が幼少期から修練を重ねて会得する技術に頼るというよりは、実際に言葉に出してコミュニケーションを取るスタイルが西洋では普通のようです。

 

海外で「どっちでもいい」「なんでもいい」は通用しない?

これを人生で初めて実感したのは、私が初めての海外(ドイツ)に行って、そこで出会ったスペイン人3人と意気投合してパブに行った時です(シチュエーション細かい)。

パブに着いたものの、ぶっちゃけそこのパブがちょっとイマイチだったんですよね。。それでしばらくそこにいたんですが、微妙は空気は打破できず…そのうち、その空気に耐えきれなくなった一人が「ねぇ、ちょっと次の場所行かない?TAEはどう思う?」って聞いてきたんです。

私はその時、つい日本のいつものクセで「どっちでもいいよ」って言っちゃったんです。そしたら、「は?だから、ここに留まりたいのか?、次の場所に行きたいのかって聞いてんだけど?」と心底ビックリした顔をされて、聞きかえされちゃったんです。

その時が初めての海外旅行だったTAEだったのですが、「これが『外国人はハッキリものを言う』ってやつかー!!」と実体験と共に腑に落ちました。「みんなハッキリものを言うから、『どうしたいのか?』、しっかり自分の意見を言わなきゃダメなんだ」と思いました。

 

日本人の尊重する文化は、外国人と話す時は要注意

日本では、自分の気持ちよりも、相手の気持ちを尊重することが「美しい」とされている風潮があります。

ですので、「どうしたい?」と聞かれても、まずは「あなた次第でいいよ〜」とか「なんでもいいよ〜」と答えてしまうことも多いかと思います(偏見ですが、特に女性)。

もちろんそれは、自分の意見よりも相手の意見をリスペクトしたいという、相手への思いやりから来ているものですので、一概に悪いものとも言えないと思います。ですが、外国人と話す時には要注意です。

相手は「あなたの意見」を聞いている訳ですから、正直に自分の意見を言った方が、スムーズに事が進むことも多いです。特に日本の文化を理解していない外国人と話す時に、あんまり自分の意見を言わないと「この人は何を考えているのか分からない」と、不思議がられてしまいます。

これはどちらのコミュニケーションスタイルが良い悪いという話ではなく、「単なる文化の違い」ですので、あらかじめそのような文化の違いがあるということは認識しておきましょう。

 

とはいえ、外国人にはバッサリ言っちゃって大丈夫なの?

日本人には、自分の意見をハッキリと口に出すことが苦手な人も多いかと思います。

そのため、留学で外国に来たからと言って、いきなり「自分の意見を言いましょう」と言われても、「角が立ってしまわないかなぁ?」「相手の気分を害してしまうかも…?」などと、とまどってしまう方も多いと思います。

ですが、ワーホリでオーストラリアに住んだことのあるTAEの印象では、ハッキリ言っちゃって大丈夫だと思います。全然問題ないですし、むしろその方が良いです。

なぜなら、「それはあなたの意見」「これは私の意見」と、海外の人々は「しっかり線引きができる人」が多いからです。

日本のような「みんな同じだよね」ではなくて、海外では「みんな違う意見を持ってるよね」というのが基本的に根底にあります。ですので、相手と違う意見を言ったとしても、「ああ、あなたはそう思うんだ」ぐらいで、大した問題にはならないです。

もちろんそもそもタブーの話題(宗教や政治など)はありますが、相手に意見を求められた際に「何でもいい〜」と答えている方が、「いやいや、あなたの意見を聞いてるんだよ!」とムッとされてしまうこともあるかと思いますので、お気をつけください(笑)

 

海外で適応できるのは、日本では社会不適合な人?

ここからは、TAEのかなり乱暴な意見になりますが(笑)、オーストラリアで2年間、多くの日本人のワーホリを見てきました。

そこで思ったのは、現地に溶け込んでローカルの友達たくさん作って、かなり充実したワーホリを送ってる日本人はみんな、「日本では異端児扱いだろうな…」って人ばかりでした(笑)

彼女らは、「ホントに日本人??」というくらい、とにかく自己主張が強いです。自分の意思が強いですし、それを超ウルトラはっきり口に出して言います。日本人のお家芸である「空気を読む」なんてことも、一切しないです。

相手の気持ちを「読む」んじゃなくて「直接聞いてくる」感じです。とても面白い性格の持ち主なことが多いので、「日本でやっていけてたの?」と聞くと、たいてい「日本だと、生きづらかった…」と言ってました。

「私は普通に聞いてるだけなのに、日本人ってその場では『なんでもないよ』って絶対言わなくて、あとでネチネチ言ってくる」などの社会不適合あるあるな不満を聞いて、TAEも首がもげそうになるほど同意したのは良い思い出です(笑)

特に私の友人で、オーストラリア人男性と結婚した友達は、旦那の両親と同居する時に、両親に直接こう言ったそうです。「私は外国人だから、英語も完璧ではないし文化も違うので、勝手が良く分からない。だから、何か嫌な事があったら、旦那を介さずに私にハッキリと伝えて欲しい。言ってもらわなければ分からないから。」と。

それを聞いた時には、「さすがやな」と尊敬しましたね(笑)ここまで風通し良く、ハッキリみんながちゃんと言いたいこと言い合えば、日本でよくある「姑vs.嫁戦争」もなくなるのでは?なんて思っちゃいました。

 

外国人の自己主張が強いスタイルでは、困る時

さて、ここまで「自分の意見をハッキリ言う、外国の文化は素敵」風に書いてきましたが、もちろん負の側面もあります。

これも、TAEの実体験を踏まえて書きますねが、ここまで文章を読んでくださっている「ゲスライターTAEのDEEPファン」の皆さまならお気づきのことでしょうが、私も日本では個が強すぎて、学校の先生に親が何度呼び出されたか分からないくらい、立派な社会不適合者でした(え)。

ですので、私のような人にとっては、西洋が持つ「自分の意見を主張する文化」は、とても気持ちが良かったんです。ですけど、そのせいでとてもめんどくさい事態に遭遇したこともありました。

私が、オーストラリアのシェアハウスに住んでいた時のことです。オーナーが家を数日空けている最中に、新しく入居してきたカップルがいたんです。

普段は当然オーナーが部屋の割り振りをしていたのですが、その時は不在でした。すでに住んでいるメンバーの誰一人として新しい人たちが来るなんて聞いてなかったので、「え!この2人はどの部屋に住まわせたらいいのよ?!」となってしまったのです。

この話し合い…相当難航しました(;´・ω・) というのも、みんながみんな、好き勝手なことを言うからです。

 

好き勝手主張する外国人と、調和を大事にする日本人

外国人Aちゃん:「TAEの部屋に入ってもらえばいいんじゃない?ほら、TAEはいま一人部屋じゃない!」

TAE:「え、いや…カップルと同じ部屋とか気まずくて無理…あ、Cも一人部屋じゃん!私がCの部屋に行けば、カップルは二人で一部屋使えるし、いいんじゃない?」

外国人Cちゃん:「え~どうしてTAEが移動しなくちゃいけないの?ほら、TAEは先輩なんだから移動する必要ないよ。カップルは離れに入ってもらえばいいんじゃない?」

外国人Dくん:「おいおい!離れは、次は俺が狙ってたんだぞ!ムチャ言うなよ!」

という感じで、誰ひとり一歩も引かず、全く決まらなかったんですね(笑)

さすがのTAEも「これでは埒があかん」と、途中から日本人脳を発動させて話をまとめようとしたのですが、いかんせん主張が強いみなさんです、一歩も譲ろうとしないんですよね。

「お前ら、それらしいこと言ってるけど、結局自分の利権守りたいだけやろ!」って感じでした。そしてこの時初めて、私は日本人の性格が恋しくなりましたね。

もうホントに心の底から「ああ!こんな時、全員日本人だったら絶対『えーどうするー?』『私の部屋でもいいよー』『えー悪いよう〜私の部屋でもいいよぉ〜』」という譲り合い&協調性の精神を爆発させるだろうになと思いました。

この時ばかりは、自分のメリットばかり主張してくる外国人の彼らがめんどくさい…と思いましたね(笑)

 

終わりに…

以上、自分の意見をあまり言わない日本人と、自分の主張をガンガン前面に出していく外国人のコミュニケーションスタイルの違いについてでした!(もちろん、個人差はあります。)

日本人の礼儀正しいところや謙虚さは、私も素晴らしいと思っていますが、それはあくまで日本の文化。特に外国に行って、現地の人と話をする時は、いつもよりもハッキリと言わないと、コミュニケーションがスムーズにいかないかもしれません。

日本人がハッキリと意見を言わないのは、相手の気持ちを慮ってのことだとは思うのですが、それも度が過ぎると、外国人にとっては心の壁のように感じてしまうようです。以前の国際ガールズトークでもそのように言われちゃいました。

ですので欧米圏の人と話す時はいつもよりオープンに話すくらいでちょうど良いのですが、そうしたさじ加減もこうした文章からだけでは伝わり辛いと思います。

でも、安心して下さい!みなさんにはFRONがあります(笑)FRONの国際交流イベントでは、毎回多くの外国人の方が参加されるので、今回のことを検証するのにピッタリです★

ぜひ実際に外国人と話してみて、「ああ…TAEさんの言う通りや!ホンマに外国人ってオープンに話すな!」っていうのを体感しにきてください♪

世界には何十億もの人がいますから、日本人だけと話すなんてもったいない!違う国の人の、全く新しい価値観などを聞くと、自分の世界が広がって、とっても楽しいですよ。

私も外国人の彼・彼女らと話していて、「ああ、最近の自分の考え方は凝り固まっていたな~」なんて気付きを得たりしますから♪

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

外国人のリアルな声が盛りだくさん♪ TAEの外国人インタビューたちはこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

TAE

カテゴリ一覧

内容について連絡する

TAE

FRONの漫画書きました!オーストラリアにワーホリで2年在住してた恋愛系ゲスライター。大好物は、ケーキとイケメン。昔トライアスロンやってましたが、今の趣味は漫画を描くことです。FRONのイベントスタッフもやってます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!