オーストラリアの英語は訛りが強いって本当?留学先として不安な方に朗報! | FRON [フロン]

オーストラリアの英語は訛りが強いって本当?留学先として不安な方に朗報!

こんにちは!英語系ゲスライターのTAEです!

英語学習をしていると、よく「アメリカ英語」とか「イギリス英語」とか、「その国ならではの英語」があるような表現をよく聞きますよね?

私はワーホリでオーストラリアに2年間滞在していましたので、今回は「オーストラリアの英語って訛りが強いの?」「留学先として避けた方が良いの?」などについてお伝えします!

オーストラリアへのワーホリや留学を検討されている人の参考になればと思います♪

 

オーストラリア英語は訛りが強いから、留学先としては避けた方が良い?

よく「オーストラリア英語は訛りが強い」って言いますよね。

なので留学やワーホリを検討している際に、「オーストラリア訛りの英語になっちゃったら困る…」と、心配される人も少なくないようです。そんな人に、実際にオーストラリアに2年いたTAEから朗報です♪

「そんなにおまえの耳がいいわけねーだろ、過信してんじゃねーよボケ」

はい、オーストラリアに行ったからと言って、オーストラリア訛りの英語になることは、まずないです!ですので、それを懸念してオーストラリアを留学候補先から外す必要は全くないと思います。

 

大人になってから完璧にアクセントを吸収するのは、ほぼ不可能

一般的に、第二言語を母国語並みに習得できるのは、12-13歳までと言われています。

それ以降に言語の学習を始めても、よっぽどセンスがある人を除いては、第一言語のアクセントが、第二言語に影響を与えてしまうんですね。

例えば、中国人が日本語を話してても、「あ、あの人、中国人っぽいな〜」と私たちは分かりますし、英語圏の人の日本語も、「あの人、イングリッシュスピーカーっぽいな〜」と分かりませんか?要は、それです。

その証拠に、TAEがワーホリでオーストラリアに行った時にも多くの日本人に会いましたが、「オーストラリア英語」を話す人には一人も出会いませんでした(笑)

みんながみんな、一人残らず立派な「ジャパニーズイングリッシュ(インターナショナルイングリッシュ?)」を話していましたよ(笑)もちろん、私もそうです♪

 

どんなに日本語が上手な外国人でも…

あんまりピンと来ない人のために更に例を挙げるとしたら、自分の身近にいる外国人で、子供の時から日本にいる外国人以外で、一番日本語を上手に話す人を一人思い浮かべてください。TVで見る芸能人でも良いです。

…想像しました?その人はペラペラに日本語話しますよね?でも、やっぱりアクセントが残ってませんか?

所詮「外国人の話す日本語」「外国人にしては日本語うまいな」、その程度ではないですか?(言い方悪くてすみません)

そうなんですよ!日本に何十年住んでようが、どんなに日本語が上手かろうが、やっぱりどうしても母国語のアクセントって残ってしまうんです!

今あなたが想像した、自分史上一番日本語が上手な外国人の日本語ですらそうなのですから、ワーホリでオーストラリアに一年やそこらいたくらいで、私たちに「オーストラリア訛りの英語」が身につくことなんて、まーずないです!

 

オーストラリア英語を話せるようになる人なら…

もしそのようなオーストラリア英語がしゃべれるようになったとしたら、その人はよっぽど語学の才能がある人です。

そのような人でしたら、後からいくらでもアメリカ英語なりイギリス英語なりも身につけることができるかと思いますので、逆に問題ないと思います。

私も、渡豪前には少なからず「オーストラリア訛りの英語になっちゃうのかなぁ?」と心配したことはあるのですが、当時の私に物申せるのなら「そんなに甘くねぇから!!」と声を大にして言ってやりたいものですね!

よくよく考えてみると、外国語である英語のアクセントを、そんなに簡単に吸収できるわけがないんです。TAEは東京出身なのですが、私は関西弁ですらどんなに真似して話してみても、関西人には「なんかアクセントちゃうねんなぁ」と言われてしまいます。

日本語という「母国語」なのにですよ?!関西弁ですら、どこまでいっても「エセ関西弁」扱いされちゃうんです。そしたら英語なんて…もはや言うまでもないですよね(笑)

 

オーストラリアも都市部では、訛りは強くない

実際に行ってみれば分かりますが、実はオーストラリアでも、都市部ではあまり訛りは強くありません。

そのことについて、20代のオーストラリア人の友達に聞いてましたが、なんでも若者の間では「あまりにも強いオーストラリアンアクセントはダサイ」と思われているらしく、なるべくそう話さないようにしているらしいです。

私たちがオーストラリアに留学やワーホリで訪れる時は、きっとシドニーやケアンズ、メルボルンなどの都市部がメインになってくるでしょうから、そういった意味でも、あまりアクセントに神経質になることはないのかなと思います。

例えば、オーストラリア英語と言えば「Today」の発音「トゥディ」が「トゥダイ」になるというものは、あまりにも有名な話です。

ですが、実際にオーストラリアに2年住んでいましたが、そんな発音をしてる人にはほとんどお目にかかれなかったです(笑)唯一お会いしたのは、70歳くらいのおじいちゃんです。

 

オーストラリア英語を話す人は、おじいちゃん?

TAEが「セロハンテープって英語でなんて言うの?」というのを、そのおじいちゃんに聞いたことがあるんです。そしたらおじいちゃんが、「sticky tape(スティッキータイプ)だよ」と教えてくれたんですね。

それで、次の日からドヤ顔で若いオーストラリア人の友人(20代)に「スティッキータイプ」と発音していたら、「え?なに?なに?」と聞き返されてしまいました。

「え、〇〇(おじいちゃん)に『スティッキータイプ』って習ったんだから!」と鼻息荒く主張したら、「いや、彼はもうおじいちゃんだからさ…英語が古いんだよ(笑)今はだれもそんな発音しないからさ…(笑)」と言われてしまいました。

そうです、「スティッキーイプ」ではなく、普通に「スティッキーープ」って発音するらしいです…(´;ω;`)

同じくらい有名な「ゲダイメイト」という表現ですが、これも現地人が実際に言ってるのを聞けたことはなかったですね…これはあれですね、「日本人は毎日寿司食べてる」というのと同じレベルの勘違いと言っても良いでしょう。

そんなコテコテのオーストラリアンENGLISHは誰も使ってなかったです。もしかしたらどこかにいるのかもしれませんが、少なくともTAEのワーホリ生活2年間では発見できませんでした。

ですので、そんなに「オーストラリア訛り」については過敏にならなくてもいいんじゃないかなぁと思います。

 

終わりに…

以上が、TAEの「オーストラリアに行ったら、オーストラリア訛りの英語になっちゃうのかなぁ?」と悩める仔羊たちへのファイナルアンサーでした♪

スーパー端的に言うと、「ぜってージャパニーズアクセントが残る(勝つ)から、安心して☆彡」ってことです。

母国語が第二言語に与える影響は、想像を遥かに凌駕します。オーストラリア人並みにアクセントを吸収することなんてまずないですので、安心してオーストラリアに飛び込んで行ってください。

なぜTAEがこの記事を書こうかと思ったかというと、個人的にオーストラリアが大好きだからです。温暖な気候と同じくらい、温厚な人たち。

せかせかした東京の喧騒から離れ、オーストラリアのリラックスした雰囲気に包まれるのは、本当に良い経験になりました。

オーストラリアに関するこの記事にも書きましたが、オーストラリア人は日本人と比べると、本当にのんびりとした人が多くていいですよ。

道に迷ってたり、何か困ってるときに頼ると、必ず助けてくれますし。人が本当に親切です。TAEはオーストラリアに2年住んでいましたが、「オーストラリア最高~♪ひゃっほおおい!!⊂(*´ω`*)⊃」って感じでした(語彙力の無さ…(笑))

 

オーストラリアの訛りだけで除外しないで!

なので、「オーストラリアの訛りが嫌だから」っていう理由だけで、留学やワーホリの候補から外してほしくない!って思ったんです。それだけの理由で除外するなんて、あまりにももったいないです!

TAEの意見としては、どこの国にワーホリor留学するか決めるときに、あまりアクセントは気にしなくていいと思っています(多分習得できないと思います)。

それよりも、どこの国のことを考えていると「心がワクワクするか」「胸がときめくか」そういう、自分のハートからの声に従ったほうが、よっぽどいいですよ♪ 自分の心は、自分にとっての最高の答えを知っていますからね(*^▽^*)

さーて、こんなに長いTAEの記事を、最後まで舐めずり回すように読破した読者様はきっと、英語への好奇心が人一倍お有りなのだと思います。なので、そんな方は是非、FRONの英会話イベントや国際交流イベントに遊びに来てください☆彡

毎回様々な国の方が参加されてますので、英語の練習もできますし、友達作りにもピッタリです♪

TAEはワーホリから帰国してきて、わりとすぐにFRONを知ったのですが、最初は「え!日本なのに、こんなに簡単に外国人に会えちゃうんだ!知らなかった!」ってビックリしちゃいました。

ワーホリ前に知ってたら、絶対にワーホリ前の英語の準備運動に参加してたと思いますね!それくらい、リアルで実践的な英会話の練習ができちゃいますよ!

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

TAE

カテゴリ一覧

内容について連絡する

TAE

FRONの漫画書きました!オーストラリアにワーホリで2年在住してた恋愛系ゲスライター。大好物は、ケーキとイケメン。昔トライアスロンやってましたが、今の趣味は漫画を描くことです。FRONのイベントスタッフもやってます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!