TOEICの点数が上がらない?スコアアップに必要なのは〇〇! | FRON [フロン]

TOEICの点数が上がらない?スコアアップに必要なのは〇〇!

こんにちは!ライターのKOHARUです。

「TOEICの点数が伸び悩んでいる…」「英語をずっと勉強しているのに、中々話せるようにもならない…」そんな悩みを持っている英語学習者は多いのではないでしょうか。

勉強しているのに英語力が伸びないという人には、もしかすると英語に対する「しつこさ」が足りないのかもしれません。

「しつこく勉強するというのはどういうことなのか?」、私の英語学習の実体験を交えながら、おすすめの英語の勉強方法(単語・文法・リスニング)やTOEICの対策方法、おすすめの参考書一覧をご紹介します。

 

アメリカ留学で気づいた「しつこさ」の重要性

私は大学時代、長期休暇を利用して語学研修のため1ヶ月間アメリカに行ったことがあります。海外に行くのはそれが初めてでしたが、その当時、私は英語にはそれなりに自信があったので、これまでに学んだ英語を実際に使って、さらに英語力を伸ばそうと意気込んでいました。

ところが、現地では学校で学んだ綺麗な英語ではなく、現地の独特の訛りやスラングが混ざった生きた英語が話されていました。そのため、英語を聞き取ることも話すこともあまりできず、最初は不安だらけの状態でアメリカでの生活が始まりました。

しかし、嘆いてばかりではせっかく1ヶ月も生きた英語に触れられる機会を無駄にしてしまいます。そこで、とにかく分からないなりに英語を使ってみようと思い立ったのです。

 

何度も繰り返すことで英語力は伸びる!

滞在していた寮にはカフェがあり、学生の多くはそういったカフェや売店で朝食を買うか、あるいはカフェテリアで朝食を食べていました。私は毎朝、寮のカフェでサンドイッチとホットチョコレートを注文し続けました。

休日以外ほぼ毎日通って同じものを注文するうちに、最初は店員さんに3回くらい聞き返さないと分からなかったのが、少しずつ一度で聞き取れるようになっていきました。

店員さんも、最初は「このアジア人、毎朝来て毎朝同じものを注文するな」と思っていたかもしれませんが、しつこく通ってスムーズに注文ができるようになると、店員さんの表情も和らいでいき、英会話を楽しみながら一日をスタートさせることができるようになりました。

このようにしつこくカフェに通い続けて英語での注文を練習し続けたおかげで、その後どの国に行ってもレストランやカフェ、ホテルの受付などでの英会話で困ることはなくなりました。

この経験を経て私が辿りついたのが「しつこい」学習方法です。

最初はできなくても、何度も繰り返すうちにどんどんできるようになっていくのは、英語でも同じです。色々な英語学習方法を試してもなかなか結果が出ずに悩んでいる人は、まず一つの方法でしつこく勉強してみるのがオススメです。

 

具体的な「しつこい」英語の勉強方法とおすすめの参考書

まず、TOEICのスコアが中々アップしない方の中には、一度解いた問題集や一通り読み終わった参考書を、その後捨ててしまったりしている人はいませんか?実はそれはとてももったいないことです。

「しつこい」英語学習方法では、同じ教材を何度も使って学習することに意味があります。ここでは、①英単語、②英文法、③リスニング、それぞれのしつこい勉強方法をお伝えし、最後に④TOEICの対策方法についてお伝えします。

 

1. 英単語のしつこい勉強方法

【新形式問題対応/CD-ROM付】 改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 600

例えば「単語帳」に関しては、一度通して読んで練習しても、覚えていない単語や熟語は少なからずあるものです。

全ての単語や熟語を覚えるには、何度もしつこく読んで聞くことで覚えるのが、一番の近道です。本がくたびれるまで、何度でも聞いて読んで音読することで、語彙力を強化できます。

そういった意味で『キクタン』シリーズの英単語テキストは、音声を使った耳と口での単語学習ができるので学習を続けやすく、とてもオススメです。キクタンシリーズは、レベルや目的別に色々なキクタンがあるため、受験勉強やTOEIC対策など、自分に合ったテキストを選ぶこともできます。

 

2. 英文法のしつこい勉強方法

改訂版 毎日1分 TOEIC TEST英単語600点クリア

英語の文法学習も、基本的には単語学習と同じで、一度使った教材を何度も読むと忘れにくくなります。

一度覚えた文法でも、使わなければ忘れてしまいます。忘れないうちに、繰り返し何度も読んで練習問題などで使うことで、記憶に定着させられます。

文法学習は地道に続けようとすると根気が必要なので、1日短時間ずつ続けられるテキストを選ぶのがオススメです。例えば、TOEIC対策であれば『改訂版 毎日1分 TOEIC TEST英単語600点クリア』シリーズがオススメです。こちらもスコア別になっていますので、目指すスコアに合わせて選ぶことができます。

 

3. リスニングのしつこい勉強方法

[CD付]決定版 英語シャドーイング【改訂新版】

リスニング学習では、同じ内容の音声を使って様々な方法で練習をすると、英語耳を鍛えることができます。様々な方法とは、例えば下記の方法があります。

1. オーバーラッピング(英文を読みながら音声を聞いて音読すること)
2. シャドーイング(音声を聞きながら音声に少し遅れて音読してついていくこと)
3. ディクテーション(聞き取った音声を書き取ること)
4. リピーティング(音声を聞いた後で音読すること)

このように、一つの英文でも様々な方法でしつこく学習することで、正しい発音を耳と口で覚えることができ、英語を聞き取る力を伸ばすことができます。また、間違えて覚えていた発音を覚え直すこともでき、英会話の練習にもなります。

こうした繰り返し学習はどのリスニングテキストでも行えますが、シャドーイングなどの学習方法に最初から対応している教材を選ぶとより続けやすくなります。

例えば、シャドーイングに特化した教材でしたら『[CD付]決定版 英語シャドーイング【改訂新版】』などがおすすめですので、良ければ参考にしてみて下さい。

 

4. TOEICの対策方法

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

問題集に関しても、同じ問題を気にせず何度も解きましょう。

英文を覚えるくらいに繰り返して解くことで、文章の構成や語彙の知識を付けることができます。一度解いて間違えた問題の解説を読み、その後も何度も同じ順序の学習を続けることで、「分かったつもり」になってしまうことを防げます。

問題集に関して言えば、どの教材を選んでも、繰り返し学習の続けやすさに大きな違いはありません。注意しなければいけないのは、書き込みタイプの教材であっても、答えをテキストに書き込んではいけないということです。

答えをテキストに書いてしまうと、繰り返しの学習ができなくなってしまうからです。問題集を解くときは、ノートに答えを書くようにするのがおすすめです。

TOEIC対策の教材に関しては、『TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6 (TOEIC TEST 特急シリーズ)』などの『TOEIC TEST特急シリーズ』は、サイズがコンパクトで持ち運びしやすく、スマートフォンにも対応しているため、繰り返し学習がしやすくなっています。

ただし、「この教材は自分には合わないな」と思う教材で繰り返し学習するのは、ストレスになりますし勉強も捗らないので、その場合は他の自分に合った教材を別に購入するのがおすすめです。

 

「しつこさ」は英語習得の鍵!

以上になりますが、私もアメリカで何度も同じカフェに通い、同じ食べ物を注文していた時、最初は英語がうまく話せないことや聞き取れないことに悔しい思いをしました。

ですが、しつこく続けるうちに、どんどん英語を話せるようになっていきました。

普段の英語学習も、最初は中々分からなくて悔しい思いをするかもしれません。ですが、しつこく続けるうちに、結果はきっとついてきます。しつこく楽しく勉強を続け、英語の力を伸ばしていきましょう!

また、勉強に疲れた時はFRONの英会話イベントにも遊びに来てみて下さいね。

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

KOHARU

英語学習が趣味の英語オタクです。 海外旅行や外国の食べ物が好き。でも和食が一番好き。 今一番行ってみたい国はスウェーデンです。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!