韓国語能力検定(TOPIK)の対策!聞き取り・読解・書き取り別の勉強法を徹底解説! | FRON [フロン]

韓国語能力検定(TOPIK)の対策!聞き取り・読解・書き取り別の勉強法を徹底解説!

こんにちは、ライターのpomです。

韓国教育財団が行っている「韓国語能力検定」、通称「TOPIK」は、韓国語を勉強している人や韓国で働きたいと思っている人には良く知られている試験ですね。

TOPIKはⅠ(1~2級)とⅡ(3~6級)に分かれていて少々複雑ですが、ちゃんと対策をすれば良い点数が確実にとれる試験です。

そこで今回は、①聞き取り、②読解、③書き取りの項目ごとのTOPIKの対策方法や、TOPIK対策でのおすすめ参考書をご紹介します。

 

1. 聞き取り対策

listening

まず、聞き取りのパートは読み取りのパートとは違い、聞いて分からなくても音声はどんどん進んでいってしまいます。

ですので、単語と単語のみでも大体の内容が理解できる状態なのであれば、最初は文法にはこだわり過ぎず、全体の意味の把握に努めた方が良いです。

家で勉強している時には、聞いて分からなかった単語をメモして後で調べたり、解答に載っている答えをじっくり読みこんみ、自分が聞き取れない単語がどのようなものかを知っていくことが必要になります。

なお、試験中は時間が経つにつれて、単調な音声でついつい眠くなってしまうこともありますので、その点は一番注意しなければならないです。

試験直前には毎日たくさんの睡眠を取っておくことや、試験の日であれば、直前にコーヒーを飲んだり、様々な工夫で聞き取りのパートは元気に乗り切りましょう!

ちなみに、聞き取りの練習として、試験とは直接は関係がないですが、韓国語の映画や音楽で音声に慣れることもできます。映画であれば、字幕をつけることもできますし、映像があるので理解しやすいです。

映画に関しては、好きこそものの上手なれと言うように、好きな俳優さんがでているドラマを見ることが一番楽しく勉強ができると思いますが、個人的には日本の民放でも放送されている「トンイ」や「宮廷女官チャングムの誓い 」といった時代劇、「太陽の末裔」という2016年に韓国で流行ったものなどがおすすめです。

なお、音楽に関しては、音の高さやリズムに合うようにイントネーションが変わっていたりもしますので、注意が必要ではあります。

 

2. 読解対策

korean exams

続いて、読解の対策としては、模擬試験や練習問題を解き、できなかったものを復習するのはもちろん大切です。

ですが、読解の場合は聞き取り試験とは違って、自分のペースで読み進めることができるため、時間を意識していないと、後になって困ることがよくあります。

そこで読解のペースを上げるために有効なのが、普段から韓国語の文章を読む習慣をつけること、終わりの時間を意識しながら韓国語の文章を読むことです。

例えば、本を韓国語で読んでみる、電車の中のスキマ時間に韓国語でネットニュースを読んでみる、などがお勧めの方法です。最近では、意味が分からない韓国語の単語をクリックすると、その場で意味が表示されるニュースサイトなどもあります。

いずれにせよ、自分の興味のある分野のもので、短いものから始めると長続きしやすいです。

 

3. 書き取り対策(TOPIK Ⅱのみ)

korean writing

最後に書き取りに関しては、韓国語で文章を書くことに慣れていない人は特に対策が必要です。まずは書き取りの練習問題を解いてみることから始めます。

例えば何か書きたいも文章があれば、それを日本語でメモしておいて、後で韓国語で調べながら書いてみるなどしてみるのもおすすめです。

単語も文法も、自分の中にしみこむほど知っていなければ、使うことはできません。書き取りは3項目の中で1番難しいですが、自分が韓国語の何を知っていて何を知っていないかを判別する良いアウトプットの練習にはなります。

但し、書きっぱなしでは上達はしませんので、韓国人のランゲージエクスチェンジパートナーなど、誰かに添削してもらう必要があります。その過程を経る事によって、自分が良く間違う韓国語の文法に気づくこともできます。

ちなみにFRONでは定期的に東京で「日韓交流会」を開催しておりますので、韓国人の言語交換相手を見つけるのにも最適ですよ!

 

TOPIKのおすすめ参考書

韓国語能力試験TOPIK I 初級完全対策

なお、TOPIK対策としては、韓国語評価研究所の「韓国語能力試験TOPIK I 初級完全対策」や「韓国語能力試験TOPIK II 中・上級完全対策」、 HANA韓国語教育研究会から出ている参考書などがお勧めです。

初級・中上級などレベル別の対策や、作文の対策などもできます。

 

まとめ

time

全ての項目において言えることですが、時間配分に気を付けることが重要です。模擬試験をする時や問題集を解く時、普段の勉強時から、時間を制限したり終了時間を意識するといった癖をつけることがポイントです。

また、単語や文法はどの項目においても使われますので、集中的に勉強するべきです。ある1つの単語が分からないだけで問題の意味が分からなかったり、選択肢が選べないというのは、ちょっともったいないですよね。

韓国語の単語は毎日コツコツと覚えたり、文法は週に何日か復習するなどの工夫が必要です。模擬試験も定期的に行うことによって、自分自身の弱点があぶり出される良い機会ですので、ぜひ怖がらずに何度か受けてみてください。

資格試験はコツコツが重要ですよ!

東京で韓国人の友達を作れる、今後のFRON日韓交流会一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

pom

カテゴリ一覧

内容について連絡する

pom

子供時代を多くの外国人と一緒に過ごしたことから
日本にいながら多言語習得や海外文化について詳しくなりました、
pomです。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!