留学後の海外かぶれな人がやりがちな痛〜い行動5選!あるあるだけど、あなたは大丈夫? | FRON [フロン]

留学後の海外かぶれな人がやりがちな痛〜い行動5選!あるあるだけど、あなたは大丈夫?

みなさん、こんにちはFRONライターのpuri_hです。

ずっと行きたかった憧れの海外留学に行き、色んな壁を乗り越えて視野が広がったと思っている人も、実際に多いのではないでしょうか?留学の経験を経て、次の目標は見つかりましたか??

今回はそんな留学経験者のみなさんにこそっとお伝えしたい、側から見るとやりがちな海外かぶれの痛い行動をご紹介します。

あまりに度がすぎると、下手をすると友人を失ってしまうことにもなりかねませんので、ぜひ気をつけてくださいね。それではさぁ、みなさんも一緒にチェックしていきましょう!

 

1. とりあえず、インスタグラムで余韻に浸る

「#takemeback」のハッシュタグとともに投稿される、思い出の写真…

はい、はっきり言って周りはもううんざりです(笑)確かにあなたにとっては人生におけるビックイベントだったかもしれませんが、それを日本で見せびらかす必要は特段ありませんので、自分の胸にそっとしまっておくのが無難です。

また、その写真とともに投稿される中学英語並みのセンチメンタルメッセージ…

こちらも結構周りから見ると痛い場合が多いですので、特段そのような投稿はおすすめしません。共感できる友人とだけシェアしておきましょう。

 

2. 「日本語を忘れる」or「英単語をそのまま使う」

続いての海外かぶれあるあるですが、「あれ?これ日本語でなんて言うんだっけ?」というやつです。

いやいやいや…たった数ヶ月、人によっては数週間だけ滞在していた海外で、何十年も使ってきた日本語を忘れるって…留学してその日に覚えた「英語」は、次の日には忘れてるでしょう?

ですので、周りから見るとかなり不自然です。

もしくは、日本語の会話の中に「英単語をそのまま使ってしまう」パターンも見受けられます。確かに、英語にしか表現できない単語や、英語の方がしっくりくる言い回しもあります。

ですが、留学に行く前は普通に日本語で全て話していた人が、留学から帰ってきていきなり英単語がぽこぽこ会話の中に出てくるようになっていたら、まさに側から見ると、かぶれてる痛い人決定です。

 

3. 日本のことを悪く言う

続いて、海外に出て、色んな価値観や文化などを見てくると、自分のこれまでの価値観が変わったりして、日本について不満に思うこともあるかもしれません。

ただ、それをそのまま、特に留学経験や海外経験のない日本人の友達に聞かせる必要はないかもしれません。

もちろん本人は日本について悪く言っているつもりなどなくて、単純に日本と海外との違いを説明したり、日本と比べた海外の良いところを言っているだけかもしれません。

ですが、あなたが留学直後の場合はかぶれてる認定をされやすいかと思いますので、この点は気をつけてください。

 

4. たった数週間住んでいただけで、帰国子女気取り

留学生活が楽しかった場合は、特に留学先に愛着が湧くもんですよね!

ですが、だからといって「留学先をまるで自分の地元のように語る人」って、正直めんどくさくないですか?

「サンフランシスコの人は本当、誰にでも優しくてっさ〜」(…サンフランシスコって何州か知ってるのかな?)や、「カナダのサーモン食べちゃうと、日本の鮭は食べられないよ〜」(…二度と鮭おにぎり食べるなよ?)などなど、挙げればキリがありません。

もちろん、何十年と住まれていた方なら分かります(何十年と住まれている方の場合は、逆にそのような発言はされない場合が多いとは思いますが…)。

たった数週間海外に滞在していただけで、全てを分かった気になって語ると、周りからは海外かぶれ認定される可能性が高まりますので、注意が必要です。

 

5. ちょっとした話題を、何でも留学と絡めたがる

最後に、とりあえず「留学」と絡めたいあるあるをご紹介します。これも当人は無意識の場合が多いですが、例えばこのようなシチュエーションが想定されます。

あなたが友達とアイスを食べに行った時、「このアイスめっちゃ美味しいね!」で終われば良いのですが、「あぁ、これ向こうでよく食べてたジェラートの味がする〜!!」などと、全くこちらが共感できない発言をしてしまうパターンです。

そんなことを言われても、一緒に留学していた仲でもない限り全然共感はできませんので、こちら側としてはなんと返したら良いのか分からないことが多数です。

この他にも大学生などで想定されるシチュエーションとしては、「レポート多すぎ〜手伝って〜!」と誰かから相談された時に、「え?レポートってほんと意味ないと思う!向こうでは、ディスカッションで評価されるんだよ!」などと返してくるパターンです。

ここ、日本だよ…?それで、手伝ってくれるの?手伝ってくれないの…??

 

海外かぶれに関するまとめ

以上、海外かぶれあるあるシリーズでしたが、いかがだったでしょうか?

海外留学経験のある「あなた」にも、当たりのあることが、ちょっとはあったのではないでしょうか?

三ヶ月後に留学熱が冷め、当時を思い返して恥ずかしくならないように、日本人の友人と話す時には気をつけておくと良いかもしれませんね。

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

puri_h

旅行と海が大好き!ゆる〜いけれど一歩踏み込んだ話届けます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!