短期留学のデメリットとメリットは?ぶっちゃけ短期留学に期待しない方が良いこと | FRON [フロン]

短期留学のデメリットとメリットは?ぶっちゃけ短期留学に期待しない方が良いこと

みなさん、こんにちはFRONライターのpuri_hです。

今回は社会人であればちょっとした長期休暇に行ったり、大学生であれば夏休みや冬休みを利用して行ったりする「短期留学」のメリットとデメリットを経験者の目線でお伝えします。

短期留学に行く前に知っておいて欲しいことや、短期留学における注意点などもご紹介したいと思います。ですが、もちろん短期留学で得られる貴重な経験もたくさんありますので、ぜひ落ち込まないで見ていってください。

 

短期留学のデメリットには何があるの?

デメリット①:英語のスピーキング力は上がりにくい

まず一つ目の大きなデメリットは、短期留学しても英語を流暢に喋れるようになる訳ではないという点です。

語学の成長は「日々の積み重ね」につきます。人にもよりますが、相手の英語をフレーズできちんと捉えられるようになったり、英語が口から自然に出てくるようになるまでは、少なくとも3か月〜6ヶ月以上の留学が一般的には必要だと言われています。

ですので、数週間や1ヶ月の短期留学で、語学力(特にスピーキング力)が劇的に進歩するとは思わない方が良いでしょう。

事前に何も英語のスピーキングの訓練をせずに、いきなり日本語が通じない環境に置かれても、下手をすると「ただ何も喋れない人」で終わってしまう危険性もあります。

そうならないためにも、日本で単語力を増やしておくことや、基本的な文法を状況に応じて素早く使いこなせるようにしておくことが大切です。

 

デメリット②:外国人の友達を作るのが簡単ではない

二つ目のデメリットは外国人の友達作りについてです。

外国人の友達を作りたいと思って留学する人も多いと思うのですが、実はこれは結構難しいです。すでにかなり英語を話せる人であれば別ですが、言葉も満足に通じない海外という慣れない環境で、外国人の友達作りをするのは労力がいります。

短期留学する人の出会いの場といえば、語学学校やホームステイ先などになりますが、あなたが休みを利用して留学しているように、その時期の語学学校は、あなたと同じような日本人の生徒で溢れかえっている場合が非常に多いのです。

そして、これは日本人だけに限らないかもしれませんが、特にアジア人などは、授業の時間以外は同じ国出身の人同士で固まってしまっていることも多いです。ですので、自ら積極的に動いていかないと、中々外国人の友達は作りづらいです。

また、語学学校の場合は、特にネティブスピーカーとの接点も少ないです。語学学校でネイティブ・スピーカーは、「先生」や「スタッフ」だけということが往々にしてありますので、現地の人と交流する機会は思っていたよりも少ないことが多いです。

 

留学に来ている日本人とも友達になるのがおすすめ

ちなみに、留学に来ている日本人と話さない方が良いかというと、全くそんな必要はないと思います。あえて日本人を避けて行動する必要はなく、留学に来ている日本人とも友達になることを強くお勧めします。

「え、せっかく海外に行くのに?」と思うかもしれませんが、そこで出会う日本人は、あなたと同じように語学や海外に強い興味を持っている人で、日本にいても実はなかなか出会うことができない人々である可能性が高いのです。

色々と留学先がある中で、同じ目的地を選んでいる訳ですから、その時点ですでに共通点があります。そん中、いつもと違う環境で一緒に試練を乗り越えた思い出は、かけがえのないものになるはずです。

いずれにせよ、特に短期留学の場合は、思っているよりも外国人との接点も少なくなってしまいますので、自分から積極的に話しかけたりすることが大切です。

 

デメリット③:海外生活が思いの外ストレスになる場合もある

最後に、「海外で何週間も生活できるなんて夢のようだ」と思っている人にお伝えしておきたいのですが、海外生活はそんなに良いことばかりでもないですし、甘くもないということです。

旅行と違って、その国に短期間であれ住まなくてはなりませんので、大変なこともいっぱいあります。行く国にもよりますが、まずは日本食が恋しくなってきます(笑)こちらは留学生の永遠の悩みかもしれません(笑)

他にも、交通機関が正確でなかったり、旅行と違って節約しなくてはいけない生活になってしまうこともありますので、これらも全て気づかない間にストレスとなって溜まって行くこともありますので、この点も注意しておいた方が良いでしょう。

 

短期留学のメリットは?

ここまで色々とデメリットをお伝えして来ましたが、もちろん短期留学にはたくさんメリットもあります。

まず、短期留学で流暢に英語を話せるようにはならなくても、英語のリスニング力が上がることは十分ありますので、これが短期留学の一番大きなメリットかもしれません。また、外国人と話すことに抵抗が無くなる場合も多いです。

さらに、帰国後も含めて、英語学習のモチベーションUPにつながります。

実際に現地に行き、外国人に英語を話してみたら全然通じなかったり、もしくはその逆で意外となんとかなったりと、英語学習において何かしらの気づきや発見があるはずです。自分の英語の苦手なところがわかったりもしますので、帰国後にその勉強を始めたりすることもできます。

また、海外の現地生活や異文化を体験して視野が広がったり、現地の観光を時間をとってゆっくりできたりする点もメリットと言えるでしょう。

 

短期留学前にしておいた方が良いこと

数週間〜1ヶ月の短期留学を充実したものにできるかどうかは、あなたの行動にかかっています。

長期留学であれば友人も増えていく可能性は高いと思いますが、単に短期留学しただけで外国人の友人ができる訳ではありませんし、現地の人と交流を楽しめる訳でもありません。

ですので、短期留学に行く前から、何かしらの「短期留学の目的」を決めておいた方が良いでしょう。それは英語を積極的に話すことでも良いと思いますし、外国人の友人を作ることなどでも良いかと思います。

大学院などの長期留学と比べ、短期留学は「職業上の経歴にあまりプラスにはならない」ことも多いかと思いますので、留学費用が抑えられる一方で、その「コストパフォーマンス」が良くなるかどうかはあなた次第です。

 

短期留学に関するまとめ

以上、いかがだったでしょうか?

短期留学のメリットやデメリットについてや、短期留学に期待しない方が良いこと、事前に準備しておいた方が良いことなどをお伝えしました。

このように短期留学にはデメリットや期待できない部分もありますが、短期間であれ「留学」の経験は、きっとあなたにとってかけがえのないものになると思いますし、その短期留学を生かすも殺すも結局は自分次第ではあります。

この記事が留学を検討している方に少しでも役に立ったら嬉しいです。FRONのイベントにも毎回留学経験者の方にもご参加いただいておりますので、ぜひ日本人参加者同士でもいろんな話をしてみてくださいね。

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

puri_h

旅行と海が大好き!ゆる〜いけれど一歩踏み込んだ話届けます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!