国際結婚して大変なことは?!国際結婚でぶち当たる壁をご紹介! | FRON [フロン]

国際結婚して大変なことは?!国際結婚でぶち当たる壁をご紹介!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dです!

涼しくなったかと思えば暑くなったり、なんだか変なお天気ですね。風邪を引かないように気をつけてくださいね!

今日は、国際結婚してからよく聞かれること「国際結婚して大変なことってなに?」の質問にお答えしようと思います!

国際結婚といえども、大変なことはみんな同じではありません。しかし「あーうちも」とうなづくようなことも多くあります。

 

1. 宗教問題

これはよくある話しです。世界には様々宗教があり、その戒律を守る人は多くいます。宗教の違いなんて関係ない!と思いたいですが、それは後々いろんな問題を引き起こしたりもするのです。

国際結婚した夫婦の中には、改宗する人もいます。それくらい、結婚した後は同じ宗教の方が便利なことが出てくるのです。

例えば、子どもができた場合です。仏教の場合は関係ないですが、カトリックは洗礼を受けます。その時に、「宗教はどちらにするのか?」と揉める夫婦もいるのです。

宗教によっては、様々なしきたりや習わしがあったりもするので、はじめは気にならないことも、結婚して一緒に暮らしていくことで、ちょっとずつ疑問に思ったりやりづらくなることもあります。

私たち夫婦の場合、夫はカトリック、私は仏教。しかし、私は改宗していませんので、夫婦宗教がバラバラです。夫とは結婚する時に話し合いをし、お互い宗教が違ってもそれぞれ生まれたときからの宗教を大切にしようという決まりになっているからです。

私たちの間に子どもが産まれた場合は、宗教を選択してもらうということも決めています。宗教については、結婚することが決まった時点でよーく話し合った方がいいですよ。

 

2. 食生活問題

和食、おいしいですよね。海外に行くと、私の場合は日本食のすばらしさをいつも感じます。

しかし、中には日本食が食べられない外国人も多くいます。例えば、魚を生で食べることが怖いと思う人もいます。主食がパンという国もありますし、米ばかりが食べられない人もいるのです。

生まれ育って食べてきたものと違うものを日々食べるというのは、結構辛いものです。日本人同士だって、味噌汁の味噌や卵焼きの甘さ辛さ加減にこだわる人もいます。国際結婚して、食が変わったという夫婦も結構いるようです。

うちの夫は、和食大好きで、納豆もめかぶもとろろもなんでも大好きなので大助かりです(笑)実際に生活を始めて食が合わないと、これもはじめは我慢できたとしても、日々のことなので段々と苦痛になってしまうこともあるかもしれません。

 

3. 家族に会う頻度と金銭的問題

どちらかの国に住んだ場合、どちらかの家族に会うことはそう頻繁にはできませんし、国内を移動するよりも遙かにお金もかかってしまいます。

私たち夫婦は日本に住んでいながらも、家族とは他県に住んでいますし、ハンガリーに帰るのも今のところ年に一度です。結構実家に帰るというのが難しくなってしまうのが、国際結婚の一番の問題かもしれません。

家族や友達となかなか会えないのは寂しいですよね。また、子どもができたらさらに移動が大変になります!しっかりと貯金して、毎年せめて一度は帰国したいですね。

 

4. 就職問題

以前の外国人の就活事情の記事でもお伝えしたことがありますが、就職活動はかなり大変です。なので、就職や仕事の問題は非常に重要です。

仕事が見つからないと喧嘩も起きますし、焦りますよね。生活していかなければならないですし、これからの未来がかかっています。

日本に住みたかったのに、日本で仕事先を見つけることができず、結局相手の国に移り住んだという国際夫婦もいます。ですけども、移り住めるならまだ良い方です。

例えば、現地の言葉が話せない場合、現地で仕事を探すのはより一層難しくなるでしょう。「海外に住む」というのはちょっと憧れたりもしますが、実際はとても大変のようです。

相手の国に馴染むことができればいいですが、そうでない場合は日々が辛くなってしまいます。国際結婚しても、夫婦バラバラに別々の国に住むなんてこともあるかもしれません。

また、日本に住むことになった場合でも、相手が日本の社会になじめないと、仕事をして生活していたとしても、突然「国に帰りたい」と言い出すことも十分あり得ます。

ですので、夫婦で日々、しっかりと話し合いをし、将来の計画を立てることが重要です。

 

あとがき

これ以外にも、子どもがいれば「育児の仕方」や「教育の違い」に関して苦労する人もいるでしょうし、日本同様、「姑問題」を抱えることもあります。相手の家族と同居する場合、日本人同士でさえ大変なのに、国が違うことでさらに大変ということもあるかもしれません。

私が国際結婚して特に大変だと思ったことは、今のところは「里帰り問題」と「仕事の問題」が大きいです。今後子どもが生まれたりすると、別の問題にぶち当たるかもしれません。

国際結婚は今時は珍しいことではありませんが、「国際離婚」も実はとても多いのです。。その理由は様々だと思いますが、上記に挙げたことが原因だったりすることもあります。

ですので、相手を思いやる気持ちを大切に、国際結婚して長続きする夫婦が今後も増えてくれることを願っています!

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚3年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!