海外のインターナショナルスクール事情!マレーシアのクアラルンプールの学校の様子は? | FRON [フロン]

海外のインターナショナルスクール事情!マレーシアのクアラルンプールの学校の様子は?

こんにちは。マレーシア在住ライターのパンダンです。

家族で海外に移住していると直面するのが「学校」の選択肢です。子どもが通う、あるいは本人や家族が通うなど、さまざまなパターンがあるかと思います。

マレーシアで教育を考える場合、在住者や日本からの留学希望者からここ近年注目を集めているのが「インターナショナルスクール」です。

そこで今回はクアラルンプール市内のインターナショナルスクール事情などについて、実際に子どもを通わせている視点でお伝えしようかと思います。

 

クアラルンプールのインターナショナルスクールの概要

現在クアラルンプール市内及び近郊だけでも、30校近いインターナショナルスクール(以下インター)があると言われています。

一言でインターと言っても、採用している教育システムから費用・規模・教師の質までそれぞれ異なりますので、一概には比較できません。

教育システムに関しては「アメリカ」「イギリス」「カナダ」「フランス」「オーストラリア」「ドイツ」など、国によっても異なります。ですので、高校3年まで通う場合は、高校卒業後の進学までを視野に学校を選ぶ必要があります。

例えば、大学に進学することを前提に考えるにしても、マレーシア国内だけでなく、欧米などの海外や日本も進学先の検討に入ります。

そしてそれぞれで入学に必要な資格や条件は異なりますので、事前に将来的なことも考えて選ぶ必要があるのです。

 

インターナショナルスクールの費用や特色

マレーシアのインターの気になる年間の学費ですが、調べた範囲では日本円にして「50万円〜250万円(RM1=25円で計算)」と、学校によってかなりの開きがありました。

ちなみにこれは学費のみで、その他に出願料や入学金をはじめ、通学のスクールバス(保護者送迎、保護者グループで送迎するカープールなどの選択肢もあり)、制服、給食やカフェ、イベント、デジタルデバイス代などなど、さまざまな諸経費がプラスされます。

また「教師の構成」についても異なります。

インターの中でもマレー系(モスリム)、中華系、インド系、またはアジア圏、あるいは欧米の本国から教師を招聘していることが多い学校などの差があります。

もちろん後者の欧米の本国から教師を招聘しているインターの方が、その分学費が高くなる傾向にあります。生徒の構成もローカル系インターはマレーシア人(マレー系、中華系、インド系)が多いようです。

 

インターナショナルスクールの雰囲気を知る方法

上記にあげた理由により、一言でインターと言っても千差万別です。インターの雰囲気を知るのに一番良い方法は、「オープンデー(Open Day)」に参加する方方法です。

そしてちょっと厳しい話ですが、長期滞在でクアラルンプールに住み、インターに通う場合、保護者もある程度英語ができないと困る場面もあるかもしれません。

「説明を聞く」あるいは「質問をする」など、ある程度の英語でのコミュニケーション力が必要だからです。まれに少しだけ日本語ができる担当者がいる学校もありましたが、これはレアケースかと思います。

現地でタクシーやレンタカーでオープンデーに見学に行くのはハードルが高いかな?と思われる方は、見学のアポやツアーなどをアレンジする日系や日本人の業者もいくつかあるようですので、そちらを利用しても良いかもしれません。

また、インターを探すには「口コミなどで判断する」ということもできますが、最終的な判断は結局自分になります。ですので、実際にインターのオープンスクールで学校の雰囲気を知ることが重要かと思います。

 

学校説明会にあたる「オープンスクール」の参加方法

日本でも私学を受験する場合、学校説明会や進学相談会が事前に行われると思います。それにあたるのが、オープンスクールと呼ばれる「学校見学会(学校内見ツアー)」です。

なお、オープンスクールの日程が合わなかった学校は、自分でアポをとれば個別に対応して頂いたりもしましたが、まずは第一希望のインターのオープンスクールを中心に、日程を組むとよいでしょう。

さらに「学校の雰囲気を知る」という意味でも、同時期にオープンスクールをしているインターもぜひ見学することをおすすめします。なお、大半の学校の対応は当然ながら英語(場合によっては中国語、マレー語など)となります。

 

インターナショナルスクールの見学の際にあると便利なもの

ちなみにインターを見学に参加するにあたり、あると便利なもののリストが以下となります。

・emailアドレス:オープンスクール予約や今後の情報などをもらうのに必要。他のメールと区別するため新しく専用アカウント取得をおすすめです。

・スマホや携帯&連絡先電話番号(メッセージの受信に必要):オープンスクールで写真撮影、メモ、録音など。また連絡先電話番号は必須です。

・パスポート、パスポートのコピー、マレーシアのパスポートサイズの写真:IDとしてだけではなく、希望する学年の定員などの関係ですぐにでも仮申し込みをしたい場合に必要です。

・エコバッグ:学校からのパンフレットや資料などを配布されるため。

・市内地図(できたら):おおまかな場所の把握といくつか回る場合、効率などを考えるため広域のものが便利ですが、ホテルなどでもらったもので代用可能です。

 

インターナショナルスクールに実際に話を聞きに行ってきた

ここからは「オープンスクール」とあわせて「個別の見学」についてもお伝えしますが、あくまでも一例であり、私の個人の印象、感想となることを了承いただければと思います。

 

オープンスクールの体験談

土曜日開催。予約が不要だったので、当日参加。まずは入り口で必要事項を書いてエントリー。そこで学校資料などを受け取る。100人ほどが入る視聴覚室で、まずは学校についての英語で説明。

学費が高めの新興高級住宅街にあるせいか、この時に参加していた保護者層は中華系、インド系の富裕層が多めの印象。また入学希望生徒は幼稚園から小学校低学年ぐらい。

イギリス系でカリキュラムのIGCSE(イギリス義務教育終了資格の評価)の成果を中心に、教師の質、生徒の割合など一般的な説明と質疑応答をしたあと、学校内の設備などを教師などに案内されてツアー。リフレッシュメントと称して、軽食とドリンクの提供もありました。

英語サポートクラスは有料とのことでした。

 

個別の見学の体験談

イギリス系の小規模インターを平日に訪問。アドミニストレーション(運営管理)の女性スタッフが全て英語で対応。個別の見学だったせいか質問があったら対応という形でした。

授業中の生徒のじゃまにならないように、校内を見学。生徒数は少なめで1クラス15-18人。学費が中程度のため、ローカルの中華系、インド系、モスリム系が中心の生徒構成。男子生徒が多めとのことでした。

数学やIT教育に力を入れているようで、ITC専用の教室には(おそらく)最新のパソコンがずらり。行事やイベントは少なめでしたが、数学オリンピックなどのコンペティションに生徒を参加させたりと、勉強の比重が多い印象でした。

全校で日本人(含む日系)で5名程度とのことで、英語サポートクラスは無料(※実は学費がやや安いインターは勉強に力を入れていることが多いと、あとから聞きました)。

 

マレーシアのインターナショナルスクール見学を終えて

このような形でいくつかのインターのオープンスクールに参加したり、個別見学をさせていただきました。その中で思ったのは、数は少なくとも「マレーシアのインターナショナルスクール」の雰囲気を実際に見てみる重要性です。

見学中に教師が挨拶をしてくれるなど、各校のちょっとした対応などからうかがい知れる雰囲気があると思います。また、最終的には「通う本人の直感と相性」が重要なようです。

マレーシアのインターナショナルスクールの選び方については次回お伝えします。

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

パンダン

暑いところが大嫌いだったはずが、住んでみたらマレーシアの南国独特の時間の流れにすっかりはまったビール好きライター。なじみすぎていると家族からも指摘される日々。ビーチで夕日を見ながら一杯!が至福の時間。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!