国際恋愛の悩みは尽きない?!乗り越えるべき5つの壁と解決法! | FRON [フロン]

国際恋愛の悩みは尽きない?!乗り越えるべき5つの壁と解決法!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dです!

私たち夫婦は国際恋愛を乗り越え、結婚しました。ですが、思い返せば恋愛中はいろんな悩みがありました。恋愛に悩みや不安はつきもの。これは国際恋愛に限ったことではありません。

ですが、国際恋愛を経験したことがない周りに経験者もいない、そんな時ほど不安になりますよね。

今日は、国際恋愛を経て結婚した先輩たちや、今まさに国際恋愛中の方々から聞いたアンケートを元にして、そして私自身の経験も交えて、国際恋愛の悩みと解決に導くきっかけになるようなお話をしたいと思います!

 

1. 言葉を乗り越える

国際恋愛や国際結婚をされた方の多くが、付き合い始めたころから言葉の壁や意思の疎通について悩んだことがあるようです。言葉の壁は、乗り越えるのが大変です。

もちろん、相手の言葉がネイティブレベルだったり、相手が日本語ペラペラだったりしたら話は別です。

ですが、そうではない場合、細かなニュアンスを相手に伝えることができなかったり、またはこちらが細かいニュアンスを受け取ることができずに、関係がぎくしゃくしてしまうこともあります。

ただし、そういった悩みは国際恋愛によくあることで、お互いが踏み寄れるかどうかが、今後の関係を決めるといっても過言ではありません。

些細な努力が積み重なって信頼を得るのと同じで、些細なことが別れに繋がることも、国際恋愛に関しては結構あるのです。お互いの言葉を、お互いが勉強できると一番いいですね。私も今、ハンガリー語を勉強中です!

 

2. 国を乗り越える

国によって、いろんな文化やルールがあります。相手の国に住むことも将来的にはあるかもしれませんので、相手の国の事情をよく理解しておくことをお勧めします。

国が違えば社会的なシステム法律政治など、いろんなことが日本とは違ってきます。当然、相手も日本のことを理解できるか?、相手も日本を好きかどうか?なども大切なことです。

ここで重要なのは、相手の国を無理に好きになろうとしないことです。自分が自然に受け入れられるかどうかを、しっかりと見極めてください。

相手の国が好きかどうかは、結婚後にかなり重要なことになります。一緒に里帰りすることもあるでしょうし、例えば相手の国の文化が理解できずに拒否してしまった場合、自分自身を拒絶されているような思いを抱くこともあります。

ですので、この点については、一度しっかりと向き合って考えてみるのも良いかもしれません。

 

3. 遠距離を乗り越える

「遠距離」の問題は、国際恋愛と切っても切れない結びつきがありますよね。国内の遠距離でも辛いのに、それが海を越え、国を越え、そう簡単に会える距離ではないと、よけいに辛いものです。

「相手の外国人が日本で仕事をしていたが、ふとしたことから国に帰ることになった」などの理由で別れを選ぶ国際恋愛カップルもいるくらい、遠距離恋愛は辛いのです。

遠距離恋愛中にうまくいかず、お互い気持ちが離れていってしまうということもあります。恋愛はひとりではできません。遠距離の時ほど相手のことを思いやり、そして相手の行動をよく見てください。

 

4. 家族や周囲の人たちを乗り越える

国際恋愛や国際結婚は今やそう珍しいことではありませんが、中には快く思わない人もいます。周囲の人間であれば、個人のことなので無視して問題ありません。

しかし、それが自分の両親であったり、相手の両親であった場合、ふたりにとってはとても辛いものです。ここで諦めてしまうことも、もしかしたらあるかもしれません。そうして「別れ」を選択してしまうカップルも当然います。

ですが、自分の好きになった人を、両親にも理解してもらいたいですよね。国際恋愛といえ、ひとりの人間です。どんな人なのか、じっくり知ってもらいましょう。

まずは「外国人」というイメージを引き剥がすことが肝心です。実際に「外国人なんて・・・」と理解してくれなかった家族が、相手の性格などを知って、最終的には国際結婚に納得してくれたというケースも多くあります。

 

5. 将来の不安を乗り越える

これまで育ってきた国が違う故に、将来のことを考えると不安になることもあります。誰だって、恋愛したら将来のことを考えますよね。

ですが、あまりに育ってきた環境が違いすぎると、私たちは大丈夫なんだろうか・・・と拭いきれない不安がつきまといます。これを乗り越えるには、やはり相手とじっくり話し合うことです。

相手と話さないことで、余計にその不安は大きくなります。恋愛中こそ、将来のことを話し合ってみるべきです。相手と今後どうなるのか?、もし結婚したらどんな感じにしたいのか?、これは国際恋愛に限らず、重要なことです。

そして、その不安をずっと時限爆弾のように抱え込まないよう、相手に思い切って打ち明けてみましょう。もしかすると将来のことを真剣に考えたいのは、あなたも相手も同じかもしれません。

 

あとがき

そのほかにも、金銭的な考え方の違いタトゥーを簡単に入れてしまうこと悩んだり…というお話も聞きました。

国際恋愛や国際結婚をした人たちは、様々な悩みや問題を乗り越えていることが今回アンケ―トに答えていただき、私自身の経験を含めてよくわかりました。その結果、夫婦やカップルの絆も強く見えます。

国際恋愛において、こうしたら必ずうまくいく!という絶対的な方法は、ありません。もしあったなら、誰もが知りたいですよね。

ですが、それを乗り越えた人たちの方法をもとに、自分たちならこうしたら乗り越えられるかも?、というのを見つけ出すしかありません。

国際恋愛に悩んでいる方は、怖がらず、ちょっとでも解決できるかもと思ったことは試して実践してみてください!

日本にいながら世界中に友達が作れる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚3年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!