気になる?!国際結婚カップルのプロポーズ事情!国際結婚前に考えること | FRON [フロン]

気になる?!国際結婚カップルのプロポーズ事情!国際結婚前に考えること

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dです!

突然ですが皆さん、国際結婚した人に聞いてみたいことありませんか?それってズバリ、どんなプロポーズを受けたのか?ではないでしょうか。

実際に今国際恋愛中で、そろそろプロポーズされる気がする。

プロポーズしてほしいけど、なかなかその言葉がない。

国際結婚したカップルのプロポーズって、ロマンチックな気がする!

だから、知りたい!という方が多いと思います。

今回は、実際に国際結婚をした私を含めて様々な国際結婚者に聞いたプロポーズに関してと、国際結婚前に考えておくべきことなどについてお話しします。

そして「結婚したい!」方必見の、これがプロポーズに繋がったかも…?というお話しも含めてお伝えします!

 

1. 王道?跪いてのプロポーズ!

Aさん:プロポーズは「膝をついて手を取られて」という定番なものを数回してもらったのですが、断り続けたので…それで最後に私が折れた時は、友人たちの前でお姫様だっこをされてプロポーズされました。

Bさん:付き合った記念日に手紙をもらい、読み上げて欲しいと言われて読み進めていくと、手紙が不自然に終わっていました。不思議に思っていたら、彼が跪いて「Will you marry me?(結婚してくれますか?)」と聞かれました。

なんて素敵!!跪いてのプロポーズは、女子の憧れですよね!お姫様だっこされちゃうのも、憧れちゃいますね!

実際に外国人の旦那さんからこんなプロポーズを受けている方もいらっしゃるみたいですね。

 

2. あれ?プロポーズは・・・?

Cさん:すでに結婚を前提だったので…それでウチの親に挨拶をするという時点で、すでに結婚となっていたので「言葉なし」です(笑)

Dさん:自宅でプロポーズされましたが、本当はもっとロマンティックなものを期待していました…

日本でもよくありますよね(笑)「気づいたら結婚していた」とか、「お互いの両親に結婚の挨拶」がプロポーズだったとか、「もっとロマンティックなものを期待していたが意外とあっさりだった」とか…(笑)

実は、私たち夫婦もこっち派でした。夫はまだ日本で仕事が決まっていなかったので、話し合って結婚を決めたあと、ふたりでめちゃくちゃ安い指輪を買って、その夜に「僕たちの結婚は普通の結婚より大変になるだろうけど、でも、結婚してくれますか?」と言われた気がします(笑)

あまりに安い指輪だったため、夫の母に「結婚指輪だけはちゃんとしたものを買いなさい!」と怒られたそうです(笑)

 

3. プロポーズされたい!そんな時に考えること

まず、結婚する時に考えるべき重要なことは、以下の3つだと思います。

① 相手の国が好きかどうか?
② 言葉はどうか?
③ 将来のお金はどうか?

私たちは③がちょっと危うかったですが、「一緒に乗り越えたい!」という思いが強かったです。お金は生活をするために、どうしても切り離せないものです。愛だけでは食べていけませんからね。

当たり前のことですが、二人が自分たちの国である程度貯金してから結婚するという手もあります。ですが、どうしてもその前に結婚したい場合は、かなりの覚悟がいります。私たちも覚悟の上での結婚でした。

 

4. プロポーズされたい!結婚したい!と思うあなたへ

上記のようなポイントを踏まえて、彼からプロポーズされたい時にするべきことは何でしょうか?

ズバリお伝えすると、ありません。結婚を決めるポイントはそれぞれ違いますので、「これをこうすれば、彼から確実にプロポーズされるでしょう」という方法はないのです。

ですが、今回様々な国際結婚経験者の方からお話を伺った方や私を含めて思うのは、付き合った当初から双方の家族が結婚を望んでいたふたりが結婚を考えていて付き合い始めたということが関係しているようです。

家族が初めから結婚を待ち遠しく思ってくれている人ほど、結婚に至るまでの時間が短いということも分かりました。この人と結婚するかもしれない、そんなことをビビビと感じた方も多くいらっしゃいました。

それでも、強いて結婚する方法の一つを挙げるとしたら、お互いに未来の生活をイメージできるようになるかどうか?、だと思います。というのも、結婚は「生活」です。

プロポーズがどんなにサプライズで素敵だったとしても、結婚式を大勢で豪華にしたとしても、その後はふたりの長い人生が続くのです。

その間に子供が生まれて家族が増えるかもしれませんし、良いこともあれば悪いことも起きるかもしれません。「この人となら大丈夫」「乗り越えられる」、そんな風に思えるかどうかが大事です。

ですので、付き合っている相手に「将来のふたりの生活をイメージさせられるような場面」を作り出したら、もしかするとプロポーズがやってくるかもしれません。

 

あとがき

プロポーズの瞬間って、女の子は小さい頃から憧れるものですよね。

その瞬間は、きっとどんなものでも、ふたりにとって大切な思い出になると思います。私は自分が想像していた理想のプロポーズとは違いましたが、今でも大切な思い出です。

そしてもっと大切なのは“今”です。今一緒にいてひとつ屋根の下で暮らせていることが、遠距離国際恋愛を乗り越えて一番かみしめる幸せだと思います。

国際恋愛の経験者も参加する、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちら♪

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?