マレーシア留学の実際の評判や費用は?経験者が語るマレーシア留学の魅力3つ! | FRON [フロン]

マレーシア留学の実際の評判や費用は?経験者が語るマレーシア留学の魅力3つ!

みなさん、こんにちは!アジア大好きFRONライターのakariです。

今留学先として学生に大注目されている常夏の国「マレーシア」。近年、マレーシアの大学と提携する日本の大学も増加傾向にあり、留学先にマレーシアを選ぶ日本の学生も急増しています。

かくいう筆者も、マレーシアに1年間ほど留学した経験者です。そこで今回は、マレーシア留学経験者だからこそ語ることのできる、マレーシア留学の魅力や費用などについてご紹介いたします。

 

1.「英語+α(アルファ)」の言語習得で一石二鳥?!

まず、留学先を選択する際に、その国で勉強できる「言語」を重視する方も多いのではないでしょうか?

マレーシアは「マレー系、中華系、インド系」で構成される多民族国家のため、公用語のマレー語に加えて、英語、中国語が広く使用されています。そのため、複数の言語を同時平行して勉強し、かつ実際に試せる環境に身を置くことができるのです。

実際に筆者は留学期間が一年間だったため、前期は英語、後期はマレー語という風に、期間を区切って集中的に語学を学習し、欲張りすぎて中途半端にならないよう心がけていました。

また、マレーシアの大学によっては、マレー語の授業が留学生向けに開放されていないこともあり、外部のコースに通っている学生などもいるようです。

ですので、マレーシア留学前には「自分の留学先ではどのような勉強ができるのか?」を事前に下調べしておき、計画的に行動するとよいでしょう。

このようにマレーシアでは複数言語を習得できるチャンスがあるため、マレーシア留学は世界共通語である英語だけではなく、+αでほかの言語を学びたい方にはおすすめです。

 

2. たったこれだけ?!マレーシア留学は費用が安く済む!

続いての魅力は、留学費用の点です。マレーシアの物価は、何と日本の3分の1です(2017年11月時点)。

もちろん学費自体は留学する大学や語学学校によっても異なりますが、生活費が格段に安く済むのは学生とって非常にありがたいお話ですよね。実際に筆者が留学した際の生活費は、以下になります(MYR1=JPY30にて試算)。

1食分(学食・露店など)150円〜300円程度(MYR 5~10程度)

学食や露店などで食事を済ませる場合は、大体日本円で150円〜300円程度でおなかいっぱい食べられます!マレーシアでは飲み物もMYR 1.5~3ほどですので、こちらもリーズナブルです。

1食分(外食・日本料理屋、チェーン店など)日本と同等の値段

外食をする場合は、日本と同等の値段で美味しい料理にありつけます。マレーシア料理に飽きたらぜひ足を運んでみてください。私は生野菜を求めてよくサブウェイに通っていました。

交通費(タクシー)100円程度(基本料金はMYR 3程度)

タクシーの代金も100円程度と日本と比較して非常に安く、気軽にタクシーに乗ることができます。また、タクシーの運転手との交渉次第で、メーターを使わずに事前に決めた金額で目的地まで連れて行ってもらえることもあります。

ただし、特に女性の方で夜に一人で行動する場合は、利用を避けた方が無難かもしれません。マレーシアのタクシー事情についてはこちらのGrabタクシーの記事をご参照ください。

寮費月2~3万円

大学の寮などであれば、月2~3万円ほどが相場です。大学同士の提携内容によっては、寮費がタダになることもあるようです。日本で一人暮らしをする際の家賃や、欧米に留学してシェアルームをした場合などと比較すると、非常に安いです。

なお、お酒や衣類、レストランなどは基本的に日本と同値段ですが、生活のベースとなる費用が安く抑えられることができるため、過ごし方によっては日本で生活するよりも安く済みます。

また、奨学金なども忘れずチェックしておくことをお勧めします。マレーシア留学では返済不要な奨学金など、学生に優しい制度もたくさんありますよ♪

ですので、今では留学はお金がないとできない!という固定概念は、もう通用しません!

 

3. マレーシアはチャレンジしたい人にとても寛容な国

最後に、マレーシアは東南アジア諸国の中でも「親日国家」として有名です。近年、老後を東南アジアなどの物価の安い国で過ごすことを希望する日本人も増えてきています。

そんな中、マレーシアは国を挙げてそのような日本人を積極的に受け入れており、街を歩けば現地に住む日本人を見かけることもしばしばあります。

また、マレーシアは多民族国家のため、英語を話せない人、異文化をもつ人、外国から来た人に対して特別扱いをすることなく寛容です。それらはマレーシア人の国民性の特徴の一つであるとも言えます。

そのような背景がありますので、現地のマレーシア人は、日本から来た学生に対しても非常に親切に接してくれます。例えば、「マレーシアのことを勉強したい!」と言ったからには、自国の文化や歴史、言語について快く教えてくれるでしょう。

どうしても欧米諸国へ留学へ行くと、恥ずかしくて拙い英語を話す勇気が出ず、ついつい英語を話す機会を失ってしまったりすることもあると聞きます。また、場合によってはアジア人であることで差別を受けたりすることもあると聞きますが、マレーシアではそのような心配はありません。

ですので、英語の初心者~中級レベルで、間違ってもいいからとにかくどんどん英語を使って上達させたい!という人には、マレーシアはぜひおすすめしたい留学先です。

 

マレーシア留学に関するまとめ

いかがでしたか?マレーシアでの留学生活に、少しは興味を持っていただけたでしょうか?

留学は自分の人生の方向性に影響するビッグイベントとなること間違いなしです。ぜひ留学前には十分に情報をリサーチして、自分の目的にあった留学先を見つけてください。

留学に行く前に外国人の知り合いを作りたい…!そんな方はFRONの国際交流イベントをチェック♪

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

akari

アジアをこよなく愛する東京在住ライターです。アートや音楽、異文化交流など、誰でも気軽に楽しめる「文化」を通して、何気ない日常が少し豊かになるような記事を粛々と発信していきます♬

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!