国際恋愛の別れで良くあるパターンと復縁するのに大切なポイント | FRON [フロン]

国際恋愛の別れで良くあるパターンと復縁するのに大切なポイント

みなさん、こんにちはFRONライターのpuri_hです。

今回は国際恋愛における良くある別れのパターンや復縁方法をお伝えします。

実は国際結婚したのカップルの約7割が、残念ながら離婚しているという事実を皆さんはご存知でしょうか? この数字からも分かるように、国際恋愛や国際結婚を長続きさせるのはかなり難しいです。

そこで今回は、そんな国際恋愛のカップルに訪れる別れのパターンと、「別れてしまってもやっぱり忘れられない…」という人のために、国際恋愛における復縁のポイントをお伝えしたいと思います。ぜひ、最後まで読んでいってください。

 

国際恋愛の別れのパターン①:遠距離になってしまった

国際恋愛において厄介な問題なのは、とにかく「遠距離恋愛」になってしまうことです。

いくら通信やインターネットが発達して、毎日電話ができる時代になったとはいえ、大好きな人と会えない日が続くのは辛いものです。よくある国際恋愛の別れのパターンは、留学やワーキングホリデーの期間が終わり、どちらかが自分の国に帰らなくてはいけなくなった時です。

「最初から遠距離になるくらいなら…」と別れを決断するパターンか、「遠距離でも大丈夫!」と思い関係を続けたものの、しばらくしてから結局破局してしまうパターンです。

遠距離になってから別れるパターンですと、最後の時に直接会って話ができないのが辛いです。特に、片方は必死に遠距離の寂しさに耐えていたのに、ある日突然、相手の気持ちが冷めてしまって、一方的に電話やメールで別れを切り出されるのはなかなか辛いものです。。

 

国際恋愛の別れのパターン②:実はそんなに好きじゃなかった

このような国際恋愛の別れのパターンは、「とりあえず外国人と付き合ってみたい!」みたいに考えている人に多いパターンです。

「華やかなルックスに情熱的な愛情表現もあるし、外国人と付き合えば言語も上達するし一石二鳥!」なんて思っている人は、要注意です。いざ、恋人関係になってみると大変なことばっかりです。しばらくしてから、「あれ?私、なんでこの人好きだったんだろう??」と気づきます。

留学などで海外に住んでいる時は、言葉も生活環境も慣れないことの連続です。そんな時に優しくしてくれる現地の人がいると、なんとなく惹かれてしまいますよね?

向こうはずっとその国に住んでいますし、その国の言葉が話せるのも当たり前です。外国人としてではなく、相手自身を見ることが大切です。

逆に、外国人の中には「お金を持っているから日本人と付き合いたい」「日本人女性は自分の言いなりにできる」などの理由から、とりあえず日本人と付き合いたいという人もいますので、その点は要注意です。

 

国際恋愛の別れのパターン③:違いを受け入れられなかった

国際恋愛では、違う国や違う文化で育った人を好きになった訳ですから、もちろんお互いに受け入れられなかったり、驚いてしまうような行動の連続です。

例えば自分のベッドの上でお菓子を食べられたり、ラーメンをすすって食べることを禁止されたり、自分の常識が通じないことにイライラしてしまうこともあるかもしれません。それを理解した上で付き合ったつもりでも、結局我慢できなくなってしまい、最終的には別れてしまうカップルが少なくありません。

違う部分を数え出したらきりがありませんので、お互いの共通点に目を向けることが関係を長続きさせる秘訣です。このように色々と別れのパターンはありますが、ここからは一度別れてしまった恋人との復縁方法をお伝えします。

 

そもそも別れの原因がコミュニケーションだったならば…

まず、別れた原因が「コミュニケーションがうまく取れなかった」という理由でしたら、純粋に相手の母国語をきちんと勉強しましょう。

付き合った外国人が日本語の練習中だからといってずっと日本語で話してくれていた場合でも、相手にとってはストレスや負担は相当大きいものになっていたでしょう。

逆に、お互いが母国語ではなく、英語などの共通の第二言語でコミュニケーションを取っていた場合でも、伝わらない細かいニュアンスにイライラが募ってしまうことがあります。

お互いの母国語を少しでも話せることで、心への響き方が違ってきますので、復縁を考えている方で語学力が問題であったならば、まずは相手の母国語を学び直すことをおすすめします。

また、将来的に相手の家族や友達に紹介される時にも、少しでも相手の母国語が話せることは役に立ちます。

 

次に、どこまで相手に合わせられるか?を考えてみる

続いて、国際恋愛の場合、日本人同士だったらなんでもなかった常識や当たり前が通じないことで、気持ちが離れていってしまうことも少なくありません。

そのようなことが原因で別れてしまった時には、「一体自分はどこまで相手に合わせることができるのか?」を、もう一度じっくりと考えてみましょう。他人を変えるのは難しいですが、自分を変えることはできます。

相手の文化を受け入れるために自分が変えなくてはいけないところと、好きな気持ちとを天秤にかけてみましょう。それでも、相手を思う気持ちが勝つなら、復縁のチャンスはあるかもしれません。

逆に「ここはどうしても変えられない」というところがあるのであれば、別れて正解だったのかもしれません。

 

最後に、自立した人間を目指す

最後に、海外の人、特に西洋人などは基本的に「個人主義」という思想に基づいていますので、依存した関係を嫌います。それはたとえ「恋人」という親しい関係にあったとしても、変わりません。

あなたの気持ちが相手に依存していたり、重いと言われて別れてしまった場合には、まずはあなた自身が「自立」することが大切です。自分磨きだったり、キャリアアップをして、彼と付き合っていた時より魅力的な人間になってから再アタックしてみましょう。

「あなたと別れたおかげで自分の時間が増えて充実して生活を送っていたのよ」と言えるくらいの余裕が、相手の気持ちを再燃させるはずです。

 

国際恋愛における別れと復縁のまとめ

以上、いかがだったでしょうか?

国際恋愛における別れの原因と、国際恋愛カップルが復縁するために大切なことをご紹介してみました。この記事が少しでも、あなたの役に立ったら幸いです!

忘れられない恋人がいる人は、まずはこれらを実践してから再アタックしてみてはいかがでしょううか?きっと復縁できる確率が上がるはずです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

puri_h

旅行と海が大好き!ゆる〜いけれど一歩踏み込んだ話届けます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!