旅行や日常会話で使えるスペイン語表現4つ!まずはこれだけ覚えておけば大丈夫! | FRON [フロン]

旅行や日常会話で使えるスペイン語表現4つ!まずはこれだけ覚えておけば大丈夫!

みなさん、こんにちはFRONライターのpuri_hです。

今回はスペイン語の日常会話において、とにかく良く使う表現を4つほど紹介します。スペイン旅行に行かれた際にスペイン語が話せなくても、まずはこの4つだけ覚えておけば大丈夫です!ぜひ、最後まで見ていってください。

 

1. HOLA(オラ)

まず一つ目は”Hola”(オラ)です。これは、英語で言う「Hi」にあたる言葉です。

スペインで人に会った時は、知ってる人でも知らない人でもとにかく「Hola」で乗り切れます。目があった時や話しかけたい時は、笑顔で「Hola!」と言ってみましょう。

最後のlaの発音が日本語のラとは少し異なり、舌を口蓋に押し当てるようにして発音します。

「Hola」の発音の仕方は少し難しいですが、気にしすぎなくても伝わります。

 

2. Todo bien(トド ビエン)

二つ目は”Todo bien?”(トド ビエン)です。

直訳すると「全部大丈夫?」という意味になりますが、英語で言うところの「Everything’s going to be fine?」のような感じになります。

実際、日常的には「大丈夫?」という意味合いよりも、単に相手の調子を尋ねる場合に使います。「元気ですか?」のくだけた言い方です。

もちろん、「Cómo estas?(コモ エスタス)」も「元気ですか?」という意味にはなるのですが、日常的に使われるのは断然「Todo bien(トド ビエン)」です。

例えば、知ってる人に会った時は「Hola」の後に続けて「Todo bien(トド ビエン)」を使うと、会話の広がるきっかけになります。ですがこちらはくだけた表現になりますので、あまり年上の人には使わないほうがベターです。

 

3. Qué interesante(ケ インテレサンテ)

三つ目は”Qué interesante”(ケ インテレサンテ)です。意味は”本当に興味深い”という意味ですが、相手の話の相槌をうつ時に使います。

そんなに興味深い話ではなくてもスペイン語圏の人は良く使いますので、例えば何か新しい情報を得た時に使ったり、あなたの話に興味を持って聞いてますよ、と伝える時などに使えます。

この言葉を知っているだけでネイティヴらしさがぐんと上がりますので、ぜひスペイン語で会話する時は使ってみてください!

 

4. Valé(バレ)

最後に”Valé”(バレ)です。意味は”了解”です。何か言われた時に「理解したよ」「分かったよ」という意思表示をするのに使えます。

海外の人から見て、日本人はあまり意思表示をしないという印象を持たれがちです。頷くだけではなく「Valé」と答えると、コミュニケーションが一気にスムーズになること間違い無しです。

 

良く使うスペイン語のフレーズに関するまとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

スペイン語圏に旅行に行った際にも絶対使えるフレーズを4つほどご紹介しました。どれも、日常的に非常によく使われるフレーズですので、是非スペイン旅行などに行かれる前に覚えておいて、たくさん使ってみてください。

この記事が少しでもみなさんがスペイン旅行を楽しむ、助けになったら嬉しいです。

なお、FRONでは定期的に東京でスペイン語交流会も開催しております。スペイン語を勉強中の方は、ぜひ気軽に足を運んでみてくださいね!

今後のスペイン語のイベント情報を配信する、スペイン語交流会LINEはこちら♪

日本に住んでいるスペイン人も参加する、今後のスペイン語イベント一覧はこちら♪

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

puri_h

旅行と海が大好き!ゆる〜いけれど一歩踏み込んだ話届けます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?