ポルトガルのおすすめ洞窟ビーチ2つ!魅惑の国ポルトガルの魅力とは?(ビーチ編) | FRON [フロン]

ポルトガルのおすすめ洞窟ビーチ2つ!魅惑の国ポルトガルの魅力とは?(ビーチ編)

こんにちは!ライターのEriです。

人と差をつけたい方におすすめな、インスタ映えするフォトジェニックな写真が撮れる場所である「ポルトガル」の魅力に迫る、第二弾はポルトガルのおすすめビーチ編です!

前回の記事ではポルトガルの美しい街並みを持ついくつかの都市をご紹介しましたが、今回は海岸特集です!

ヨーロッパの端の大西洋に面したポルトガルには、それはそれは美しいエメラルドグリーンやディープブルーの海が見られるエリアがいっぱいです。ですが、まだ日本ではそこまで有名ではないため、日本人観光客の多くが都市部の観光だけで終わってるのが現状です。。

ですので!人と被らない場所に行きたい、インスタでみんなをあっと驚かす写真を撮りたいあなた!ぜひポルトガルの美しい海岸をトラベルリストに入れましょう(笑)

それでは今回は雰囲気の全く違うポルトガルの2地方を紹介します!

 

1. ヨーロッパ人を惹きつけてやまないアルガルヴェ地方

もうこの写真だけでいかに美しいかが伝わると思います。

気候は年間を通して15度~30度で、降雨があるのも11月~3月のみという、聞くだけで気候がすばらしい南国アルガルヴェです。

筆者がアルガルヴェに訪れたニューイヤーの時も、リスボンではコートを羽織りマフラーを巻いていたのに対して、薄長袖で暑いくらいという、南国大好き人間にはたまらない場所です。

 

アルガルヴェ地方は、リスボンからはバスか電車で3時間半

リスボンからはバスか電車で3時間半と少々忍耐がいりますが、筆者はコインブラから7時間かけていきました。それでも、その疲れを吹っ飛ばすほどの美しさです。

アルガルヴェ地方にもいくつかビーチがありまして、特に美しいといわれるのは「ラゴス」「サグレス」です。今回の記事に載せている写真はすべて、筆者が行った「ラゴス」のものです。

ラゴスでは海岸沿いを歩くだけでも楽しいですが、おすすめはやはり海に出て景色を見ることができる「電動ボートの個人ツアー」です。

 

電動ボートの個人ツアーを利用するのがおすすめ


(こちらはごくごく普通のアイフォンで加工せずに撮った写真です!)

ボートに乗るとまず感動するのは洞窟の中に光がさしている部分の水の青さです!イタリアの青の洞窟にも負けません。

地元のおじさんたちが個人個人で観光客向けに「ボートツアー」をしており、歩いていけないような海の中の洞窟など、レアな場所に案内してくれます。写真スポットでは止まってくれたり、説明してくれたりもします。

ボートに乗り合いはそれほどなく、自分たちだけの貸し切りで乗せてくれます。値段は最初に言われてコースなどによっても違いますが、個人商売ですので交渉次第で何とでもなります。私の場合は、一緒に行った韓国人の友達が頑張ってくれてました。

ボートに乗ると、砂浜から見るよりもはるかに神秘的な景色が広がっています。

岩々のモニュメントの美しさもラゴスの魅力の一つです。人の手がかかっていない大自然の力を感じます。

 

リゾート地ラゴスの街並みは、さわやかで陽気な雰囲気

ラゴスはリゾート地だけあり、街並みもさわやかで陽気な雰囲気が漂っています。アメリカの西海岸などと雰囲気は似ているかもしれません。

海はもちろん、どこを撮っても絵になるラゴス。名物のシーフードとアーモンドのケーキを食べ、ワインを飲みながら友人とラゴスの夜を過ごすのも至福の時です。

美しくヨーロッパ中の人をひきつけてやまないアルガルヴェ地方。

ぜひみなさんもポルトガルに行った際には、アルガルヴェ地方に足を伸ばしてその雰囲気を味わい、フォトジェニックな写真を撮ってくださいね。

 

2. 切なさあふれる中部の海岸、ナザレ

続いてご紹介するのが、アルガルヴェよりもっと北に行った中部地方の海岸「ナザレ」です。

ここも有名なビーチですが、アルガルヴェのように年中暑いというわけではありません。私が行った11月は、気候自体は暖かいものの、海水浴まではなかなかできないくらいの気候で、それほど観光客が多くなくて落ち着いて過ごせました。

アルガルヴェが「ザ・南国、美しいビーチ、観光地」という感じに対し、ナザレはどこか懐かしいような「落ち着いた海」、タイムスリップしたかのような「少し切なさを感じるヨーロッパの海岸街」という印象でした。

ナザレは海の色がきれいというよりも、海と崖と、白い壁赤い屋根の家々のコントラストが非常に美しい街です。

 

フランス映画の舞台にもなったナザレ

ナザレは「過去をもつ愛情」という、1954年のフランス映画の舞台となった場所です。

タイトルだけでもなんとなくわかるように、切なさと哀愁と美しさが入り混じった、繊細な感情をうまく描写したとても素敵な映画だそうです(筆者もまだ見ていません)。

日本人観光客には、この映画の面影を訪ねてここに来る方も多いそうで、この時代の海外の映画でこれほど影響力を持っているというのも、中々に珍しいと思います。

そしてこの映画では、高台から海を眺めるシーンがとても印象的だと言われています。

 

ナザレの高台から海を眺めるのがおすすめ

その高台には、砂浜のすぐそばからケーブルカーに乗って上ることができ、上から美しい海と街の様子が見渡せます。この辺りには、かわいいお土産屋さんや、おいしいシーフードレストランも並んでいます。

そしてやっぱりヨーロッパですので、ここにもいくつか教会があります。

真っ白な家々と赤い屋根の美しいことと言ったら!

どうですか。写真にピッタリではありませんか。このコントラスト。

私は個人的にはナザレの魅力は「海」というよりも「海岸街の美しさ」だと思っています。

うっとりの絶景ですね。

上から見たときの圧巻な景色を撮るのもおすすめですが、街を歩いている時にその中に溶け込みながら写真を撮るのもおすすめです。

この写真、シンプルながらヨーロッパの田舎町を表したぴったりの写真だと思いませんか。

日本にはないこの景色。パリやローマなどの洗練した都市とも一味違った、古き良きヨーロッパの物語のようなこの景色。私もお気に入りの写真です。

みなさんもぜひ、ナザレののんびりとした街を歩きながら、日常の一コマを撮ってくださいね。周りから「素敵!」と思える一枚が撮れること間違いなしです。

 

ポルトガルのおすすめビーチの最後に…

美しい海とともにある「アルガルヴェ」と「ナザレ」。

それぞれ違う美しさや魅力がありますが、どちらもなかなか他の人が撮れない、人を感動させるフォトジェニックな写真が撮れることは間違いありません。

もちろん、両方とも日常から離れて休暇を取るのにもピッタリの場所です。みなさんはアルガルヴェ派ですか、ナザレ派ですか?

ぜひご自分にあったポルトガルの港町で、素敵な時間を過ごしてくださいね。

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

Eri

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Eri

ポルトガルでの一年間の語学留学、英語圏での短期語学留学、そして30ヵ国近い国を旅している海外大好きOLです。 外国の文化、おすすめの旅行法など、みなさんの役に立つ情報を発信していきます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?