アメリカの大学に入学するには?入学制度ってどんなもの? | FRON [フロン]

アメリカの大学に入学するには?入学制度ってどんなもの?

こんにちは!ライターのEmiです。

アメリカの大学に行きたいけど、入学するためには一体どんなテストがあるんだろう?大学には何を提出したらいいんだろう?と、色々と海外留学前に気になる方もいらっしゃるかと思います。

実は、日本とアメリカでは大学入試の方法も合格基準も異なります。そこで今回は「アメリカの独特な大学入学のシステムや制度」について説明します!

 

日本とアメリカの大学の基本情報と違い

アメリカの大学入試制度を説明する前に、まずは簡単に日本とアメリカの大学の違いを見てみましょう。

日本の大学は4月入学ですが、アメリカの大学では8〜9月の秋入学が基本となっています。学校によっては、1月ごろの冬季の入学も受け付けています。

また、日本では入試の時点で学部を決めるのが普通ですが、アメリカでは入学して1〜2年してから専門の学部を決めるのが主流となっています。

それでは、そんなアメリカの大学入学の基準や、入るためにはどのような準備が必要なのでしょうか?

 

1. アメリカの大学入学には、高校の成績が1番大事

日本の大学入試では、受験日当日のテストの点数で全てが決まりますので、高校時代の成績はほとんど関係ありません。反対に、アメリカの大学の入学基準で最も重要視されるのが、高校の成績です。

アメリカの高校は大体が4年制のため、大学のアドミッション・オフィスは「高校の成績4年分」全てを見ます。日本の成績は5段階評価ですが、アメリカでは「GPA」と呼ばれる4点満点の成績平均値が評価されます。

こちらの「GPA」は高いに越したことはありませんが、高校によって授業の難易度が異なるため、必ずしも高い「GPA」を取る必要はありません。通っている高校で、自分の全力を尽くすことが大切です。

 

2. アメリカの大学では、課外活動も重視される

アメリカの大学に入る際は「成績」が1番重要と言いましたが、成績に加えて「課外活動」も非常に重要視されます。

例えば、部活動やボランティア活動、委員会やアルバイトなど、教室の外でどれほど熱心に根気よく取り組んだか?などが評価の対象となります。

ここで重要なのが、手当たり次第に「課外活動」をやれば良いという訳ではないということです。

例えば、大学で環境について学びたい場合は、ゴミ拾いのボランティアや環境保全の委員会に入るなど、自分が大学で学びたい領域との一貫性がある課外活動などが良いでしょう。

 

3. SATかACTを受験し、スコアを大学に提出する

日本の大学では、センター試験と呼ばれる全国統一の試験があり、それに加えて各大学の学部ごとに、異なる教科の試験が行われるのが一般的です。

一方、アメリカでは、国による全国一斉の試験や学校で行われる試験はありません。生徒は民間の企業によって作られた「SAT」か「ACT」と呼ばれるテストを受験し、そのスコアを希望の大学に提出します。

SAT・ACT共に、リーディング・ライティング・数学が基本の教科となっており、選択で科学や第二外国語などのテストも受けることができます。レベルの高い大学では、複数の選択科目のテストを受けるように求めるところもあります。

また、留学生の場合は、SATやACTの代わりに「TOEFL」や「IELTS」と呼ばれる、英語を母国語としない人のためのテストがあり、それぞれの大学の指示によってそれらのテストスコアを提出します。

 

4. 先生などから「推薦状」をもらう

また、高校時代の成績表やテストのスコアに加えて、先生からの「推薦状」も、大学のアドミッション・オフィスが重要視します。

基本的に推薦状は2通必要で、1通は担当科目の先生、もう1通は部活動の先生というように、違う角度から学生を評価した推薦状を用意できると良いでしょう。

 

5. 大学に自分をアピールする「エッセイ」を提出する

また、「エッセイ」の提出も必要になります。

どれほど希望している大学に入学したいか?、高校でどんなことに取り組んできたか?など、大学に自分の経験や熱意を知ってもらうためのアピールの機会が「エッセイ」になります。

大学のアドミッション・オフィスが、たくさんの志願者の中から大学に来て欲しい生徒を見つける機会でもあるため、ユニークなエピソードを交えて、自分らしさを存分に伝えられるエッセイであると良いです。

 

6. 大学によっては面接がある場合も…

なお、大学によりますが、アドミッション・オフィスとの「面接」がある場合もあります。

こちらの面接は、学校のキャンパスやスカイプを通して、テストスコアやエッセイからは分からない、学生の性格や個性について知るチャンスとなっています。

面接がある大学を受験する場合は、面接の練習などもしておくと良いかもしれません。

 

ベストなあなたを見せるチャンス

アメリカ大学の入学制度は、成績、テストスコア、課外活動などを通して、自分が高校生活の中で得たものや学んだものを見せる最高の場と言えます。

アメリカの大学へ入学をお考えの際は、自分の持ち味や個性を大学にアピールできるように、学業にも課外活動にも全力で頑張ってくださいね!

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

Emi

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Emi

好奇心と食欲が旺盛。いろいろな経験や発見をシェアしていきます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?