国際結婚でのスピード婚!もう少し考えておきたかったこと4つ! | FRON [フロン]

国際結婚でのスピード婚!もう少し考えておきたかったこと4つ!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dです!

実は私とハンガリー人の夫は友達期間の方が長かったのですが、正式にお付き合いをしてから3ヶ月でプロポーズ、8ヶ月後には結婚式を挙げました。

私自身、元々結婚願望が薄い人間でしたが、まさか自分がこんなに早くに結婚するとは思っていませんでした。なにより周囲が一番驚いていましたし、当時は私は23歳でした。

ですが、夫とは結婚しても良いと思ったのです。冷静に考えれば早すぎると思いますが、これから長い間遠距離恋愛を何度も繰り返すのだと思うと、寂しすぎるという気持ちに負けたこともあります。

私たちも他の国際カップル同様、遠距離で寂しい思いもしました。もちろん結婚して今は幸せですが、大変だったこともいっぱいありました。

そこで、色んなことを考えてスピード国際結婚をする前に、改めてよく考えて、恋愛中にもう少しやっておいた方がよかったこと、考えておくべきだったことなどをご紹介したいと思います。

 

1. 国際結婚前に貯金をしておく

大学を卒業して働きだしたにしても、当時23歳の私の貯金額はたいしたものではありませんでした。それに加えて、ハンガリーの賃金は、日本円に変えてしまうとかなり安いものでした。

貯金がほとんどない状態で、結婚式にもほとんどお金をかけずに行いましたが、今考えると、もう少し働いて貯金できていれば生活も楽だったんじゃないかなと思います。

お金がすべてではありませんが、お金はあった方があっただけいろいろと楽ですし、喧嘩やトラブルになることもありません。お金は本当にやっかいな代物ですが、お金のことでグチグチと喧嘩するのも嫌ですよね。

そんな方は、独身の間や国際恋愛中に、コツコツと貯金されておくことをおすすめします。

 

2. 国際結婚前に仕事を見つけておく

国際結婚前、私は生命保険関係の仕事をしていたのですが、仕事内容も人間関係も結構キツかったので、転職したいと考え始めた時でもありました。営業となると契約がすべてで、お給料にもかかわってくるので、プレッシャーも大きかったです。

それでどうにか結婚後には転職することができましたが、新しくついて仕事もまた大変な仕事で、途中で体調を壊してしまい、非常に精神的にも苦しかった時期がありました。

夫に関しては日本でビザが出てからすぐにフルタイムのアルバイトをはじめ、同時並行で職探しをしていました。ですが、夫の方もなかなか職が見つからず、私の調子もよくならずで、本当に二人とも大変な時期がありました。

ですので、仕事で安定することも、結婚前にしておくべきことだったなと今では思います。お互いの仕事を安定させるのは、本当に大事なことです。

そもそもここまで夫の仕事探しが難航するとは思っていませんでしたし、就労に制限なしのビザを発行してもらうためにも、仕事が決まっていないと難しいのです。

結婚する前から日本の色んな企業へ履歴書を送って就職活動していましたが、それでも正式に正社員になれるまでには2年以上の時間がかかりました。

なので、もっと就職についてしっかりとリサーチしてから国際結婚しておけば良かったかもしれないと、当時就職活動に苦戦していた時は何度も思いました。

 

3. 国際結婚前に住むところを決めておく

結婚すると、その後の新居はどこにするのか?という問題がありますよね。私の場合は、私の実家で1年と少し過ごし、今は賃貸アパートで2人暮らしをしています。

私の実家は母が再婚して家を出て行っていて、私と妹の2人暮らしでした。そこへ夫も加わり3人暮らしになりました。正直、家族と同居でも、家族が妹だけだと少し話が違ってきます。ですので、なかなか暮らしにくい生活でした。

私たちが出ていくのが当然ですが、貯金も少なかったですし、夫の収入も安定しなかったため、なかなか実家を出ていくことがなかなかできませんでした。ですので、当然結婚するなら住処もちゃんと考えておいた方が良いでしょう。

私たちは結婚することに全力を尽くしすぎていて、そんな大事なことも見落としていました。一軒家なので部屋ならいくらでもあるから大丈夫と思っていましたが、部屋だけの問題では済みませんよね。

住む国の話もありますが、住む国が決まったら、実際に住む場所も決めておくと良いでしょう。

 

4. 遠距離恋愛の期間も大事

最後に、遠距離恋愛もやっておくと良いと私は思っています。

国際恋愛経験者の方の中には、遠距離恋愛の時期って辛いのに、どうして?と思う方もいるかもしれませんが、実際に国際結婚してみて強く思ったのは、遠距離恋愛の期間はただ寂しいだけの期間ではないということです。

遠距離恋愛中に育むものは、「愛」だけではなく「信頼」や「絆」もあります。その期間は長ければ長いほどいいわけではありませんし、かといって、短ければいいわけでもありません。

私たちも多くの国際カップルたちが通ってきたように、遠距離恋愛の時期がちゃんとありました。ですが、その期間は他の国際カップルと比べて、かなり短いと思います。

遠距離恋愛中は、恋愛だけでなく、自分自身のことやお互いのことを、しっかりと考えることができる期間です。それもあってか、この期間にもっといろんなことをしておけば良かったかもしれないと思うこともあるのです。

 

国際結婚前にしておけば良かったことのあとがき

国際結婚する前に話し合っておくべきこと、しておくべきことはたくさんありますし、カップルによってもそれぞれ違います。

結婚は、タイミングです。結婚して数年たった今だからこそ、あの時にこういうことしておけば良かったかな?と思うことが次から次へと出てくるのですが、もし結婚を先延ばしにしたら、結婚できなくなってしまったという未来もあったかもしれません。

色々と辛い時期もありましたが、それを一緒に乗り越えてくれた分、遠距離恋愛中の絆や信頼よりも、結婚後の方が大きなものを得られたとも思います。

もし、国際恋愛中の方で結婚の話しがまだ正式に出ていない状態でしたら、この4つのことを真剣に考えてみても良いと思います。失敗ではありませんが、私のように国際結婚して最初から苦労する必要もありません。

ぜひ一度、国際結婚前にはしっかりと考えてみてください!

ライター募集中!

FRONではライターの方を募集しております!
未経験者歓迎!一緒に発信していきませんか?
ご関心のある方はこちらよりご応募ください♪
応募はこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚3年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 日本にいながら外国人の友達を作りませんか?東京で国際交流するならFRON!