日本は変な国?海外を見て気づいた日本のおかしなところ! | FRON [フロン]

日本は変な国?海外を見て気づいた日本のおかしなところ!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoeny.Dです!

突然ですが、みなさんはよく海外へ行かれますか? 日本だけで暮らしていれば、きっと日本の日常や周りのみんなの行動に、特に変なことを感じることはないはずです。

日本で生まれて、日本でいろんなことを教えられ育てられてきた私たちにとっては、日本の生活にすっかり馴染んでいるはずですし、それは当然ですよね。

ですが、海外へ行くと、すべてが違って見えてきます。日本では当たり前のことが、海外では通じないなんてことも良くあるのです。私が実際にハンガリーへ行った時も、そう感じることは多かったです。「日本とは違うなぁ」と思うことを、いくつも感じました。

そこで今回は、日本で「普通」だと思って暮らしてきたけど、「もしかして日本が変なの?」と思ってしまったことを、いくつかご紹介したいと思います。また、合わせて「日本もこうだったらいいのに!」ということもお話しします!

 

1. 日本人の接客って、ロボットみたい?

礼儀正しく、丁寧で、親切。いつも笑顔で、接客してくれる。そんな日本の店員さんたちは、本当にすばらしいと思います。何かをやりながらとか、スーパーのレジ店員が座って接客したりということはないですよね。

一方、ハンガリーなどの海外のスーパーでは、レジ店員がイスに座っている場合があります。初めて見た時は驚きました。

日本のスーパーではカゴからカゴへ移し入れ替えますが、ハンガリーでは、流れる台の上に、自分が買いたい商品を自らカゴから出して並べます。

そして、レジで通されるとそのまま流れてくる商品を買い物袋に自分で入れるという作業が必要です。この海外のスーパーのシステムにも驚きました。

また、海外へ行くと、店員さんをつい観察してしまうのですが、無愛想な店員さんが結構います。ハンガリーだけではなくて、他の国でもそんな接客が結構目立ちます。

はじめは、なんて無愛想な!とプンプン怒っていたのですが、よく観察して見ていると、だんだんと別の感情が沸いてきました。行動や素振りが全部、人間らしい動きに見えてきたのです。人間って、本来こんなもんだよなぁという感覚です。

それで、日本に帰って日本の接客を受けると、なんだかロボットみたいに感じてしまいました。もちろん、日本の接客やサービスはすばらしいと思いますが、その反応すべてが作りものに見えてしまうようになってしまったのです。

レジにずっと立ち続けるのは大変ですよね。座ることが許されていたら、座りたいと思うものかもしれません。

何度か行ったハンガリーのメンズスーツのお店の店員さんは、日本人のような接客をしてくれるのですが、ものすごく丁寧な人に見えました(笑)

 

2. 日本と海外のスキンシップの違い

ハンガリーなど一部の海外の国ではmほっぺにキスをするのが挨拶です。家族も男性同士も女性同士も、みんなそうします。

私が学生の時、ある講義で日本人と外国人の学生たちに、家族や恋人、女友達や男友達に自分の身体のどこなら触れ合っても大丈夫か?という質問をして、実際に大丈夫だと思う身体の部位に、色を塗ってもらった結果について見てみるものがありました。

日本人学生は、男女とも家族に対して触れられても大丈夫というのは手足でした。それに対して、外国人は身体のほとんどが黒く塗りつぶされていました。恋人に関しては、全身真っ黒になっていました(笑)

日本人の年頃の女の子なら、女友達とハグしたりすることはあると思います。ですが、年齢を重ねると、なかなか女性でもいないですよね。男性であれば、特にないでしょう。

そう思うと、日本はスキンシップが本来とても少ない国だということがわかります。

ですが、私は未だに母や妹とはよくハグします。それに、私の祖母は昔から「外国人式の挨拶だよ」とハグしています。今でも変わりません。

なので、もしかしたらスキンシップは、日本でも今後増えてくるのかもしれないなぁとも思っています。ハンガリーへ帰国した時の、夫と家族のスキンシップは、見ている側もとても温かい気持ちになります。

 

3. 日本人はもっと自分らしく生きても良い?

外国人から、日本人は「没個性的」と言われることがあります。みんながしているみんなこれを使っているなどと聞くと、同じことをしたがる傾向があるのです。

流行のものはみんな持っていますし、街中は流行の服で歩いている人ばかり。みんながしているからしたいということは、本当に自分自身がしたいことではないかもしれません。

一方、ハンガリーなどの西洋では、「自分らしさ」や「自分の意見」を大切にします。自分がどうしたいのか?、自分はどうやりたいのか?、それが大切なことです。

なので、日本みたいに「みんなと同じ行動を取らなきゃいけない」と考える人は、日本と比べると少ないです。

悪い意味で言ってしまうと「集団行動が苦手」ということになってしまうかもしれませんが、日本人も少しはこういう強気な気持ちを持ってもいいのでは?と思う時もあります。

集団でしか行動できない日本人と、自分の気持ちに正直なハンガリー人。足して2で割ったらちょうどいいのかもしれません(笑)

 

4. 日本は血液型占いがブーム

最後に、日本人だけではなく、世界中の人が「占い」を気にしています。実際に興味がある人が多いのでしょう。

実は私も「タロット占い」ができます。ですが、私自身のことは占えないですし、占っても当たりません。占いの結果自体は、自分次第で良くも悪くも取ることができます。

そんな占いですが、日本人がよく知っている占いの一つに、血液型占いというものがあります。ですが、こちらはよく考えたら「A型・B型・O型・AB型」の、たったの4種類しかありません。

人間の全てがこのたったの4種類だと考えてしまうと、ちょっと星座占いよりも怖い気がします(笑)

そんな私の感覚と同じように、この「血液型占い」を不思議に思っている外国人はとても多いです。なぜなら、彼らが血液型を気にするのは、病気になった時だけだからです。病院で輸血が必要になった時や、病気になって医者に血液型を聞かれた時だけ意識するんです。

私のハンガリー人の夫は、自分の血液型は知っていますが、両親の血液型は知りません。なので、血液型だけで盛り上がれるのは日本人くらいなのかもしれません(笑)

国によっては、血液型が「A型」がものすごく多かったり、「B型」がほとんどだったりする国もあります。日本人のように4つの血液型が混在しているからこそ、できた占いなのかもしれません。

 

日本の変なところに関するあとがき

ちなみに私は「B型」です。

B型というと、「あー」というリアクションがあり、ちょっとイラッとします(笑)

夫はA型ですが、血液型占い上だとA型の男性とB型の女性は相性があまりよくないと言われています。そんなことが本当だったら、私たちはもうおしまいです(笑)

海外へ行けば、いろんな人がいますし、いろんな生活があります。そこには様々な考え方があって、そのような価値観に触れることで、自分自身の生活をちょっと見直したくなるようなこともあります。

「郷に入っては郷に従え」という言葉の通り、旅行でもなんでも良いのですが、海外へ足を踏み入れたなら、現地人になりきって振る舞うと、また新しいものの見方が身につくかもしれません。

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?