外国人差別?日本に住む外国人が日本人との違いを見せつけられる瞬間5つ! | FRON [フロン]

外国人差別?日本に住む外国人が日本人との違いを見せつけられる瞬間5つ!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dです!

日本で外国人が働いて暮らす場合、みなさん知ってのとおり「ビザ」が必要です。結婚している場合であれば、「配偶者ビザ」がもらえます。

外国人であっても、日本で働き、税金を払い、生活をするというのは、日本人と同じルールを守って生活する事と同じです。ですが、日本に住む外国人が日本人と全く同じというかというと、そういう訳ではないのです。

それでは、日本で暮らしている外国人は、日本人とは何が違うの?と思う方もいるかもしれませんので、今回は外国人が日本で暮らしていても、日本人と同じではないことについてお話したいと思います。

 

1. 外国人には選挙権がない

まず、これは日本人の感覚からしたら当然かもしれませんが、日本国籍でない限り、選挙権はありません

どんなに長年日本で暮らしている外国人であっても、日本国籍を取らなければ、ずっと「選挙権」はないのです。実際に日本でも様々な意見が飛び交うのが、この「外国人の選挙権」についてかと思います。

そのため、外国人の中には、この「選挙権」については疑問に思う人もいるようです。日本で働いていて、ちゃんと日本に税金を払って、日本のルールに従って暮らしているのに…と感じてしまうようです。

一方、私の夫は、ハンガリーでもあまり政治に深く関わるタイプではなかったので、日本で「選挙権」が与えられないことについて、そこまで深くは考えていないようです。

また、外国人に選挙権がないのは日本だけではないので、特にそれについては深く考えていない外国人の方も多いのかもしれません。

 

2. 外国人には戸籍がない

続いて、戸籍がありません。

そもそも戸籍とは、日本国民の身分を証明するもので、日本国籍ではない人には戸籍がないのです。結婚して日本で暮らしていても、戸籍はありません。配偶者である日本人の戸籍にのみ、氏名や生年月日、国籍と婚姻の事実が記載されるのです。

余談ですが、外国人のパートナーと同じ姓にしたい場合は、婚姻成立後6ヶ月以内であれば、市役所などで簡単に名前を変えることができます。ただし、この期間を過ぎると少々面倒なことに、家庭裁判所の許可を得なければ変更ができません。

また、外国人には戸籍がない代わりに、「在留カード」や「パスポート」が身分証明となります。また、外国人であっても「マイナンバー」はもらえます。

さらに、パートナーの「住民票」が必要な場合は、戸籍がなくても、ちゃんと「名前」や「住所」、「生年月日」などが書かれた「住民票」は出してもらうことができますので、その点は安心してください。

 

3. 日本では二重国籍は認められない

日本で一生暮らすと決めた外国人の場合、帰化することで日本国籍を得ることができますですが、みなさん知っての通り、日本では二重国籍は認められませんので、生まれた国の国籍はなくなります。

国によっては「二重国籍」が認められている国もあるのですが、日本国籍を得るためには、持っていた国籍を手放す必要があるのです。

もちろん、国際結婚によって産まれた子どももそうです。22歳の誕生日までに、どちらの国籍か決めなければいけません

私の友人にも、韓国人と日本人のハーフの子供がいましたが、悩みに悩んで最終的に「日本」の国籍を選んでいました。結局は、どの国に生活の基盤があるのか?ということかもしれません。

ハーフとして生まれた子には、どちらかの国籍か選ぶのは、なんだか辛い選択のような気もします。しかし、今後も日本で生活することが確実に決まっている場合は、日本国籍を取った方が良いことも多いと思います。

どうするのが一番良いのか、色々と配偶者の方と相談しつつ、よく考えて選択してみてください。

 

4. 外国人はローンが組みにくい

これは日本人であっても完全に無いとは言えませんが、外国人となると余計にローンが組みにくい、なんてこともあるようです。

日本国籍の場合は、収入や勤務歴などでローンを組むことが可能かもしれませんが、外国人の場合はそれに加えて長期間勤務をしているかどうか?なども確認されるようです。

当然その人の資産背景など、人によっては条件も変わってくるかもしれませんが、特に大きな買い物である「家」などを購入する場合の住宅ローンは、一般的には中々難しいようです。

もし住宅ローンを検討されている方は、ローンには様々な条件がありますが、現代ではインターネットでも色々と情報を簡単に調べられますので、色々と下準備をした方が良いかもしれません。

 

5. いまだに「外国人」への偏見がある

日本には多くの外国人が観光として訪れます。日本で働く外国人も、今や珍しい光景ではありません。特に東京などであれば、日常生活の中で外国人とすれ違ったとしても、特に驚いたりもしない人が多いでしょう。

しかし、街中で見かける外国人の、誰が観光客で、誰が日本国籍を持った外国人であるかは、見た目からはわかりませんよね。日本の都心では外国人は多くても、田舎の方ではまだ珍しかったりします。

夫も一か月ほど京都の田舎の方にホームステイしていたことがありますが、そこではちょっと散歩しただけで町中の人がじぃっと見ていたそうです。

日本では外国人が多くやって来るわりには、まだまだ外国人と接することに慣れていない日本人もいますし、テレビなどのメディアによって放送される「外国人」という固定概念にとらわれがちだったりする人もいます。

例えば、日本語が話せるのに、外国人だから難しいことはわからないだろうという考えで外国人と接したりすると、逆に相手の外国人にとっては、とても失礼になってしまう時などもあります。

 

日本に住む外国人に関するあとがき

以上のように、外国人は日本に住んでいるからといって、全く日本人と一緒という訳にはいかないようです。

生活をするにあたって「不便」と感じることは、上記のものからあまりないと思いますが、国籍の問題はなかなか難しいと思います。

夫も、いつか日本国籍を取ることができるとしても、それを選ぶかどうかは難しいと言っていました。日本で住むとしても、国籍が全く変わってしまうのには抵抗があるのかもしれません。

ハーフの子にとっても、自分はどちらの国の血も入っているのでひとつだけ選べと言っても難しいかもしれませんね。

日本にいながら世界中の人と交流できる、今後のFRON国際交流イベント一覧はこちらから♪

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?