海外のクリスマスの過ごし方!日本とは違うヨーロッパのハンガリーのクリスマス編! | FRON [フロン]

海外のクリスマスの過ごし方!日本とは違うヨーロッパのハンガリーのクリスマス編!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dです!

気がつけばもう12月ですね!あっという間に一年が過ぎようとしています。12月は日本人は誰もが知っての通り、いろいろと忙しく駆け回る月ですよね。バタバタしていると、すぐにお正月になってしまいます。

そして12月と言えば、クリスマスですね!ハンガリー人の夫がいると、クリスマスの準備で大変です。家族や友人にプレゼントを買ったり、ツリーの飾りに必要なものをそろえたり、料理の材料を考えたり…

海外のクリスマスについては、あまり良く知らない人も多いと思います。私も初めて聞いた時は、私たち日本人がするクリスマスとは全く違うので驚きました。

そこで今回は海外ハンガリーのクリスマスについて、詳しくお話したいと思います。みなさんにも、ハンガリーのクリスマスについて知ってもらえたら嬉しいです!

 

1. サンタクロースは12月5日にやって来る!?

まず、ハンガリーではサンタクロースがやって来るのは、実は12月24日の夜ではありません。そもそも、ハンガリーやヨーロッパの多くの国では、クリスマスとサンタクロースは関係ないのです。

ハンガリーでは、12月5日の夜にサンタクロースがやって来ます。また、ハンガリーでは、サンタクロースではなく”ミクラーシュ”と呼ばれ、正式名は聖ミクローシュです。

これはハンガリー語ですが、一般的には聖ニコラスと呼ばれており、世界中に広がっているサンタクロースは、この聖ニコラスが元の人物だとも言われているのです。

そして12月6日が聖ニコラスの日とされており、ヨーロッパではこの日にサンタクロースが来る日となっています。

 

12月6日の聖ニコラスの日の由来

その由来は諸説ありますが、聖ニコラスという神父が、結婚できずにいた三人のある娘のために、こっそり金貨を窓から投げ入れていたという話しがあります。

昔は日本もそうでしたが、嫁ぐときに女性側の家から、お金や嫁入り道具をたくさん持って行っていました。

3人の娘は大変貧しかったため、どこへも嫁ぐことができずに困っていたところ、聖ニコラスが毎年同じ夜になると、金貨を窓の外からこっそり家の中へ入れて救ったとされています。

その名残から、ハンガリーでは同じ夜の12月5日に、ミクラーシュさんがプレゼントを持ってきてくれる日となりました。

 

2. 子どもたちの準備と、もらえるプレゼント

続いて、ハンガリーの子どもたちは、12月5日の夜に、きれいに磨いた靴を窓の下に置いて眠ります。ミクラーシュさんは、その夜に子どもたちへプレゼントを置いていってくれるのですが、ひとつではなく複数あることが多いそうです。

ほとんどがチョコレートピーナッツオレンジなどのお菓子や果物、小さいおもちなどが一般的です。「え?」と驚かれた方も多いと思いますが、実際私たちが想像するようなプレゼントは、クリスマスにもらうのです。

ハンガリーでは12月5日にチョコレートなどをもらえるのは、良い子だです。その一年悪い子だった場合、なんと藁でできたムチを置いていくのです。

ちょっと怖いですよね(笑)実際に夫は子どもの頃にムチをもらったことがあるそうです(笑)

 

3. ヨーロッパのクリスマスは、キリストの誕生日

日本の主なクリスマスのイメージは、サンタクロースが12月24日の夜に、プレゼントを持ってやって来るというものです。

アメリカでも、クリスマスにはサンタクロースが来て、靴下の中にプレゼントを入れていくというものだそうです。また、サンタクロースのために、子どもたちはクッキーを焼いて、ミルクと一緒に置いておく場合もあるそうです。

ですが、ヨーロッパの各国では、クリスマスにサンタクロースはやって来ません。なぜなら、クリスマスはイエス・キリストの誕生日であるからです。

この日は、家族がみんな揃って、おいしい料理を食べ、大人から子どもまで全員がプレゼントを交換するのです。小さい子どもは、イエス様がプレゼントをツリーの下に置いていってくれると信じています

それは、日本の子どもたちが、サンタクロースさんがプレゼントを持って来てくれていると信じているのと同じですね。

 

4. ヨーロッパでは、クリスマスは家族と過ごす

日本でいうならば、お正月のような感じがヨーロッパのハンガリーのクリスマスです。クリスマスイブの12月24日は祝日ではないですが、ほとんどの会社が12時や13時頃など早くに終わります。

早くに仕事を切り上げると、家に帰ってクリスマスの準備を始めるのです。基本的には12月24日はそれぞれ家族で過ごし、25日と26日は祝日で、親戚の家に集まったり祖父母の家に集まったり、いろんなところでクリスマスを祝います。

日本ではクリスマスのプレゼントがもらえるのは、子どもや恋人同士などがほとんどですが、ハンガリーではクリスマスはいろんな人から、年齢も性別も関係なくもらえます。

当然こちら側も準備しなくてはいけませんが、クリスマスのプレゼントがいくつになってももらえるなんて、考えただけで子どもの頃に戻った気分になりますね。

 

海外のクリスマスのあとがき

クリスマスとサンタクロースが関係していないなんて、驚きですよね。

クリスマスと言えば、サンタクロースが大きな袋でプレゼントを持ってやって来るのをつい想像してしまいがちですが、国によってクリスマスが全く違うというのは面白いです。

悪い子はムチをもらうなんていうのも、ちょっと怖いですが面白い話ですよね。

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?