長距離フライトを快適に過ごすために必ずチェックしておくべきこと3つ | FRON [フロン]

長距離フライトを快適に過ごすために必ずチェックしておくべきこと3つ

こんにちは!ライターのEriです。

心踊る海外旅行。行く前はわくわくですが、おそらく多くの方が現地に着いた時に懸念するのは、長時間に渡るフライトの疲れだと思います。

私も例えば3時間以内で到着する国ならまだしも、5時間を超えるフライトとなると、行く前から相当の覚悟をして飛行機に乗っています。長時間の移動はどうしようもないにしても、 その他長距離フライトで起こり得るトラブルは、できれば未然に防ぎたいものです。

そこで今回は、私の経験をもとに、長距離フライト前に確認しておくべきことや、 事前に準備しておくべきことをまとめて3つほどお伝えします。

 

1. 機内映画の故障も視野に入れ、暇つぶしアイテムを持参

まず、短距離フライトでしたら食事と睡眠で乗り越えられますが、どんなに寝ても、必ず時間が余ってしまうのが長距離のフライトです。

飛行機に酔わない方で、もともと本を持ち込む習慣のある人などは本を読んでいれば大丈夫かもしれませんが、「種類豊富な機内映画があるから大丈夫!」と思っている方も、実際多いと思います。

ですが皆さん、どんなにちゃんとした航空会社でも、突然映画を見る機械が故障してしまう可能性は十分にあるんです。

 

飛行機で映画を必ず見れるとは限らない

私が以前KLMという航空会社でオランダに向かっている時、離陸から1時間も経たないうちに、同じエリアに座っていた20人ほどの機械が全く動かなくなってしまいました。

CAさんが色々と操作してくれたものの結局回復せず、後にお金を払い戻すからということで、映画を見ることを諦めざるを得なくなりました(後日、1万円ほど航空会社から振り込まれてました)。

真昼のフライトで12時間、おまけにいっぱい映画を見ようと前日にしっかりと睡眠をとっていた私にとって、残りの飛行時間は悪夢のようでした。。

ですので、長距離フライトに乗る際は、みなさんも「映画」に期待しすぎず、少し荷物にはなりますが、暇つぶしになるアイテムはぜひ念のために持ち込みましょう。

本は酔ってしまうという人も、写真メインの雑誌やファッションカタログですと、リラックスして楽しめますよ。

 

2. 防寒着はとにかく大目に、厚手のものを持参

飛行機が肌寒いということは皆さんご存知かと思いますので、多くの方は薄手のカーディガンやショールを持ち込まれているかと思います。

しかし皆さん、中にはわりとあるんです、北極のように寒く凍えそうな機内が。。個人的にはアジア資本の格安航空会社に多いイメージがありますが、そうでないエアラインでも起こり得ることです。

例えば、私が1年ほど前に乗ったマレーシア航空もそうでした。機内用にモコモコソックスと分厚めのパーカーを着て、ブランケットを二枚も使わせていただいても少し寒く感じるという経験を、3度ほどしたことがあります。

以前、エアアジアでチェンマイからマレーシアに飛んだ時、隣で旅慣れた女性らしき人が、コンパクトにまとめられた薄めのダウンジャケットをカバンから取り出しているのを見た時は、ついつい感動してしまいました。

 

初めて乗る航空会社ほど注意

ちなみになぜこれほど機内が寒いのか?、また、同じ航空会社でも日によって違うのか?などは分かりませんが、使い慣れていない航空会社を使う時は、思っている以上の防寒グッズを持って行くことをオススメします。

特に、ヨーロッパやアメリカなど、10時間以上乗る国に行く時は、防寒着を持っていないと命取りになります。

なお、格安航空はブランケットは有料にはなりますが、数百円程度の有料オプションで、割と分厚いブランケットが出てきます。

普通の航空会社を利用するよりもずっと暖かいものが借りられる場合が多いので、荷物が増えるのが嫌という方は、ぜひ有料オプションを利用してみてくださいね。価格相応の価値は十分にありますよ。

 

3. 飛行機内の乾燥も要注意!

最後に、機内の寒さ対策と同じく、機内の「乾燥」をなめてかかってはいけません。もちろん乾燥に関しては個人差がありますが、例えば5時間以上のフライトであれば、喉も手も顔もカラカラに乾いてしまいます。

体全体の水分不足を回避するため、飲み物は機内で小まめにもらうよう心がけてください。

また、顔の乾燥に関しては、多くのスキンケアブランドが取り扱っている、メイクの上からでもできるミスト状の化粧水がおすすめです。定期的にミスト上の化粧水を顔にかけておくと効果的です。

ドクターシーラボ コラーゲンミスト 化粧水 80mL

手の乾燥に関しては、もちろんハンドクリームでも十分ですが、私がオススメするのはベビーオイルです。クリームよりも保湿が続くし、唇や髪の毛などにも塗ることができて、ベビーオイルは一つで何役もを果たしてくれます。

ジョンソン ベビーオイル 無香料 125mL

機内持ち込みの液体制限が気になる方もいらっしゃると思いますが、ミストにしてもベビーオイルにしても、非常に小さいサイズのものが今では種類豊富に売られています。

ですので、機内用のものを揃えるのにそれほど苦労はしないと思います。旅行前にドラッグストアを覗いたり、ネットで検索したりして、乾燥にもしっかり気をつけてくださいね。

 

最後に

いかがでしたか。

どのエアラインも毎年改良して、空の旅は心地よいものへと段々と変わってきてはいますが、それでもまだまだ不便なところや、気をつけていないとフライト中にずっと苦しむことになってしまいかねません。

せっかくの海外旅行ですので、着いたら万全の状態ですぐに楽しめるよう、しっかりと長距離フライトに備えてくださいね。

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

Eri

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Eri

ポルトガルでの一年間の語学留学、英語圏での短期語学留学、そして30ヵ国近い国を旅している海外大好きOLです。 外国の文化、おすすめの旅行法など、みなさんの役に立つ情報を発信していきます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?