ベトナムのサービスアパートメントとは?住む際の注意点やメリット・デメリットは? | FRON [フロン]

ベトナムのサービスアパートメントとは?住む際の注意点やメリット・デメリットは?

みなさんこんにちは、ベトナム在住ライターのマミタスです。

みなさんは、ベトナムにある「サービスアパートメント」をご存知ですか?

ベトナムに住む外国人が多く利用する「サービスアパートメント」とは、洗濯や掃除のサービスが付いたアパートのことです。私もベトナムに移住して間も無い頃は「サービスアパートメント」に住んでいました。

「洗濯や掃除がついていると便利!」と思われるかも知れませんが、実はちょっとした弊害もあったり・・・そこで今回は、そんなベトナムの「サービスアパートメント」の仕組みや、メリットとデメリットなどについてご紹介します。

 

ベトナムのサービスアパートメントの仕組み

まず、「サービスアパートメント」には2パターンあります。

一つ目は、大家さんが同じ家に住んでいるパターン(掃除・洗濯を大家さんがやる場合も、外注の場合もあり)で、もう一つは、大家さんが掃除や洗濯をしてくれる人を別に雇ってアパートに送ってくれるパターンです。

大概、私たちが仕事に行っている間に掃除や洗濯が済まされていますので、掃除・洗濯スタッフと私たちが実際に出くわすことはあまりありません。

 

サービスアパートメントに住むメリットとデメリット

「サービスアパートメント」に住む最大のメリットは、食事さえ自分で済ませれば、他の家事を一切しなくていいことだと思います。

一方大きなデメリットは、外注の場合は知らない人が部屋に入ってきますので、自分の貴重品の管理はしっかりしなければならないことです。ですが、実はその他のデメリットも多々・・?

 

下着や高い服に油性ペンで部屋番号を書かれた!

「サービスアパートメント」には、大体自分以外にも数名が住んでいて、みんな同じサービスを受けています。

そのため、当然洗濯も一緒にされていますので、清掃員が洗濯を取り込んだ時間を違えないように、有無を言わさず全ての衣服に部屋番号が書かれてしまいます!

殆んどのサービスアパートメント在住者が、事前に知らずにこの洗礼を受けています。。

ですので、サービスアパートメントに住む際には、高い洋服や服飾品などはサービスアパートメントの洗濯には出さず、自分で洗うか、他のランドリーサービスを使うことをお勧めします!

 

日本で買って来た化粧品が、減ってる・・?

続いて、私が住んでいたサービスアパートメントでは、大家のおばさんが掃除や洗濯をしてくれていたのですが、机の上に出しっ放しにしていたハンドクリームが日々減っている様な気がしていました・・・

そしてそのまま特に何も言わず、1ヶ月ほど他のベトナムの都市に出張へ行き、出張から戻ると部屋は綺麗に保っていてくれたのですが、ハンドクリームが激減!!(笑)

大家のおばさんはよく食事やビールなどをくれる方だったので、私がホーチミンから引っ越す際は、新しいハンドクリームを買ってプレゼントしました・・・(笑)

 

清掃員が自分の部屋でくつろいでた!

最後に、これは私の友人の体験ですが、普段仕事で帰らない時間に家に帰ったところ、清掃員のおばさんが自分のベッドに寝転がってテレビを観ていたそうです!(笑)

清掃や洗濯の手間が省けるのは良いのですが、知らない人がやっている分、不在の間は部屋をどう使われるか分からないですね・・・(笑)

そんなベトナムの「サービスアパートメント」ですが、便利は便利なので、掃除や洗濯が億劫な方にはお勧めです。ただし、くれぐれも高い洋服や服飾品の管理には気を付けて下さいね・・・!

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

マミタス

ベトナム在住4年目の猫とビールを愛する30歳。 日本では金融、医療の分野で働き、ベトナムではサービス業とライターを業に生活。 適当な英語とベトナム語で今日も生きています。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?