英語学習のやる気が出ない時に思い出したい5つのコト!偉人の名言付き! | FRON [フロン]

英語学習のやる気が出ない時に思い出したい5つのコト!偉人の名言付き!

こんにちは、FRONライターのpuri_hです。

2018年が始まって1か月が経とうとしていますが、今年こそは外国語をマスターするぞ!と決意したみなさん、勉強は順調に進んでいますか?

私は思ったよりも、語学学習の勉強時間が確保できずに焦っています…(笑)語学学習は時間が取れなかったり、上達しなかったりと困難がつきものです。

そこで今回は、語学学習に行き詰まった時ややる気が出ないときなどに思い出したいことを、5つほどご紹介します。ぜひ、これを読んで勉強のモチベーションを高めていってください!

 

1. 自分の気持ちを伝えられなかった時の悔しさを思い出す

まず思い出すべき最初のことは、自分の気持ちを英語で伝えられなかった時の悔しさです。

外国人と接したり、海外旅行に行った時など、自分の気持ちをうまく英語で伝えられなかった経験はありませんか?

私は留学中に自分の意見を言えず、悔し泣きをしたことが何度もあります(笑)日本人と話していれば何でもないことや、日本にいれば当たり前にできることなのに、英語や他の言語だとそれができない。。

そんな時は、自分が何もできないような人間に感じて情けなくなります。ですが、そんな時こそ「絶対話せるようになってやる」「話せなくて悔しい」と心に誓いますよね?

ちょっと、英語の勉強がめんどくさくなってきたなぁ…と思った時は、是非その時の気持ちを思い出してみてください。

 

2. 今までの自分の成長ぶりを振り返る

続いて、悔しさを英語学習のモチベーションのバネにすることも大切ですが、自分を褒めてあげることも大切です。

英語の勉強を始めてから今までの自分の成長ぶりを振り返ってみることも、やる気になります。

全く理解できなかった英語の文章の意味が取れるようになったきたり、知っている単語が増えたりなど、成長を実感できる場面は実は結構あります。

今まで頑張ってきた英語の参考書やノートを見返してみたり、テストのスコアを振り返ってみてください。語学は一朝一夕に効果の出るものではありませんが、積み重ねてきたことは絶対に裏切りません!

 

3. 頑張っているのは自分だけじゃないことを確認する

そして次に、一緒に頑張ってくれる仲間や時に刺激をくれるライバルたちの存在を思い出すのです。

グローバル化と言われている社会の中で、語学の必要性と関心は、近年ますます高まっています。周囲を見渡せば、意外と身近に語学を勉強している人はいるんです。

時にはそういう人とたちと励まし合ったり、刺激をもらったりすることが、英語学習のモチベーションに繋がるはずです。

 

4. 英語を話せるようになった時の世界を想像する

英語の勉強をしていると、ひたすら単語を覚えたり、文法を何度も反復したり、めんどくさく地味な努力の繰り返しになったりします。

そこでいまいちど、「何のために英語を勉強しているのか?」を振り返ってみます。そこで、外国語を不自由なく話せるようになった時の世界を、ぜひ一度想像してみてください。

違う環境で育ってきた外国人の友達ができたり、今よりも良い仕事やポジションにつくこともできるかもしれません。また、自分から発信できるようになるメリットだけではなく、受信できる情報量も増えてきます。

周りの外国人が英語で話していることが理解できたり、外国語の記事が読めたり、外国語のニュースをみて理解することは、確実にあなたの日常の世界を広げてくれるはずです。

 

5. 偉人たちの名言を定期的に読む!

最後に、偉人たちの語学に関する名言をまとめてみました。私はたまにこの言葉たちに励まされています。

If you talk to a man in a language he understands, that goes to his head. If you talk to him in his own language, that goes to his heart.Nelson Mandela

もしあなたが相手の知っている言語で話かけたら、それはその人の頭に届くだろう。もしあなたが相手の言語で話かけたら、それはその人のハートに届くだろう。   ネルソン・マンデラ

 

「相手の言語=母国語」というのは、心に響きますよね。

外国人が拙くても日本語で話そうとしてくれた時は嬉しいですし、ダイレクトに伝わってくる感じがしませんか?

国際交流においては、相手のことを理解してコミュニケーションをとるのに外国語は必須ですよね。

 

Language is the road map of a culture. It tells you where its people come from and where they are going. Rita Mae Brown

言語は文化の道しるべである。その言語を話す人間がどこから来て、どこに向かっているのかを教えてくれる。

リタ・メイ・ブラウン

 

言葉がただのツールではなく、それを話す人々に根ざしているというのを教えてくれる名言です。その言葉を習得することでその人たちや、その文化の一員になれることができるかもしれません。

 

A different language is a different vision of life. Federico Fellini

異なった言語は人生の異なった見方だ。 フェデリコ・フェリーニ

 

最後のフェデリコ・フェリーニの名言は、母国語以外の言語を得ることで、人生を違う風に見ることができる、違う人生があるかもしれないと教えてくれる言葉です。

言葉を学ぶことで出会えた自分や話せるようになって得られた今までと違う生き方について考えさせられる言葉です。

以上、いかがだったでしょうか?

この記事がすこしでもみなさんの英語学習のモチベーションになったら幸いです!

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

puri_h

旅行と海が大好き!ゆる〜いけれど一歩踏み込んだ話届けます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?