英語でレストランの予約・注文・会計する際に使える10選!お役立ち英会話フレーズ第3弾! | FRON [フロン]

英語でレストランの予約・注文・会計する際に使える10選!お役立ち英会話フレーズ第3弾!

こんにちは!ライターのEmiです。

英語でレストランを予約したり、お店で何かを注文したりする際に、分からなくて困ったという経験はありませんか?

また、FRONが主催する英会話イベントで、英語のネイティブスピーカーと話している時に、英語がわからなくて会話がスムーズに続かないことがあった…という経験をお持ちの方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、今回は海外でレストランに行く際に、知っていると便利な英会話のフレーズを10個ほどご紹介します!

 

英語でレストランを予約する時に使えるフレーズ

まずは、英語で行きたいレストランの予約をとる際に役立つ、英会話の表現をご紹介します。

基本的にレストランは電話で予約をとることが多いと思いますが、話し相手の顔が見えなかったり、言っていることが聞き取りづらかったりと…なかなか電話の発信ボタンを押すのを、ためらってしまいますよね?

そんな時に知っていると助けになる頻出の英会話フレーズです!

 

1. I’d like to make a reservation. (予約をしたいのですが。)

シンプルな英語のフレーズを学びたい、長い文は覚えられない…という方にオススメなのが、こちらの1文です。

相手が電話に出たら、「Hello」と言ってから、このフレーズを一気に言ってしまいましょう!

すると、「What day?」 (何日ですか?) 、「What time?」 (何時ですか?) 、「How many?」 (何人ですか?) と、基本的には順番にレストランの方から、必要な情報を丁寧に質問してくれるはずです。

これに対して一つずつ答えていけば、簡単に予約できます。

 

2. I’d like to make a reservation for tonight at 6 p.m. for two. (今夜の6時に2人で予約をしたいのですが。)

反対に、予約に時間をかけたくないという方にオススメなのが、日時と人数を含めたこちらの英語のフレーズです。必要に応じて、日時と人数を変更してください。

他にも「reservation」という名詞を「reserve」という動詞として使って、「I’d like to reserve a table for two at 6 p.m. tonight.」 (今夜の6時に2人でテーブルを予約したいのですが。)という風に表現しても伝わります。

 

レストランが予約がいっぱいのときは・・・

他にも、予約したかったレストランの日時がすでに埋まってしまっている時は、

3.「Is tomorrow available?」 (明日は空いていますか?)

4.「How about next Tuesday?」 (次の火曜日はどうですか?)

といったように、「available」 (可能である) や「How about ~ ?」 (〜はいかがですか?) という単語やフレーズを活用しましょう。

 

5. May I have your name please? (お名前をお伺いしてもよろしいですか?)

レストランの予約をすると必ず最後に名前を聞かれますが、学校で習った「What’s your name?」という形で聞かれることはほぼゼロです。

こちらの英語のフレーズは、「What’ your name?」をより丁寧な形にしたものです。

こちらの質問が電話越しに聞かれたら、自分の名前をしっかりと伝えてください。外国人にとっては日本人の名前は聞き取り辛いので、ゆっくりはっきりと伝えると良いでしょう。

 

料理を注文するときに使える英語のフレーズ

続いては、海外のレストランで実際に料理を頼むときに役立つ英語の表現です。

「え、こんなの頼んでないんだけど・・・」なんてことにならないように、注文時に知っていると嬉しい英語のフレーズをご紹介いたします!

 

1. Can I get the steak? (ステーキをお願いします。)

まず、「〜をください」と言いたいときは、「Can I get ~?」を使います。

「Can I get~?」の他にも、「I’ll get ~.」「I’ll have ~.」「I’d like ~.」などの表現ができます。一つの表現に慣れたら、他の表現を積極的に使ってみましょう。

 

2. How would you like your steak? (ステーキの焼き加減はいかがしましょうか?) Medium rare, please. (メディアムレアでお願いします。)

続いて、どこか海外のレストランで、ステーキを注文して食べることになったとします。海外のレストランでステーキを頼むと、決まって1つ目の「How would you like your steak?」というフレーズが聞かれます。

ステーキの焼き加減は「rare」 (レア) 、「medium rare」 (ミディアムレア) 、「medium」 (ミディアム) 、「well done」 (ウェルダン) などから、自分の好みの焼き加減を選びます。

ですので、ここは簡単に、好みの焼き加減のうしろに「 please」と付けて頼みましょう。

 

3. What do you recommend? (オススメは何ですか?)

他にも、レストランで何を注文して良いか決まらないときは、店員さんに「What do you recomment?」と聞いて、オススメを聞いてみるのも良いでしょう。

もし店員さんのオススメが気に入ったら、「I’ll take it.」 (それをいただきます。) と言いましょう。

 

お会計をするときに使える英語のフレーズ

最後は、お会計時に使える英語の表現です。

レストランでの時間を最後まで良いものにするために、以下の英語のフレーズを参考にして、お会計もビシッと決めましょう!

 

1. Check, please. (お会計をお願いします。)

こちらの「Check, please.」というフレーズは、シンプルにお会計をお願いできる言い方です。

十分礼儀正しい表現ですが、さらにもう少しに丁寧に言いたいという場合は、

「Could I get the check, please?」
「May I have the bill, please?」

などの言い方ができます。こちらも一つの言い方に慣れたら、別の表現に挑戦していきましょう。

 

2. Can I have a to-go box? (持ち帰り用の箱をいただけますか?)

外国のレストランで出される料理は、多くの場合、日本のものに比べて量が多いです。お腹いっぱいで食べきれない・・・なんてなることも、しょっちゅうあります。

そんな時のために、ほとんどの海外のレストランでは、お持ち帰り用の容器が用意されています。日本では食べきれなかった料理を持ち帰ることは、あまり一般的ではありませんが、欧米諸国では当たり前のことです。

ですので、そんな時は恥ずかしがらずに「Can I have a to-go box?」と聞いて、容器をもらいましょう。

 

英語を覚えて海外のレストランで外食を楽しもう!

以上、いかがでしたか?

外国に行く楽しみの1つといえば、レストランやカフェで、おしゃれで美味しい食事をお腹いっぱい食べることですよね。

そんなひとときが楽しいものにるように、今回ご紹介したレストランで使える英語のフレーズ集を覚えて、実際にぜひ海外旅行などで活用してくださいね!

第4弾では、買い物をする際に知っていると役立つ表現をご紹介いたします。お楽しみに!

無料会員登録♪

最新のイベント情報や人気記事をゲット!
メルマガやSNSの登録はこちら♪
公式LINEはこちら
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

Emi

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Emi

好奇心と食欲が旺盛。いろいろな経験や発見をシェアしていきます!

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?