ハンガリーのイベントってどんな感じ?イースターの祝い方! | FRON [フロン]

ハンガリーのイベントってどんな感じ?イースターの祝い方!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dです!

前回イースターについてご紹介しましたが、今回はハンガリーのイースターの祝い方について詳しくご紹介したいと思います!

国によって、イースターの祝い方も実はちょっと違います。実際私はハンガリーのイースターの祝い方しか知りませんが、いろんな国の方とイースターの祝い方について話をしてみる機会があれば、聞いてみるといろいろわかって楽しいと思います!

ハンガリーではどんなものを食べて、イースターにはどんなことをするのか、知ってもらいたいと思います!

1.イースターの食卓

イースターの前には肉類や乳製品を食べない断食があります。その後、ハンガリーのイースターで食べられるものは、Kalacs(カラーチ)と呼ばれるパンとスモークハムとゆで卵が一般的です。

カラーチは、うちの夫は自分で焼きます。毎年必ずちゃんと焼いて準備しているのですが、味は少し甘味があるパンです。

イースターに食べるパンとして特に大きな意味はないようですが、イースターのためにいい物を食べるという意味で、カラーチの素材にはたっぷり牛乳を使って焼いたりすることがポイントです。

ハムは日本ではなかなか見ることができないような、大きな肉の塊です。スモークされたハムはとってもいい香りがします。それをホースラディッシュと一緒に食べるのが一般的なんだとか。

ホースラディッシュは日本ではチューブでしか今のところ見かけたことがないですが、ハンガリーでは生のホースラディッシュを削って肉やゆで卵の上にかけて食べます。

 

2. イースターの飾り

日本でも売っているような、ウサギの形をしたチョコレートや卵型のチョコレートもハンガリーでは飾りとして飾っておきます。

Barka(バルカ)という花があり、これもまたイースターの飾りとしては欠かせない存在です。ふさふさした綿のようなものがついている花で、ハンガリーでは一般的な飾りです。

この写真は実際に夫の実家で今年使われた飾りです。

バルカは昔、ハンガリーではハーブとして使われていたこともあり、非常に大切にされていた花でした。夫曰く、なぜこの花がイースターの飾りになったのか不明だそうです。

3. イースターは女性に香水をかける日

ハンガリーでは、月曜のイースターで男性は女性に香水をかけて、お礼としてきれいに飾られた卵をもらうという風習があります。近年では、子どもだとお金をあげたりチョコレートをあげることもあるんだそうです。

なぜ、香水をかけるのかというと、実は昔は水をかけていました。これにはキリスト復活にまつわる昔ばなしが関係しているそうです。

イエス・キリストが復活したということを女性たちが噂していました。それをたまたま聞いた男性が、なんてバカバカしい噂話なんだと、女性たちに向かって水をかけます。

これがもとになり、水をかけていましたが、後々香水へと変わり、かけられたら相手の男性にお返しとして卵をあげるようになったそうです。

しかし、どうして水をかけられたらお返ししなければならないのでしょうか。

夫もその理由は知りませんでしたが、この昔ばなしが始まりだということは知っていました。これが風習となったときは噂話云々というよりは、女性たちが長く美しく咲き続ける花であってほしいという意味を込めて水をかけるようになり、水をかけるのが香水へと変化したようです。

香水をかける相手は、家族や友達の女性などにかけるそうですが、昔は若い女性や好きな人にかけていたこともあり、そのときはきれいなドレスを着たり着飾ったりしていたそうです。

 

 

4. イースターは家族で祝う

友達ともイースターはお祝いしますが、基本的には家族や親戚が集まって、先ほど紹介したように男性は女性に香水をかけたり、みんなで食事をしたりしてお祝いするのが一般的なようです。もちろん、お祝いとなると酔っぱらいも出るようですが、みんなでそろってお祝いする、にぎやかな日でもあるのがわかりますね。

お菓子やケーキを焼いたりして、みんなで集まって祝うのがイースターで、キリスト教徒にとっては最も大切なお祝いなのです。

 

あとがき

以上、ハンガリーのイースターについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

このイースターになると、ハムと卵とカラーチばっかりで、私は飽きてしまいますが、夫にとっては大切な日なので、毎年楽しみにしているように感じます。

この写真は、今年近所の教会に参加していただいたイースターエッグです。ひとつずつ、みんな手書きやシールが張られていてかわいいですよ。持ち帰る際、一個割れてしまいました。

日本ではハンガリーで売っているような大きなハムの塊を買うのは非常に大変ですし、生のホースラディッシュもなかなか売っていないので、日本でハンガリー風のイースターを祝うのは結構難しいです。

もし、国際結婚をして相手の国独特の祝い方があると、日本で同じように再現するのは難しいかもしれません。日本にもイースターが少しずつ流れてきていますが、復活祭としての意味を持って祝うというよりは、ハロウィンと同じようなイベントとして商品化されているものの方が目立つので、外国人にとっては日本のイースターにちょっぴり残念な思いをする方もいるかもしれませんね。

日本でも素敵なイースターを祝えるように、一緒に取り組んであげるといいと思います!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?