国際結婚の帰省について!海外旅行気分は結婚前まで? | FRON [フロン]

国際結婚の帰省について!海外旅行気分は結婚前まで?

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.D(ブログはこちら)です!

結婚すると、自分の実家に帰ったり、相手の実家に帰ったりと、里帰りのようなことをしますよね。もちろん、国際結婚しても同じことが言えます。

しかし、普通に国内に住んでいてもなかなか里帰りしない人がいるように、日本から海外、または海外から日本はもっと遠いですし、お金も時間もスケジュールを合わせるのも大変です。なので、国際結婚すると、なかなか実家に帰ることができないという方や、もうかれこれ何十年か帰っていないなんて方もいらっしゃいます。

私たち夫婦の場合、結婚してから一年に一度はハンガリーへ帰国しています。私の両親も「向こうのご両親がきっと寂しいだろうから、せめて年に一度は帰ってあげなさいよ」と言ってくれます。子どもがいないので、今は身軽に動けますが、もし子どもがいるご夫婦なら、余計に海外へ帰るのは大変なことだと思います。

飛行機の席や、子どもが長時間のフライトに耐えられないなどなど、さまざまな理由で帰国を断念している方もいるでしょう。

忘れてはいけないのが、相手の国に帰国するのは海外旅行ではありません。里帰りです。でも、私は毎度気分的に海外旅行へ行くような感じになっていますが、帰る度に「海外旅行じゃないな」とじわじわと感じています。

今回は、そんな国際結婚したら相手の国ではなかなかなのんびりできないことについて、お話したいと思います!

 

1. 飛行機に乗って14時間フライトでも海外旅行ではない

夫の国ハンガリーへ帰ると、私たちは必ず実家に泊まります。日本でも、実家に帰れば実家に泊まるのが普通ですよね。

夫の両親とは仲が良くても、やはり実家に泊まるとそれなりに気を使います。もちろん、言葉が通じなくても、です(笑)

夫の実家は平屋で、お義父さんの部屋、お義母さんの部屋、そして夫の部屋とリビング、トイレ、お風呂となっています。しかし夫の部屋、ものすごーくちっちゃい(笑)そしてベッドがシングルサイズなんですよね。「私の寝る場所は?」くらいの狭さです。いつも、そのちっさなシングルベッドで小さくなって眠っていますが、眠り心地は最悪です(笑)よく首も寝違えます。

そんな状態で、ハンガリーでの滞在が始まるのです。もちろんこれは、実家の状況によるため、広い部屋があれば少しは快適に過ごせますね。

 

2. とにかく夫についていく

「あそこが見たい」「ここも見てみたい」「このレストランに入ってみたい」と、ハンガリーに帰国する度思うわけですが、夫の友達や知り合いなどと立て続けに会う日々で、ほんのちょっとできた時間で必要なおみやげを購入して「ハンガリーで自分の物を何も買っていなかった!」という事態に最終日あたりで気づくわけです。

夫も久々の帰国で、会いたい人もたくさんあるわけで、両親ともゆっくり過ごしたいだろうし、私もそこまでわがままは言えませんが「何にも見えなかった…」と愚痴をこぼすことは多いです。

たぶん、国際恋愛中の方が、観光したりのんびり旅行気分に浸ることができるんでしょうね。結婚してからは、スケジュールが盛りだくさんで、一体なんだったんだと飛行機の中でぐったりします。

 

3. 食事は家族と

帰国すると、外食はあまりしません。お昼ご飯くらいはふたりで取ることもありますが、大抵はお義母さんの手料理です。夫も、母の手料理が食べたいと思うこともあるんだとか。私も自分の母の料理がたまに食べたくなるのと同じです。

あとは、夫の兄や兄の家族たちがやってきて、一緒に食事したりと結構にぎやかな時間になります。ハンガリーのおしゃれなレストランとか、観光してみたいなぁと思う気持もあって、家族と過ごす時間は楽しいは楽しいんですが、やっぱりちょっと残念?と思うようなこともあります。

 

 

4. 土日こそ家にいる

平日は夫の両親は仕事があるため、私たちも外出することが多いです。その間は、先ほど紹介した通り夫の知人たちに会ったりして時間がつぶれます。

そして、土日だ!と思っても、土日こそ家にいて、何にもしないという時間が多いです。両親とたくさんいられるのも土日だけなので、この時間はでかけません。

夫の実家はブダペストにも近いですが、ちょっと田舎の方なので30分くらい歩かないと買い物ができる場所はありません。ブダペストのおみやげ屋さんは観光客のために土日でも開店していますが、大抵のお店は土日がお休みなので、逆にみんな家で何してるんだろう?と疑問にも思います。日本のように、土日に家族で買い物に出かけるなんてことは、あまりしないようですね。

 

あとがき

国際結婚すると、相手の国に帰るのは観光にはならないけれど、それでもやっぱり観光したくなるというモヤモヤした気持ちになる、というお話しでしたがいかがでしたか?

もちろん、みんなが同じになるとは限りませんが、普通の海外旅行とはやっぱりわけが違うので、海外にいながらも海外旅行とは違うというのはなんだかちょっと複雑な心境です。今回はどうしても行きたいところがあるので、今から「○○へ必ず連れてってくれ」と呪文のように唱えています(笑)

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?