外国人の言語!英語圏とは限らない!国際恋愛の言語について今一度考えてみたいこと! | FRON [フロン]

外国人の言語!英語圏とは限らない!国際恋愛の言語について今一度考えてみたいこと!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.D(ブログはこちら)です!

国際恋愛がしてみたい、国際結婚に憧れるという方は結構多くて、国際結婚している私はよく「どんな出会いなの?」と聞かれます。しかし、質問してくる方はたいてい私の夫を勝手に英語圏の男性だと勘違いしています。「英語はペラペラなの?」ということも、聞かれることが多い質問のひとつです。

そこで、外国人=英語圏の人ではない!ということをはじめとする、国際恋愛について今一度考えてみたいことをお話したいと思います!国際恋愛や国際結婚に憧れているという方は特に、今一度考えてみてほしいことなので、ぜひチェックしてくださいね。

1. 日本人の女の子は簡単に落とせる!と思われている現実

これは本当に多いんですが、外国人が「とってもかわいいね!」と近づいてきたら、「外国人にナンパされた!」と舞い上がってしまう女の子が多いんだそうです。もちろん、明らかにあやしい感じの外国人だった場合は、なるべく近づかないよう、関わらないようにすると思います。

外国人の雰囲気や外見、接近の仕方でも違ってきますが、ちょっとタイプの人だったり、どことなくハリウッドスターに顔が似ていたら、どうしますか? 連絡先くらいなら…と思って交換しますか?

映画『ダーリンは外国人』の中にもあったように、「日本人の女の子カンタン!」と思う外国人男性は結構多いのです。それなら、どうやって遊びだけの人か、そうでない人かを見分けるのか、気になりますよね。実際、街角で声をかけられたことをきっかけに交際がスタートし、結婚に至ったという国際カップルもいらっしゃいます。一概にも、ナンパがいけないということではないです。

もし「ちょっといいかも」という男性に声をかけられたとしたら、連絡先を交換するのもいいかもしれません。ただ、その人がどんな人なのかわからない時点で、完全に自己責任になります。万が一おかしな人だった場合は面倒なことにもなりかねないので、慎重に考える必要があるかもしれません。

実際に連絡先を交換したとして、直接会うことになったときは外国人であるということを忘れて、普通にひとりの男性とデートしていると思って行動するといいと思います。

しかし、外国人男性が日本人の女の子は簡単に落とせる!というイメージは、そう簡単には拭い去れないものなのかもしれません。

反対に「日本人男性ってカンタンよね」なんて言う外国人女性の話は聞いたことがありません。日本人女性は、グイグイ来る押しに弱いこともあり、押されると流されてしまう傾向も強いかもしれませんが、最初は非常に用心深く接して、興味がなければキッパリ断る強さを持つ必要があると思います。

 

2. 外国人に対するひとつのイメージを拭い去る

外国人のイメージとしては、白人で英語圏の人というのがあると思います。

しかし、よく考えてみたら世界はとっても広いです。英語圏の人だと決めつけることはできません。また、外国人と言っても、いろんな人がいます。言葉も全く違うので、必ず全員に英語が通じると思ってはいけません。

特に、夫のようにヨーロッパでは各国の言葉があり、英語は日本人のように学校で普通に学ぶ程度なので、英語を特別に勉強したり留学したりした経験がない限り、流暢にしゃべれる人は少ないのが事実です。

夫もよく道を歩いているとアメリカ人だと間違えられることがあります。英語ができるので、英語で話しかけられても問題はないのですが、中には英語で話しかけられても答えられない外国人がいます。

これからオリンピックに向けて、日本にも各国の外国人がやって来ると思います。英語が共通語であることはみんな承知の上ですが、日本人だって誰にでも英語が通じるわけではないですよね。

英語の義務教育化も決まって、小学生から英語の勉強をする姿勢が整えられてきているようですが、実際学校の先生でも英語が苦手で外国人のALTともコミュニケーションが取れないという人がいるのが現状です。まずは先生たちから英語の勉強を行うという方式もニュースなどで取り上げられていました。

 

3. すごく複雑な日本人妻の会

ハンガリーに住む夫の知人女性の話では、どうやらハンガリー人と結婚した日本人妻たちの会なるものがあるそうです。私がもしハンガリーで暮らすことになったら「ハンガリーに住むことになったら、紹介するから」と言われましたが、正直ちょっと怖いです(笑)

外国ではなかなか友達を作るのが難しいため、日本人は日本人で固まる傾向があるらしいですが、ブログなどでもいろんな噂を耳にします。本当か嘘かは現地で暮らしてみなければわからないですし、そういう体験をされた方そうでない方もいると思います。

海外に住むことに憧れる人も非常に多いと思いますが、言葉の壁を乗り越えようと必死に働いている方や、差別に悩む方、周囲に頼れる人がおらず悩む方など、結構多いのです。

 

 

あとがき

国際恋愛や国際結婚には、いろんな壁がありますし、国際結婚して離婚する数もものすごく多いのが事実です。多くの人が外国人というひとつのイメージにとらわれてしまうこともありますし、勝手に「外国人はきっとこういうもの」だと思い込んでいることもあると思います。国際恋愛や国際結婚に対して厳しいことを言うようですが、憧れだけではどうにも続いていきません。どうしても憧れているという方は、今一度なぜ国際恋愛・国際結婚でなければいけないのか考えてみてほしいと思います。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?