海外へ移住?海外暮らしで必要なもの? | FRON [フロン]

海外へ移住?海外暮らしで必要なもの?

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.D(ブログはこちら)です!

国際結婚と言えば、海外は切っても切れない関係になります。国際結婚をするということは、必ずしもどちらかが海外へ移住するということと繋がりますよね。見知らぬ土地で、言葉も文化もさらには食事も違う人たちと生活することは、本当に大変だと思います。

日本の良さが日に日に目に見えてきて、帰りたい!と毎日思うようになる方も中にはいます。もちろん、悪い面ばかりではありません。日本ではなかなか手に入らないものが買えたり、見える景色が違うことで気分も変わります。

国際恋愛をされている方、もしくは国際結婚したい方だけではなく、日本人同士で結婚された方も、海外へ行くという話は“全くない!”とは言い切れません。

実際、私の学生時代の親友が、旦那さんの都合で一年間チェコへ行くことになり、今はチェコの生活を送っています。先日ハンガリー人夫の母国ハンガリーへ帰省した際、ハンガリーで再会を果たしました。そこで、今回は全く海外で暮らすことを考えていなかった日本人夫婦に海外での暮らしについて聞いてみたことや、日本からこれだけは持って行った方がいいと思うもの、その他いろんな話をご紹介したいと思います!

 

1. 家族の“ひとり”を日本に残すことに

親友S夫婦の旦那さんは、海外旅行へ行くこともほとんどなく、英語もできない、海外へ行くことは考えていなかったそうです。親友も、海外旅行はそこまで多く行っていない状態で、さらには英語もあまりできません。そんな状況で、ふたりは突然チェコへ移動することになったそうです。

動物好きのふたりは、まさか海外に転勤になるとは思っていなかったため、数か月前に犬を飼い始めました。チェコへ移動することになり、はじめは愛犬を連れてのチェコ移動を考えていたのですが、手続きや準備、さらには飛行機に長時間乗ることを考えて、仕方なく実家に一年間面倒をみてもらうことになりました。

動物を海外へ連れて行く、もしくは海外から連れて来るためには、いろんな手続きが必要になってきます。また、長時間の飛行機に怖い思いをして、パニックになったり、最悪の場合死んでしまうこともないとは言い切れません。

実際に、知人で海外旅行先に犬を連れて行った際、到着して亡くなっていることに気づいたという悲しいエピソードを聞いています。親友夫婦は、一緒に連れて行きたい離れたくない気持ちがあったのですが、チェコに永住ではないですし、一年で期間が終わることもあり、寂しい気持ちをこらえて実家に託したそうです。

 

2. 英語の必要性

親友夫婦が暮らすことになったのは、チェコでも少し田舎の方で、首都プラハからは離れた場所でした。車がないとなかなか不便な場所で、親友はひとりいつも家で旦那さんの帰宅を待っている状態だとか。

もちろん、他にも同じように夫婦や家族で仕事のためにチェコへ移動してきた人たちと過ごすこともあるようですが、毎日ともに過ごすわけにもいきません。ひとりで行動するには、車も運転できないですし、英語もほとんど話せないことや、チェコの田舎の方で英語を話す人も少なくチェコ語ができなければあまりコミュニケーションも取りずらいんだとか

それなら、移住する先の言葉によっては英語の必要性はないのではないか、と思うかもしれません。ハンガリーも同じように、ハンガリー語が共通語なので英語が通じるハンガリー人は、日本で英語が通じる日本人に出会える確率くらい低いのが実態です。

しかし、買い物などをするときには、国際化が進んでいるので英語がある程度できれば十分です。なので、英語はペラペラになる必要はなくても、ある程度理解できる、伝えたいことが大体伝えられるくらいのレベルであることが、異国の地でのストレスをやや軽減させてくれると言えます。

 

 

3. 納豆作りに失敗!

なるべくチェコでも日本食を作りたいと言っていた親友夫婦でしたが、納豆を作るのにチャレンジしたけれど失敗したそうです(笑) そもそも納豆ってどうやって作るんだろう?と疑問でしたが、粘りがなく美味しくなかったとか。

やはり、海外に行くと食文化が違うことがネックになりそうです。日本の調味料などは現地ではなかなか手に入りずらいことや、高価なことがあるので、日本からちょくちょく送ってもらうか、自分たちで持ってくる方がいいでしょう。

しかし、親友の旦那さんは米よりパン派だったこともあり、あまり食事には困っていないようでした。ただ、日本にはない植物のアレルギーが出てしまい、困ってしまったという話も聞きました。

あとは、自宅に取り付けられていた洗濯機が全然機能せず、引っ越したばかりのときは手洗いで一生懸命洗濯していたんだとか。日本であればすんなり病院にかかったり、洗濯機を直してもらうこともできたのですが、ちょっとしたトラブルでも解決するのが大変そうに見えました。

 

あとがき

いろんなことがあるけれど、日本とは違う時間の流れ方を感じることができると親友夫婦は言います。同じ職場のチェコ人たちは家族との時間を大切にするから、残業なんてほとんどなく、定時になるとささっとみんな帰宅して、自分の趣味や家族との時間にあてているようですね。

親友の旦那さんは、日本に帰国したい気持ちがあるようですが、親友の方は、愛犬さえ連れて来られるのならチェコに住みたいと語ってくれました。日本とは違って、ヨーロッパ周辺にも遊びに行けるので、今まで全く海外旅行をしてこなかった分、イタリアやドイツ、ハンガリー、オーストリアなどなど、いろんな国を回ったりする予定だそうです!

その点、羨ましいですね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?