結婚式ってこんな感じなの?思っていたものと違ったハンガリーの結婚式! | FRON [フロン]

結婚式ってこんな感じなの?思っていたものと違ったハンガリーの結婚式!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.D(ブログはこちら)です!

私たちは国際結婚をして、日本では結婚パーティをし、ハンガリーでは挙式をしましたが、私が想像していたのとは全く違うところがたくさんありました。以前もハンガリーの結婚式事情についてお話してきました。ハンガリーの結婚式で行われるゲームなど、ハンガリーにはハンガリーならではの私たちが知らない結婚式がありました。今回は私がイメージしていた結婚式とは違った点についていくつかお話していきたいと思います!

もしかして、当たり前と思っている結婚式のセレモニーが、実は全然当り前じゃないなんてことがあるかもしれませんよ!

 

1. 誓いのキスがない

「それでは、誓いのキスを」という言葉、聞いたことがありますよね。結婚式では当たり前のように大勢の前でキスをするものだとばかり思っていましたが、ハンガリーで挙式したときには、ありませんでした。どんな手順で、どんな感じに行われるのかさっぱりわからない状況だったため、かなり緊張していたものの、終わってから「そういえば誓いのキスがなかった」と後から気づきました。

誓いのキスはありませんでしたが、日本語で書かれた言葉を一緒にプリーストさんの前で読み上げるというものはありました。ふたりで力を合わせてこれからの人生を歩んでいきます、というような内容のものでした。プリーストさんが日本でも有名な方で、日本の大学でも教えていた経験もあって日本語がペラペラでした。そのため、ハンガリーで挙式をしたにもかかわらず、日本語で式を進めていったため、ものすごく不思議な感じはしました。でも、私の方の家族はどんな内容なのかしっかり把握できたのでよかったなぁと思っています。

話を戻して、一般的によく見かける誓いのキスというのは、必ずしもあるとは限らないということです。

 

2. ブーケトスがない

花嫁が投げたブーケを受け取った人が、次の花嫁になるなんてよく言います。ブーケトスに気合を入れている女性が本当に要るのかどうかはわかりませんが、結婚式の中にブーケトスの存在は確かにありますよね。

ですが、私たちの結婚式ではブーケトスはありませんでした。そもそも私たちの結婚式は家族だけの小さな結婚式だったので、ブーケトスなんてなかったのかもしれません。ちなみに、夫のふたりの兄たちの結婚式では、一番上の兄のときにはありました。二番目の兄のときは、花嫁が持っていたブーケが普通のブーケとは違って、ぶら下げて持つタイプのブーケだったので、ブーケトスはありませんでした。私の結婚式のときのブーケは、式が終わったあとに分解して、いくつかの花を押し花にしました。今も額に入れて飾ってあります。

ブーケトスをするのもいいですし、押し花にするのも記念になっていいです。花嫁の気持ち次第ってことかもしれませんね。

 

3. ヴァージンロードの歩き方

式を挙げるとき、父と並んで歩幅を合わせてゆっくり歩くアレです。一歩ずつ、ゆっくりと歩いていますよね。私の場合、式を挙げる直前にどんなふうに歩くのかさっぱりわかっていませんでした。夫とお義母さんが先に歩いて行くとき、どんなふうに歩いてもいいと言われました(笑) 緊張の方が凄かったので、感動する暇もなく、ちゃんと歩けているか不安でした(笑) なので、あのとき父と並んで歩幅を合わせてゆっくり歩くよう言われたら、転んでいたかもしれません。

4.結婚式の最中に新郎新婦も椅子に座る

結婚式の最中、新郎新婦は立って神父様の前に並びますよね。参列者の方たちは椅子に座ってその様子を見ていると思います。でも、ハンガリーの結婚式は、新郎新婦も座って話を聞きます。

そんなこと全く知らなかったので、椅子が用意されていて驚きました。ドレスを着たまま座ったらシワになる!?なんて考えたりもしました(笑)

ふたりでかけられる椅子があり、プリーストさんに「どうぞ、座ってください」と言われ、そのまま座ったままでしばらくプリーストさんのお話を聞きます。そんなに長い話ではないので、座る必要はないような気もします。私たちの結婚式だけではなく、夫のふたりの兄たちの結婚式でも、同じように座って話を聞くスタイルでした。

 

あとがき

私がイメージしていた結婚式の様子は、もしかしたらどれもアメリカの映画やドラマなどの影響かもしれません。結婚式は夫婦によっていろいろあって、演出の仕方も同じものはありません。ふたりのための式なので、ふたりがいいようにするのが一番ですよね。

これから先一生、これが私にとって最初で最後の結婚式になると思っています(笑)が、結婚式にもいろいろあるということは、国際結婚したから知ることができたことだと思っています。世界にはいろんな結婚式があって、その国の伝統が取り入れられていたり、日本では考えられないようなこともあったりします。そういう経験ができるのも、国際結婚のいいところのひとつかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?