日本に来てショックだったこと!ハンガリー人夫が思う日本の謎! | FRON [フロン]

日本に来てショックだったこと!ハンガリー人夫が思う日本の謎!

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.D(ブログはこちら)です!

結婚してから4年経ち、夫もずいぶん日本の暮らしにも慣れてきました。20年以上を母国ハンガリーで過ごしてきたせいもあって、日本での暮らしや仕事はすべてにおいて慣れないことばかりです。慣れていけば平気になるものもあれば、そうではないものってありますよね。いつまでたっても理解することはできない習慣というものも、当然外国人にはあると思います。私がハンガリーへ行って暮らしても同じ現象が起こると思います。

そこで、今回はハンガリー人夫にインタビューしてみました! ズバリ、日本に来てショックだったことって何?です。

夫にとって、日本に来てショックだったこととはいったいどんなことでしょうか。同じことを感じる外国人も多いかもしれませんね。

 

1. 日本国内のハロウィン進化

これは、夫にとって本当にショックなことだったようです。私は小さい頃こそハロウィンパーティをしたことがありますが、大人になってからは一度もやったことがありません。日本という国は、日ごろの鬱憤を晴らすくらいはっちゃけたお祭り行事が好きな国民性が実はあるのかもしれません。心の奥底に眠っているものなのかも(笑)

夫の国ハンガリーでのハロウィンは、日本人が思うようなものとは大きくかけ離れています。夫の話を聞いた限りでは、私の中のイメージは日本のお盆と大差ないです。亡くなった人を想い、ろうそくに火をともし、お墓参りへ行くという、静かな行事です。コスプレやお菓子などはないです。

今年もいろんなニュースで日本のハロウィンの異常さを感じました。私なら、とてもあの場所へは近づけません。夫と結婚して、宗教こそは別々ではありますが、相手の宗教上の考え方を尊重するようになり、容易に宗教を感じさせるようなものを身に着けるのさえやめるようになりました。例えるなら、クロスのネックレスなどです。夫はクリスチャンなので、いつもキリスト様がついた十字架を身に着けています。

日本という国の中で独自に進化を遂げたハロウィンのイベントは、海外からも参加したい!とこの日のために来日する外国人もいるんだとか。でも逆に、夫のように「なんじゃこりゃ」と思う方もいるのかもしれませんね。

 

2. 大量生産の裏側

夫の考え方としては、なるべくいいものを買って長く使い続ける、というものがあります。価格競争などで、大量生産をするために国外で安く作って販売したりしますよね。言い方は悪いかもしれませんが、夫にとってそういう商品はすぐに壊れてしまうため無駄になってしまうイメージが強いのです。なので、私が安い靴を買ったりすると結構怒られます(笑)「すぐに悪くなって捨てなきゃいけなくなるでしょ」と(笑)

例えば高い靴でも、何年も大切に使い続けることができればお得になることもあります。同じように安い靴をいくつも買い替えていれば、高い靴一足分を超える金額が必要になってくるため、逆にトータルで考えると高い靴の方が安いことだってあり得ます。

メイドインジャパンに強いこだわりを持っている夫は、熱心にどこで作られたものなのかをしっかり調べてから購入する癖がついています(笑)日本の物はとてもいいというイメージが強いため、大量生産のため中国などで作られているものにはがっかりしてしまうんだとか。日本の将来を(勝手に)案じている夫にとって、中国製のものをはじめとする国外製品には、大きなショックを受けています。

3. とにかくアメリカからの影響が強すぎる

ハロウィンも同じですが、クリスマスやイースターなども、アメリカからやってくるものの影響が強すぎるため、ハンガリー人夫にとってはショックなことが多いようです。例えばクリスマスなんかは、ハンガリーではサンタクロースがやって来るのは12月5日の夜から6日の早朝です。子どもたちがもらうのは、小さなお菓子やみかんなど。私たち日本人が考えるようなほしい物を持ってきてくれる人ではありません。実際、クリスマスとはサンタクロースとは無関係の日で、キリスト様のお誕生日です。

クリスマスやハロウィン、近頃はイースターまですべてパーティへ変化していっている日本に、もともとの日本の美しさや日本伝統のお祭りの方こそ若い人たちの参加が減ったりしていて、日本のいいところがどんどん失われているような気がしているんだと思います。

日本人よりも、日本を愛する外国人たちの方が、日本のいいところをもっと大切にしてほしいと願ってくれているのかもしれません。

 

あとがき

ハンガリー人夫が日本へ来てショックを受けたことについてまとめてみましたが、いかがでしょうか。

クリスマスのイベントに関して、私たちに子どもができた日には、サンタクロースはクリスマスには来ないと教えられて育っていくんだと思います。私にとってはどちらでもいいこと(笑)なんですが、やはり宗教が違うことで、子どもに伝えていくことも少しずつ変わっていくんだろうなぁと想像してしまいます。

イベント以外でも、日本のいいところが今後たくさん残って行ってほしいと願うことから、ショックを受けることがあるんだと思います。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?