フランス語の関係代名詞の使い分け “Lequel”をマスターしよう! | FRON [フロン]

お詫び(イベント告知の誤表記)

フランス語の関係代名詞の使い分け “Lequel”をマスターしよう!

こんにちは!フランス長期留学経験者、現在ハンガリー在住ライターのPapico(ブログはこちら)です。

さて、前回フランス語の関係代名詞の”Qui”、”Que”、”Où”そして”Dont”の使い方についてシェアしましたが今回は関係代名詞の第3弾でフランス語の関係代名詞の”Lequel“についてシェアしたいと思います。

“Lequel”と聞くと疑問詞を頭に浮かべる人が多いでしょう。確かに疑問詞「どちら」として使われることが多いですが、関係代名詞として使うこともできます。では、さっそくみていきましょう!

 

① 前置詞を伴う場合

“Lequel”は修飾する名詞がモノでその名詞に前置詞が含まれる場合に使います

実際に例を見てみましょう。

Le jardin dans lequel mon enfant joue est à Tokyo. (私の子供が遊んでいる公園は東京にあります)

この文章は

1文目:Le jardin est à Tokyo. (公園は東京にあります)

2文目:Mon enfant joue dans le jardin. (私の子供は公園で遊んでいます)

という2つの文章から成っています。

注目してほしいのは両方に”Le jardin”という単語があることです。それを1つの文章にするわけですが、”Le jardin dans lequel mon enfant joue est à Tokyo”という文章は1文目を2文目が修飾する形になっています。したがって、1文目は被修飾文で2文目は修飾文です。

修飾文である2つ目の文章の”Le jardin”の前に前置詞の”Dans”があるのでそれを1つの文章にするときに“前置詞+Lequel”を使います。

ちなみに先ほどの2つの文章で1文目で2文目の”Le jardin”を修飾して「私の子供が遊んでいる公園は東京にあります」としたい場合、修飾文となる”Le jardin est à Tokyo”の”Le jardin”の前には前置詞がないので”Lequel”は使いません。

また、1文目の”Le jardin”は主語として使われているのでこの場合は関係代名詞の”Qui”を使います。

Mon enfant joue dans le jardin qui est à Tokyo.

 

また、”Lequel”は修飾する名詞の整数に応じて”Lequel(男性単数)”、”Laquelle(女性単数)”、”Lesquels(男性複数)”、そして”Lasquelles(女性複数)”に変化するので注意が必要です。

 

② 前置詞àを伴う場合

修飾する名詞の前に前置詞”à”を伴う場合は形が修飾する名詞に応じて”Auquel(男性単数)”、”à laquelle(女性単数)”、”Auxquels(男性複数)”、”Auxquelles(女性複数)”に変化します

C’est toi auquel j’ai pensé hier soir. (昨夜、私が考えていたのは君のことです)

この文章は

1文目:C’est toi. (それは君だ)

2文目:J’ai pensé à toi  hier soir. (私は昨夜君の事を考えた)

の2つの文章から成っています。

今回は1文目が被修飾文(修飾される文章)で2文目が修飾文です。両方の文章に共通の単語”toi’があります。そして、修飾文の”toi”の前には前置詞àがあるので”Auquel”を使います

③ 前置詞deを伴う熟語を伴う場合

前回前置詞の”de”を伴う場合は関係代名詞の”dont”を使うことを学習しましたが、そのdeが熟語の一部として使われている場合は”dont”ではなく”lequel”を使います

修飾する名詞に応じて”Duquel(男性単数)”、”De laquelle(女性単数)”、”Desquels(男性複数)”、”Desquelles(女性複数)”に変化します。

Ma maison à côté de laquelle on trouve le parc est bleu. (隣に公園がある私の家は青色です)

この文章は

1文目:Ma maison est bleu. (私の家は青い)

2文目:On trouve le parc à côté de maison.  (公園は私の家の隣にある)

の2つの文章から成っています。

今回も1文目が被修飾文(修飾される文章)で2文目が修飾文です。両方の文章に共通の単語”ma maison’があります。そして、修飾文の”ma maison”の前には前置詞deを伴う熟語”à côté de laquelle”があり”ma maison”は女性単数なので”de laquel”を使います。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Papico

ブダペストに住む24歳/フランス長期留学経験者/語学/サッカー/読書 ブログやってます: http://japangary.hatenablog.com/

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?