オランダの花市場!アムステルダムの素敵なスポットをご紹介! | FRON [フロン]

オランダの花市場!アムステルダムの素敵なスポットをご紹介!

みなさんこんにちは。海外旅行が大好きなライターのmiyukiです。

みなさんはオランダに旅行したことがありますか?

日本から遠いオランダですが、そこにはとっても素敵な観光スポットがたくさんあるんです。

今回はそんなオランダの首都アムステルダムにある観光スポット、シンゲルの花市場をご紹介しますね!

 

アムステルダムってどんなところ?

さあ、まずはアムステルダムについて少しご紹介しましょう。

アムステルダムはオランダの首都で、ヨーロッパ各国への乗り継ぎ便が集まるオランダ最大の空港、スキポール空港もある大きな都市です。

街の中をいくつも通る水路は美しく、また、世界的にも有名な画家ゴッホなどの作品を展示している美術館などは、年間を通して多くの観光客を迎えています。

古い街並みや歴史的な教会も多く残っているので、とても魅力的な観光地となっています。

また、アムステルダムは自転車の街としても有名です。

街を歩いていれば自転車に乗る人とよくすれ違うのですが、オランダには赤ちゃんや子どもを乗せるための専用の珍しい自転車も一般的に使われています。

レンタサイクルができるスポットも街中にいくつもあり、地元の人のみならず観光客にも人気ですよ。

せっかくなので自転車にのって歴史的な街並みを観光しに出かけるのはいかがですか?

 

オランダといえば…!

オランダと聞いて思い浮かべるものは何でしょう?

みなさんの中にはチューリップと答える人も多いでしょう。そう、オランダといえばチューリップで有名な国ですよね。

16世紀にトルコからチューリップの花が伝わってきてから、国内で爆発的な人気となり、すっかり現代でもオランダではお馴染みの花になりました。

オランダ国内のチューリップで埋め尽くされた畑は圧巻。

その昔、オランダではあまりにチューリップが人気となったため、お金のかわりにチューリップの球根が使われたという逸話もあるんだとか…!

すごいですね~、オランダ人のチューリップ好きにはびっくり。

今では「オランダといえばチューリップ!」と世界中に印象づけていますよね。

水車が見えるチューリップ畑はまさにオランダのランドマークと言えるでしょう。

 

シンゲルの花市へ

アムステルダムの街でひときわ美しい市場があります。

それがシンゲルの花市。約140年前から続く伝統的なシンゲルの花市は、アムステルダムの中心部に位置しています。

中央駅から出ている路面電車に乗って行くことができますが、せっかくなのでオランダ名物の自転車に乗って向かうのもいいですね。

徒歩でも十分可能な距離。私は少し道に迷いながらも歩いて向かいました(笑)

教会や古い街並みを見ながらゆっくり向かうのがおすすめ。

アムステルダムの街中には、いくつも水路が通っており、そこに掛かる橋からみた眺めは、「ああ、外国に来たなあ」と思わず口にしてしまうほどの美しさ。

アムステルダムの市街地内は観光客にも回りやすく、インフォメーションも充実しています。

アムステルダム中央駅に着いたら、まず観光案内に行きましょう。シンゲルの花市場までの道案内もしてくれますよ。

かわいいつぼみのブーケたち

花市とだけあって、様々な花が売られているのですが、ここでもやっぱりチューリップは欠かせません!

軒を連ねるお花屋さんの店先にはつぼみが見事にそろった美しいチューリップブーケが並べられ、道行く人を楽しませています。

実はこのシンゲルの花市場を訪れるまで、ぎっしりとつぼみがつまったチューリップのブーケを見たことが無かった私。とっても美しいなあと感動しました。

もちろんチューリップの花束だけではなくいろいろな花束のブーケがあり、見ているだけでとっても楽しいです。

さらには盆栽キットや日本風のガーデニンググッズなども!

こんなところで日本の盆栽を目にするとは…とびっくりしながらいろいろ眺めて散策しました(笑)

シンゲルの花市場は、季節に合わせたお花を並べているので、一年中楽しむことができますよ。

お花をデザインしたお土産が充実

このシンゲルの花市場には、オランダの伝統的な刺繍や陶器の置物などをはじめ、オランダの美しい風景のポストカードや、花に関するグッズなど様々なものも売られています。

見ているだけでもとっても楽しい!ついついいろいろな物を買ってしまいたくなります。

お花のデザインのテーブルクロスに、ペーパーナプキン、食器まで。綺麗な色にデザインされたグッズは観光客に心をくすぐります。

私はとってもオランダっぽいチューリップと自転車がデザインされたエコバッグを購入。

ポストカードやチューリップをモチーフにした小物もいくつか手に入れました。どれもみんな素敵!

みなさんも自分にあったお土産をさがしてみてくださいね。

注意しなければいけないこと!

ブーケやガーデニング用品、花の苗、種、球根などもところ狭しと並んでいる花市場。

日本からの旅行者の私たちは、苗や球根などは検疫を通っていない植物に関しては買うことができても持ち帰ることはできないと考えておきましょう。

お店の人は詳しいので、観光客向けに検疫に通っているものを紹介してくれます♪

そして注意しないといけないこと。それは、オランダでは大麻が合法化されているということです。

そのため、シンゲルの花市でもちょっと怪しいパッケージデザインの商品もちらほら見掛けます。

ジョークグッズがほとんどのようですが、葉っぱの絵が描かれたキャンディには要注意!

いくらオランダの観光地で売っていた物だから…といっても、日本で大麻やそれに関するものなど、危険なものは許されません。

楽しい旅行が台無しにならないよう、少しでも怪しいなと思ったものは手に取らないようにしたいですね。

 

いかがでしたか?

みなさんもオランダに訪れた際は、美しい街並みを眺めて散歩を楽しみながらシンゲルの花市場にぜひ足を運んでみてくださいね。

そしてオランダの美しい花文化を体験してみましょう!

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

miyuki

よく行く旅先はヨーロッパやアジア諸国。彼氏はロシア人。外国の観光スポットや文化などを中心に書いています。

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?