『SEX AND THE CITY』から国際恋愛や国際結婚を考えてみたpart② | FRON [フロン]

お詫び(イベント告知の誤表記)

『SEX AND THE CITY』から国際恋愛や国際結婚を考えてみたpart②

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.D(ブログはこちら)です!

『SEX AND THE CITY』通称SATCから国際恋愛・国際結婚について考えてみた!の続きpart②です。人気が高いSATCの恋愛事情や仕事、友達関係について、いろいろ考えてみたいと思います!

 

1. ワックス事情

SATCの多くの場面で、毛の処理について出てきます。海外では男女問わず下の毛のお手入れするのはエチケットのひとつと考えていることが多く、今はその影響もあって日本でもお手入れしている人が増えています。日本人男性も、最近は脱毛に通う方が増えているので、そういうお手入れをする男性も実は多いのかもしれません。

ですが、必ずしもお手入れをしなければいけないとも限らないです。外国人によっては、お手入れしていないなんて不潔!と思う方もいますし、全然気にしないという方も。SATCの中では、サマンサ・ジョーンズの恋人だったスミス・ジェロッドはお手入れしていない自然のままの方が好きとドラマの中で話していました。そのあたりは、それぞれ人の好みということですね(笑)

 

2. 恋人との距離

人は誰しも恋をすると相手に夢中になって、四六時中相手のことばかり考えてしまって、どんな会話にも相手のことを話したくなってしまう病にかかることがあります。恋人とべったり過ごすことが楽しくて仕方がないというときもあります。

キャリー・ブラッドショーは恋愛至上主義です。どんな場合でも、自分は常に恋愛至上主義であるということですが、それでも3人の親友のことはいつも大切に思っています。恋人やパートナーか友達かを選ぶことはできません。何事にもバランスが大事だと思います。恋に夢中になって、友達を疎かにしてしまいがちですが、それでも本当の友達ならわかってくれるもの。逆に、友達がそういう恋の病に陥ったときも同じです。

私はこれまで日本人の方とばかり恋愛をしてきましたが、日本人は距離感に結構敏感かもしれません。恋人ともある程度距離感を大切にしていますし、夫婦になっても同じことです。でも、ハンガリー人夫の場合は個人の性格もあると思いますが、常に一緒に行動したがります。どこへ行くにも何をするにも一緒にいたいというのは、付き合いたての頃ならまだしも結婚してもうそろそろ4年になると言うのに、変わりそうもないです(笑) SATCの映画2作目では、ビッグとキャリーはふたりでルールを作るとして、週2日お互い別々に好きなことをするという話が出ていました。キャリーはビッグなしでしたいことなんてないと言っていたわけですが、それは相手と距離を取りたいからというわけではなく、お互いがいい関係であるためのひとつの手段なんだと思います。

私は、ひとりの時間が大好きです。もちろん夫といる時間も大好きですが、ひとりで黙々と作業したいこともあるわけです。国際恋愛において、多くのカップルが遠距離をしていることがあります。日頃寂しい思いをしながら、次に会える日を楽しみにしながら毎日お互いの国で生活をしている状態は、苦しいようで実は私にとっては充実した期間でした。普段は自分の時間を使えて、会ったときは思う存分ベッタリしていてもいいっていうのがちょうどいい感じがしました。もちろん、そう思えるようになるまでには、時間がかかりましたよ。最初はやっぱり、会えないもどかしさの方が強くて、寂しいです。中には、遠距離のときはうまくいっていたのに、実際にふたりで暮らし始めてみたらなんだか合わないと思うこともあるようです。国際恋愛だけに限らず、どんな恋愛にもお互いの距離感が大切ってことだと思います。

 

3. 自分が妥協できないことには素直

お互い全く意見が同じということは、絶対にありません。どんなにピッタリでも、全て同じとはいきません。でも、どうしてもこれだけは譲れないものって誰にでもありますよね。SATCでは、いろんなところでいろんな登場人物たちがそういう場面で別れを切り出しています。

人によっては、我慢すればいいのではと思うことがあるかもしれません。でも、自分の中の選択肢にないことを相手から求められた場合、それを選択することで喜びを感じたり自分の中の知識が増えたりするならいいですが、そうでなくただ我慢しなければならないとなったら、どうでしょうか。私なら、耐えられるか耐えられないかではなく、自分自身の何かを失うような感覚に陥ります。

自分にとって譲れないものはそれぞれ違ってくるので、相手にとっては普通のことでも自分にとってはそんなこと絶対に譲れない!と怒りたくなることだってあるわけです。もし自分が相手に言われた通りの選択をしなかった場合、それでも相手は自分のそばにいてくれる人なのか、それは大切なことだと思います。国際恋愛では、多くのカップルがそういう違いに直面します。なぜなら、普通の同じ国同士のカップル以上に文化の違いや育って来た国の違いがあるからです。そんなときに、思い切って相手に伝えられる強さが必要かもしれません。

あとがき

SATCから見る国際恋愛・国際結婚についていろいろ書いてきましたが、いかがだったでしょうか。SATCの登場人物たちは、いくつになっても恋愛で同じことを繰り返しているようにも思いますが、恋愛って案外そういうものなのかもと思うばかりです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?