知らなかった!ハンガリーの冬のイベント | FRON [フロン]

知らなかった!ハンガリーの冬のイベント

こんにちは!ハンガリー人と国際結婚したライターのHoney.Dブログはこちらです!

ついに平成も終わってしまいますね。今年もインフルエンザが流行っているようですが、2019年の始まり、皆様はお元気にお過ごしでしょうか? 私は新年早々インフルエンザになり、寝正月となりました笑

今年は亥年ですね! ハンガリーでは国宝となるマンガリッツァ豚や、年末年始は幸運を運ぶとされる豚料理を食べるわけですが、私のイメージでは今年はハンガリーのイメージが強いです。

さて、そんなハンガリーのクリスマスも終わり、お正月も終わってしまったわけですが、ハンガリーの冬のイベントと言えばどんなものがあるのでしょうか。定番のものから、田舎の方に伝わる伝統的なイベントまで、いろいろとご紹介したいと思います! また、国際結婚してわかった冬だからこそのお話もしたいと思います。

 

1. クリスマスマーケット

クリスマスマーケットで有名なところといえば、ドイツです。観覧車や木馬などがあり、まるで遊園地のようなテーマパークにも見えるクリスマスマーケットは、ヨーロッパならではの冬におすすめの観光スポットです。ハンガリーのクリスマスマーケットも、イルミネーションやクリスマスマーケットだからこそ味わえる食べ物やかわいい雑貨などがたくさんあります。クリスマスシーズンに旅行へ行ける方は、ぜひともクリスマスマーケットへ足を運んでみてください。日本のクリスマスとはまた違って、楽しめると思います。

クリスマスと言えば、家族との日と考えるハンガリー人が多いですが、イースターと同じくらいクリスチャンにとっては大切な日です。クリスマスとイースターは、やっぱり本場で体験してみるといろんな文化が見えてきて面白いかもしれません。

 

2. アドベントカレンダー&リース

最近は日本でもよく販売されているのが、アドベントカレンダーです。クリスマスまでのカウントダウンとして、毎日ひとつずつ開けていくと中には小さなチョコレートなどのお菓子が入っています。特に、子どもたちには欠かせないクリスマスの行事のひとつですね。我が家にも、毎年クリスマスシーズンになるとハンガリー人夫の両親からアドベントカレンダーが送られてきます。毎日ひとつひとつ開けると、中には小さなかわいらしいチョコレートが入っています。日本人の私にとって、クリスマスイブやクリスマス当日にしかお祝いをしたことがなかったので、アドベントカレンダーをひとつずつ開けながらクリスマスまでのカウントダウンをしてみると子どもたちの気持ちがちょっとわかったような気がしました(笑)

ハンガリーのクリスマスでもうひとつ欠かせないものはクリスマスリースです。ハンガリーのクリスマスリースはリースの上に4本のろうそくが乗っており、クリスマスの4週間前の日曜から一本ずつ、毎週日曜に灯していきます。その際はお祈りと同じで、ハンガリー人夫は静かに何かを祈っている様子でした。さすがに4年目の行事となるともう慣れてきました(笑)

 

3. クリスマスツリーとお正月

みなさんは、子どもの頃にクリスマスツリーを飾っていましたか? いつ頃飾り初めて、片付けていたか覚えていますか?

日本は四季折々のイベント行事に敏感です。今は海外のイベントも積極的に取り入れているため、ショッピングモール内もその季節に合わせた飾り付けが目立ちます。でも、客側の私がいつも思うのは、ちょっと早すぎる(笑)ということです。例えば、夏が終わった瞬間にハロウィンの飾りが登場し、ハロウィンが終わったらあっという間にクリスマスの飾りが登場します。店員さんたちの対応の速さには驚きです(笑)

ハンガリーでは11月の終わりごろにならないとなかなかクリスマスの雰囲気は出てきません。クリスマスツリーも24日に出して飾るのが一般的です。私が子どもの頃は、12月頭にはツリーを出し、26日くらいに片付けるというのが定番でした。しかし、ハンガリー人夫と結婚してみてわかったことは、24日にクリスマスツリーを出して飾り、年が明けた1月6日まではもらったプレゼントもツリーの下に飾ったまま片付けないのが定番なのです。毎年、おせちやお雑煮を食べながらクリスマスツリーを眺めるのですが、これにはまだちょっと馴染めないです(笑)

 

4. 田舎の伝統

ハンガリーには、冬のイベントはたくさんあります。特に、冬はクリスマス、春はイースターと大切なイベントが続くこともあり、冬から春は特に盛り上がる季節です。クリスマスはもちろん、今やイースターも日本では知られたイベントになりつつあります。

でも、ハンガリーの田舎ではまた違った伝統があります。冬になると豚を1頭解体して、みんなで料理して食べるという風習があります。今ではそういう伝統行事を行う人も減ってきたそうですが、夫の兄の奥さんが田舎の方の出身で、この冬に豚を1頭丸まる調理したそうです。写真も見せてもらいましたが、ずいぶん大きな豚でいろんな処理に時間がかかり、調理にも時間がかかるため近所の人たちが集まってきて大勢で協力して行っていました。姪っ子はまだ3歳で幼いですが、命をいただくということの大切さを勉強できたと思います。私も親戚に農家をやっている人がいて、実際に飼育していた烏骨鶏(うこっけい)を食べたことがありました。伝統として行われてきたことには、普段の生活の大切さに気づくための大切なメッセージが込められているのかもしれませんね。

あとがき

冬のイベントと言えばやはりクリスマスが定番ですが、それ以外にもハンガリーにはいろんなイベントがあります。国際恋愛や国際結婚することで、今まで体験したことのないイベントに遭遇することがあるかもしれませんが、それもひとつの楽しさかもしれません。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Honey.D

ハンガリー人とペンフレンドから国際遠距離恋愛を経て、結婚しましたHoney.Dです。結婚4年目、日本在住。趣味は読書/小説執筆/音楽/映画鑑賞

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?