地図で読み解くフランスの歴史⑮中世ヨーロッパと黒人奴隷貿易 | FRON [フロン]

地図で読み解くフランスの歴史⑮中世ヨーロッパと黒人奴隷貿易

こんにちは!フランス長期留学経験者、現在ハンガリー在住ライターのPapico(ブログはこちら)です。

地図で読み解くフランスの歴史の今回は15回目です。

前回はスペイン継承戦争について話しました。

フランスの領土拡大をもくろむルイ14世は後継ぎ問題が発生したスペイン帝国の王位継承権を主張して孫のフィリップをフランス王国の王位継承権を放棄するという条件でスペイン王に即位させました。

しかしながら、フィリップはフランス王位継承権を放棄していなかったため、フランスとスペインが合わさり、1つの巨大な帝国が誕生することを恐れたイングランドや神聖ローマがフランスに宣戦布告し、スペイン継承戦争が始まりました。

結果的に、フィリップのスペイン王への即位は認められたものの、フランスとスペインの合同は禁止され、またフランスは多くの領土を失いました。

アン女王戦争の勃発

スペイン継承戦争が勃発した翌年の1702年、アメリカ大陸ではフランスとイングランドの間でアン女王戦争が起こりました。

この戦争が起こった原因はスペイン継承戦争の勃発でした。スペイン継承戦争でのフランスとイングランドの争いがアメリカ大陸にも飛び火したということです。

戦況は緒戦からイングランド王国の優勢で進み、スペイン継承戦争の終戦と同時期の1713年にグレートブリテン王国(1707年、イングランド王国はスコットランド王国が合同し、グリートブリテン王国が成立しました)の勝利で終わりました。

ユトレヒト条約でグレートブリテン王国は北アメリカ大陸にフランスが持っていた複数の領土と黒人奴隷の供給ができる契約のアシエント(スペイン国王がフランスに与えた権利で、これによりアフリカ大陸から黒人を奴隷としてアメリカ大陸に送ることができます)をフランスから得ました。

ミニ講義 「アシエント」

スペイン帝国が戦費を調達するために、商人たちから資金を提供してもらう代わりに見返りとして商人たちはアフリカ大陸の黒人たちを奴隷として販売できる独占的な権利。

他国に先駆けて一足速く海に駆りたったスペインとポルトガルがアフリカにおける黒人奴隷貿易の権利を独占していました。その後、ポルトガルが衰退したこともあり、黒人奴隷貿易はスペインが独占することになります。

フランス王家出身スペイン王となったフェリペ5世はフランスにこの権利を与えるとイングランド王国や神聖ローマ帝国は反発しました。この反発はスペイン継承戦争の1つの原因となりました。

ユトレヒト条約でその権利がグレートブリテン王国に渡ったことで黒人奴隷貿易はグレートブリテン王国が独占することになりました。

ヴェルサイユ宮殿の誕生

ルイ14世の統治下であの有名なヴェルサイユ宮殿が誕生しました。ヴェルサイユ宮殿のもとはルイ13世が狩りのときの宿泊用に建てた小さな小屋でした。

ルイ14世はこの小さな小屋を1661年から65年の間に改築また増築しました。

財の限りを尽くした宮殿は荘厳で美しいものでした。(しかしながら、このときに現在のヴェルサイユ宮殿が誕生したわけでなく、庭園や鏡の間は後に造られました)

ヴェルサイユ宮殿の荘厳さと豪華さはルイ14世による絶対王政、中央集権化の象徴として国民にはとらえられました。

また、1666年には王立科学アカデミーという学術団体を設立し、フランスの科学研究を推進し、保護しました。

1685年にはカルヴァン派の信仰の自由を認めたナントの勅令を廃止しました。背景には、フランスを多宗教国家ではなく、一宗教国家にして国民を統一したいというルイ14世の思惑がありました。

しかしながら、信仰の自由を奪われた数十万のユグノーたちはフランスから亡命し、その結果フランス産業に大きな損害を与えました。

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
FRON [フロン]の最新情報をお届けします
オススメの記事

この記事のライター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

Papico

ブダペストに住む24歳/フランス長期留学経験者/語学/サッカー/読書 ブログやってます: http://japangary.hatenablog.com/

イベント予約

気になるイベントを簡単予約♪ ※English Page

予約するイベント

お名前(フルネーム)

メールアドレス

予約人数

英語は流暢に話せますか?
はいいいえ
※できなくても全く問題ありません。

メルマガ受信設定

※予約完了メールが届かない場合はLINEにてご予約下さい。

 

イベントカテゴリー

気になるキーワードをクリック♪

 

FRON [フロン] | 英会話や外国語を話すならFRON!東京で外国人と国際交流しませんか?